症例ブログ|曙橋で歯科・歯医者をお探しの方は【デンタルオフィス新宿】まで



MAIL:kmtcq139@ybb.ne.jp

海外の方もお気軽にお越しください
〒162-0065
新宿区住吉町5-1 吉村ビル1階
  • 曙橋・デンタルオフィス新宿・電話
  • 曙橋・デンタルオフィス新宿・メニュー
  • アーカイブ

  • カテゴリー

2021年2月1日

今日は右上親知らずの抜歯と歯槽提温存術 という難易度の高い抜歯を行いました。

 

この親知らずは噛み合う右下の親知らずが既に抜歯されており 右上の親知らずが下に下がってきている状態でした。

 

人間は綺麗な歯並びから 歯の位置がずれたりしてしまうと 虫歯や歯周病になったりと何かしらのトラブルが生じます。

歯並びが乱れると 歯ブラシがうまく当てられず 食事の際に物が詰まりやすくなったりするようになるからです。

なので 歯並びが乱れるている方は早めに矯正治療などをして綺麗な歯並びにした方が お口の状態も健康になります。

 

今回は右上の歯肉が腫れて痛みがある というのでご来院されました。

 

お口の中を診ると 右上の親知らずと手前の歯の間に虫歯が出来ており 歯石も溜まり歯周病になっていました。

まず腫れと痛みを治める為に簡単なクリーニングと 抗生剤と痛み止めを飲んでいただきます。

 

後日腫れが治まったら抜歯を行っていきます。

 

今回の親知らずの抜歯は 普通抜歯なのですが 右上奥歯の骨が吸収されるのを防ぐ為に温存術と呼ばれる手術方法を使います。

もし親知らずを抜歯した後に 骨が吸収されて深い歯周ポケットになってしまうと手前の歯に歯石が溜まり 歯周病になってしまいます。

抜歯をされる際は必ず温存術を使用した方が良いと思われます。

手術の手順は

1.お口の消毒、麻酔

2. 抜歯

3. 歯槽提温存術(バイオス+テルプラグ)

4. 縫合

になります。

当院ではすべての外科処置に拡大鏡を使用していますので安全に正確に治療可能です。

拡大鏡を使用することにより 今まで肉眼では確認困難な部分がはっきりと見えます。

これからの歯科治療には拡大鏡は必須です。

それでは症例です。

親知らずの抜歯のご相談なら

新宿区曙橋の歯医者さんデンタルオフィス新宿まで

診療時間は

月曜から土曜まで 10時から19時まで

日曜は 10時から13時まで

祝日は 10時から17時まで

予約制となります。

電話番号は0333414621

mailでのお問い合わせはkmtcq139@ybb.ne.jp

となります。

2021年1月25日

今日は右上親知らずの抜歯を行いました。

 

患者さんは右上奥歯に痛みがある とのことでご来院されました。

 

お口の中を診ると 親知らずが虫歯になっており汚れが溜まり歯肉も腫れている状態でした。

 

今回は親知らずの周りがそれほど腫れて無く 痛みも食事の際にのみでしたので当日に抜歯をしても問題無いと診断し当時に抜歯を行うことにしました。

 

患者さんに親知らずの状態と抜歯の手順についてご説明し同意を得て治療を行っていきます。

 

親知らずの抜歯の手順は

1.お口の消毒、部分麻酔

2. 抜歯

3. 抜歯窩の掻把

4. 縫合

になります。

 

当院では外科処置の際は拡大鏡を使用して 安全に正確に手術を行います。

拡大鏡を使用するメリットは 肉眼よりも正確に診断出来るので通常よりも早く治療を終えられます。

これからの歯科治療には拡大鏡は必須になります。

 

また当院では抜歯窩には傷口の直りを通常よりも3倍早めるコラーゲンスポンジを詰めて縫合します。

こうすることにより血もすぐに止まり 痛みや腫れも起こりません。

 

親知らずの抜歯の治療時間とご費用は

治療時間30分間

1歯 ¥11000

コラーゲンスポンジ ¥5500

になります。

 

それでは症例です。

親知らずのご相談、歯の抜歯のご相談なら

新宿区曙橋の歯医者さんデンタルオフィス新宿まで

 

診療時間は

月曜から土曜まで 10時から19時まで

日曜は 10時から13時まで

祝日は 10時から17時まで

ご予約の方優先となります。

 

電話番号は0333414621

mailでのお問い合わせはkmtcq139@ybb.ne.jp

になります。

 

2021年1月24日

今日は左下の親知らずの埋伏抜歯を行いました。

 

当院では口腔外科も扱っていますので親知らずの抜歯を行っています。

 

患者さんは左下の親知らずが腫れて痛いとのことで来院されました。

 

お口の中を診察すると智歯周囲炎と呼ばれる状態になっていました。

まずは腫れと痛みの症状を治す為にお口の中の消毒と抗生剤と痛み止を飲んでもらいました。

腫れと痛みの症状がある場合 当日に抜歯を行うことは出来ません。

腫れていると 歯肉がブヨブヨしてしまい縫合が綺麗に出来ず 麻酔の効きも悪いのです。

なので抜歯は大抵 2回目のご予約の際に行うことが多いです。

 

初診時に腫れて痛みが出ていた症状が改善されたので 予定通りに抜歯を行っていきます。

 

抜歯の手順は以下になります。

1.お口の消毒、麻酔

2. 歯肉の切開剥離

3. 親知らずの分割、抜歯

4. 縫合

当院ではすべての外科処置は拡大鏡を使用して早く正確に行うので安全に治療を終える事が出来ます。

また拡大鏡を使用すると 歯肉を切る範囲が最小限に抑えられ 術後の痛みや腫れを抑えます。

また抜歯した穴の中には痛みを軽減させるために 特殊なコラーゲンスポンジを詰めて縫合します。

このスポンジを使用すると通常の3倍の速さで傷口が閉じるので痛みや腫れが起きないのです。

 

親知らずの抜歯の時間と費用は

1歯 30分間 ¥11000

コラーゲンスポンジ ¥5500

になります。

 

それでは症例です。

親知らずの抜歯のご相談なら

新宿区曙橋の歯医者さんデンタルオフィス新宿まで

診療時間は

月曜から土曜まで 10時から19時まで

日曜は 10時から13時まで

祝日は 10時から17時まで

予約制となります。

電話番号は0333414621

mailでのお問い合わせはkmtