症例ブログ|曙橋で歯科・歯医者をお探しの方は【デンタルオフィス新宿】まで



MAIL:kmtcq139@ybb.ne.jp

海外の方もお気軽にお越しください
〒162-0065
新宿区住吉町5-1 吉村ビル1階
  • 曙橋・デンタルオフィス新宿・電話
  • 曙橋・デンタルオフィス新宿・メニュー
  • アーカイブ

  • カテゴリー

2021年4月13日

今日は前歯にセラミックス製の白い詰め物の治療を行いました。

 

患者さんは前歯の詰め物の色が変色しているので治療したい との事でご来院されました。

 

レントゲンをお撮りしお口の中を診ると 古いプラスチックが詰まっておりレントゲンでも中が黒く虫歯になっていました。

 

前歯の治療を行う際にはまずホワイトニングをやられる事をお勧めします。

ホワイトニングを行うと余計な汚れが取れて 歯の色も白くなるので セラミックスの色も合いやすくなります。

 

患者さんに虫歯の状態と治療方法をご説明し同意を得て治療を開始していきます。

 

まずクリニック内で行うオフィスホワイトニングを2回ほど行い歯を漂白します。

その後 慎重に古いプラスチックと虫歯を拡大鏡を使用しながら取り除き はみ出しの無いように精密にセラミックスを詰めていきます。

今回使用しているセラミックスはハイブリッドセラミックスと言って セラミックスとプラスチックを混ぜた材料になります。

通常のプラスチックの詰め物だと 水分を含むので すぐ色が黄色く変色してきたり 硬さが弱いので削れてきたりします。

その点セラミックス製の材料は 水分を含まないので色は変色せず 硬さも強いので削れる心配もありません。

何より1回の処置で治療が終わるのが良いです。

 

こういう細かい作業をする場合は拡大鏡は必須になります。

 

それでは症例です。

詰め物が黄色い、白い詰め物、ホワイトニング、歯の変色 などのご相談なら

新宿区曙橋の歯医者さんデンタルオフィスまで

 

診療時間は

月曜から土曜まで 10時から19時まで

祝日は 10時から17時まで

木曜、日曜は休診となります。

 

お電話でのお問い合わせは0333414621

mailでのお問い合わせはkmtcq139@ybb.ne.jp

となります。

2021年4月12日

今日は根の再治療が終了した左上の奥歯に立てる予定の セラミックス製の土台のチェックを行いました。

当院ではセラミックス専門の技工所にお出しするので製作の経過も細かくチェックします。

 

患者さんは奥歯の被せ物が外れた との事でご来院されました。

 

レントゲンをお撮りしお口の中を診ると 左上の被せ物が外れて中が黒く虫歯になっていました。

 

残りの歯の部分が少ない場合 昔から使われている金属製の土台だと 噛む力で歯の方が割れれてしまったり

使用するセメントが劣化しやすいので どうしてもポロっと取れやすいです。

 

あと 今回のように歯の根っこ部分しかない場合は まずしっかりした土台を立てた後に歯肉を下げて歯を表に出すような手術が適応になります。

被せ物は土台のみでは取れやすいという世界的なデーターがあり それに対する処置として歯周外科手術というものが存在します。

 

しっかりした土台は今のところセラミックス製の土台が一番良いとされています。

セラミックス製の土台は歯と同じようにしなる性質を持つので噛む衝撃が加わっても折れにくくなります。

またセラミックス専用のセメントは 歯の細胞と細胞の隙間に入り込んでくっくつので通常のセメントより強固に接着します。

 

歯も何回もやり直しを行うと段々と削られて最後には抜歯になってしまうので なるべくやり直しの無い材料と治療方法を選んだ方が良いと思います。

 

それでは症例です。

被せ物が取れた、うまく噛めない、虫歯を治したい などのご相談なら

新宿区曙橋の歯医者さんデンタルオフィスまで

 

診療時間は

月曜から土曜まで 10時から19時まで

祝日は 10時から17時まで

木曜、日曜は休診となります。

 

お電話でのお問い合わせは0333414621

mailでのお問い合わせはkmtcq139@ybb.ne.jp

となります。

 

2021年4月10日

今日は歯周病で歯並びが乱れてしまった方に矯正治療を行いました。

 

患者さんは歯が折れた との事でご来院されました。

 

レントゲンをお撮りしお口の中を診ると 被せ物が根元から折れて中が虫歯になっていました。

他の歯もところどころ虫歯の箇所があり 歯が噛み合う本数が減り 神経を取られている歯は脆いので歯が折れてしまったと思われます。

 

患者さんに虫歯の状態と治療内容をご説明し同意を得て治療を開始していきます。

 

虫歯が大きい部分の処置がある程度済ませます。

 

合わせてクリーニングなどの歯周病治療もある程度終わり再評価を行います。

 

上の前歯が歯周病により 歯並びが乱れており噛み合う力が均等に当たらないので矯正治療で歯並びを治すことにしました。

 

歯周病は歯を支える骨を溶かし 歯並びをどんどん悪くしていきます。

 

一度乱れた歯並びは 歯周病治療だけでは元には戻らないので矯正治療が必要になります。

 

当院では歯周病治療と矯正治療を専門に行っていますので乱れた歯並びを治す事も可能です。

 

それでは症例です。

 

歯並びが悪い、歯が重なっている などのご相談なら

新宿区曙橋の歯医者さんデンタルオフィスまで

 

診療時間は

月曜から土曜まで 10時から19時まで

祝日は 10時から17時まで

木曜、日曜 休診となります。

 

お電話でのお問い合わせは0333414621

mailでのお問い合わせはkmtcq139@ybb.ne.jp

となります。

 

2021年4月9日

今日は左下奥歯が歯周病にかかられている方に対して骨を作る手術と歯肉を移植する手術を同時に行うというとても難易度の高い手術を行いました。

 

患者さんは左下奥歯の歯肉の腫れを訴えご来院されました。

レントゲンをお撮りしお口の中を診ると 奥歯を支えている骨が溶けてしまい歯の周りに歯石が付いているのが確認されました。

 

歯周病の細菌は元々お口の中にいる細菌で その最近の量はひとにより多かったり少なかったりします。

普段は歯周ポケットの中に生息していますが 歯の周りに歯石についてくると 歯石は最最近にとって栄養源なので どんどん細菌が増えていきます。

そして細菌から骨を溶かす毒素を出して 歯の周りの骨が溶かされていくのが歯周病です。

重度になると今回のように骨を作る手術などが必要になります。

厄介なことに 歯周病により骨が溶ける際には 痛みが無いのです。

なので患者さんは 気付かずに 普通に生活してしまいます。

お口の中がネバネバする、口臭がする、歯茎から血が出る、歯が揺れる などの症状が出始めると歯医者さんにいきますが その時点では重度になっていることが多いです。

 

患者さんに歯周病の状態と治療方法をご説明し同意を得て治療を開始していきます。

 

今回は骨を再生させる手術を行いました。

骨の再生手術は 手術の中でも一番難しく術前に骨を再生させる手術の適応かどうかを確認することも大事です。

歯周ポケットが5mm以上と深い部分は 通常の歯石取りでは取ることが出来ず 歯周病の外科手術により取ることが世界的に定められています。

もし 5mm以上の深い歯周ポケットをそのままにしておくと 骨が溶かされていき しまいには歯がグラグラしてきて痛みや腫れ 最後には抜けてしまう場合もあります。

 

深い歯周ポケットがある場合はなるべく早めに手術を受けられることをお勧めします。

 

今回は骨を再生させる手術と同時に歯肉の量が少なくなっていたので 歯肉を増やす手術も同時に行っています。

かなり難易度が高い手術になりますが 当院では拡大鏡をしようしいるので こういう手術も可能です。

 

それでは症例です。

歯茎から血が出る、歯がグラグラする、口臭がする、お口の中がネバネバする などのご相談なら

新宿区曙橋の歯医者さんデンタルオフィスまで

 

診療時間は

月曜から土曜まで 10時から19時まで

祝日は 10時から17時まで

木曜、日曜 休診となります。

 

お電話でのお問い合わせは0333414621

mailでのお問い合わせはkmtcq139@ybb.ne.jp

となります。

2021年4月7日

今日は右上奥歯にセラミックスの詰め物をセットしました。

 

患者さんは右上奥歯が噛むと痛い との事でご来院されました。

 

レントゲンをお撮りし お口の中を診ると金属の詰め物の下が虫歯になっていました。

 

金属の詰め物は精度が悪いのでどうしても歯と金属の間に隙間が出来ます。

歯に詰め物を付ける際にセメントを使用するので その隙間はセメントが埋めてくれますが 年数が経つとセメントが溶けてしまい隙間が空きます。

そうして出来た隙間から食べ物が入り中で虫歯を作ります。

 

患者さんに虫歯の状態と治療方法をご説明し同意を得て治療を開始していきます。

 

まず金属の詰め物と虫歯を綺麗に取り除き殺菌作用のあるセメントを詰めて様子をみます。

 

次回ご来院された際 もし痛みがあれば神経を取る処置になりますが 今回は無事に問題ありませんでしたので詰め物の型取りをしていきます。

 

詰め物はオールセラミックスと呼ばれる ガラスの材料のみで出来ている詰め物で治療していきます。

オールセラミックスの良さはガラスの材料のみで出来ているので お口の中に入れておいても水分を含むことが無いので劣化しません。

また凄く硬い材料なので割れる心配もありません。

 

これをセラミックス専用のセメントを使用して歯に付けると セメントが歯の細胞と細胞の隙間に入り込むので外れる心配もありません。

どうしても金属の詰め物や被せ物を付ける際のセメントだと歯の上にセメントを置いているイメージなので詰め物や被せ物が取れやすいのです。

 

当院では拡大鏡を使用して虫歯の処置やクリーニングを行うので精度の高い治療が可能です。

詰め物や被せ物も隙間なくピタッとはまるので歯も長持ちします。

 

それでは症例です。

 

噛むと痛い、食事の際に物が詰まる などのご相談なら

新宿区曙橋の歯医者さんデンタルオフィスまで

診療時間は

月曜から土曜まで 10時から19時まで

祝日は 10時から17時まで

木曜、日曜 休診となります。

 

お電話でのお問い合わせは0333414621

mailでのお問い合わせはkmtcq139@ybb.ne.jp

となります。

 

2021年4月5日

今日はグラスファイバー製の土台と仮歯の製作の確認をしました。

 

患者さんは左上が痛い との事でご来院されました。

 

レントゲンをお撮りしお口の中を診ると金属の詰め物の下が虫歯になり 歯の神経まで到達している状態でした。

 

レントゲン上から神経を取る治療が必要と診断し 患者さんにご説明し同意を得て治療を開始していきます。

 

まず根の治療(神経を取る治療)を行い神経管の中の汚れを消毒し 綺麗にしていきます。

根の治療の最後には神経管の中にゴムの詰め物を詰めていきます。

神経管の中に最後 ゴムの詰め物を詰めるのは世界でも一般的で 材料が長持ちするのと もし根の先端に膿がまた再発してもゴムだと再治療しやすいのです。

 

根の治療を終了したら 次に虫歯で失ってしまった部分に補充材 土台と呼ばれる部分を作ります。

土台は金属、プラスチック、グラスファイバー製の3種類の土台があります。

金属やプラスチックだと歯と硬さが違うので 歯が折れてしまいます。

 

グラスファイバーだと歯と同じ硬さで歯と同じようにしなる性質もあります。

グラスファイバー製だと歯が折れる心配はありません。

 

グラスファイバー製の土台は作るのが凄く難しいのでセラミックス製作専門の技工所で作成していただきます。

これがセラミックス製の土台と 土台の上に付ける仮歯になります。

 

こうしてピタッと隙間なく精度の高い詰め物を付けると虫歯の再発が防げます。

 

それでは症例です。

 

歯が痛い、穴が開いた、詰め物が取れた などのご相談なら

新宿区曙橋の歯医者さんデンタルオフィスまで

診療時間は

月曜から土曜まで 10時から19時まで

祝日は 10時から17時まで

木曜、日曜 休診となります。

 

電話でのお問い合わせは0333414621

mailでのお問い合わせはkmtcq139@ybb.ne.jp

になります。

2021年4月2日

今日は左上奥歯に半被せ物をセットしました。

 

患者さんは左上奥歯に物が詰まる との事でご来院されました。

 

レントゲンをお撮りし口の中を診ると 左上の歯と歯の間に虫歯が出来ていました。

 

患者さんに虫歯の状態と治療方法についてご説明し同意を得て治療を開始していきます。

 

まず一番奥歯の歯の横の部分に出来た虫歯は大きさが小さいので ハイブリッドセラミックスと言う プラスチックとセラミックス(陶材)の混合物を詰める事にしました。

ハイブリッドセラミックスは技工士さんに作製してもらうタイプと直接歯科医師が詰めるタイプの2種類あります。

直接詰めるタイプは 虫歯の取り残しが無いように と ハイブリッドセラミックスが隙間なく詰まっているか 確認しながら行います。

お口の中は暗いのでこの確認作業は凄く難しいのですが 当院では拡大鏡を使用して治療していますので正確に手早く治療可能です。

 

また噛み合う部分は硬さが強いセラミックス材料が適しています。

今回はオールセラミックスと呼ばれるガラスの材料のみで作られているセラミックスを使用しました。

オールセラミックスの良さは 水分を含まないので材料が劣化することはありません。

また色の種類が豊富で綺麗な詰め物が出来ます。

 

歯も何回も治療を繰り返すと抜歯になってしまうのでなるべくやり直しの無い材料を選択しましょう。

 

それでは症例です。

 

歯と歯の間に物が詰まる、噛むと痛いなどのご相談なら

新宿区曙橋の歯医者さんデンタルオフィスまで

 

診療時間は

月曜から土曜まで 10時から19時まで

祝日は 10時から17時まで

木曜、日曜休診となります。

 

電話番号は0333414621

mailでのお問い合わせはkmtcq139@ybb.ne.jp

となります。

 

2021年3月31日

今日はセラミックス治療予定の患者さんに対して歯を白くする治療 ホワイトニングを行いました。

 

患者さんは金属の詰め物が外れて 中が虫歯になっている とのことでご来院されました。

 

レントゲンをお撮りしお口の中を診ると 金属が外れた歯の中が虫歯になっていました。

 

また所々変色を起こしているプラスチックと金属の詰め物の境目から虫歯になっており全体の治療を必要しました。

 

患者さんに虫歯の状態と治療方法についてご説明し同意を得て治療を開始していきます。

 

虫歯の箇所は応急処置を行い セラミックス治療希望ということもあり まずはホワイトニングで歯を白くしていきます。

 

今回使用しているホワイトニング方法はオフィスホワイトニング と言ってクリニック内で行うホワイトニングです。

神経が生きている歯のホワイトニングは6回まで連続で行うことが出来ます。

オフィスホワイトニングは1回だけだと色の後戻りが起きやすいので 最低2回は連続して行った方が良いでしょう。

 

オフィスホワイトニングは約40分程度の施術時間が必要です。

事前にオフィスホワイトニング希望と受付にお伝え下さい。

 

それでは症例です。

歯を白くしたい、ホワイトニング、歯の漂白 などのご相談なら

新宿区曙橋の歯医者さんデンタルオフィスまで

 

診療時間は

月曜から土曜まで 10時から19時まで

祝日は 10時から17時まで

木曜、日曜休診となります。

 

電話番号は0333414621

mailでのお問い合わせはkmtcq139@ybb.ne.jp

になります。

 

2021年3月30日

今日はセラミックス治療予定の患者さんにホワイトニング(歯を白く漂白する治療)を行いました。

 

患者さんは前歯の被せ物のやり替えをご希望されてご来院されました。

 

レントゲンをお撮りしお口の中を診ると前歯に被せ物が入っており隣の歯にも古いプラスチックが詰まっていました。

 

前歯の治療を行う場合はまずホワイトニングを行い歯の汚れを取り色を白くした方が詰め物や被せ物が合いやすくなります。

 

治療の手順と方法を患者さんにご説明し同意を得て治療を開始していきます。

 

今回行うホワイトニングはオフィスホワイトニングと言ってクリニック内で行う歯の漂白方法になります。

オフィスホワイトニングはお口のクリーニングをした後で歯の表面にホワイトニング剤を塗り特殊な光を当てて歯を白く漂白していきます。

 

1回の処置で約40分程度かかるのでご希望の方は事前に受付でお申し付け下さい。

 

それでは症例です。

歯の色が気になる、歯の漂白、歯を白くしたい などのご相談なら

新宿区曙橋の歯医者さんデンタルオフィスまで

 

診療時間は

月曜から土曜まで 10時から19時まで

祝日は 10時から17時まで

木曜、日曜は休診となります。

 

電話番号は0333414621

mailでのお問い合わせはkmtcq139@ybb.ne.jp

になります。

2021年3月29日

今日は左下奥歯にセラミックスの詰め物をセットしました。

 

患者さんは左下の金属が外れた との事でご来院されました。

 

レントゲンをお撮りしお口の中を診ると 金属が外れた歯が虫歯になってました。

金属の耐用年数は3年くらいと言われています。

金属は精度が悪いのでどうしても歯と詰め物の間に隙間が出来ます。

最初はその隙間はセメントで埋めてくれますが セメントは段々と溶けて無くなってしまうのです。

そして金属が外れてしまうのです。

 

患者さんに虫歯の状態と治療方法をご説明し同意を得て治療を開始していきます。

 

セラミックスは2種類あり ハイブリッドセラミックスとオールセラミックスがあります。

 

ハイブリッドセラミックスはセラミックス(ガラスの粒子)とプラスチックを混ぜ合わせた混合物で耐用年数が8年くらいと言われています。

オールセラミックスはセラミックス(ガラスの粒子)のみで作られており耐用年数が半永久的となります。

ガラスの粒子のみで作られている為 お口の中に入れていても水分を含む性質がありません。

また硬さが凄く硬いので割れる心配もありません。

 

デメリットとしては歯の削りや型取り、作製を非常に精度良くしないと詰め物が歯にはまりません。

陶器のお皿を枠組みの中にピタッと隙間なくはめるイメージなので非常に難しいのです。

当院では拡大鏡を使用して削りや型取りと詰め物のセットを行うので高い精度の詰め物が出来ます。

また作る方もセラミックス専門の技工所に作っていただいてるので非常に綺麗に出来ます。

 

それでは症例です。

 

詰め物が外れた、虫歯のご相談なら

新宿区曙橋の歯医者さんデンタルオフィスまで

 

診療時間は

月曜から土曜まで 10時から19時まで

祝日は 10時から17時まで

木曜、日曜 休診となります。

 

電話番号は0333414621

mailでのお問い合わせはkmtcq139@ybb.ne.jp

となります。

 

1 2 3 4 5 6 7 60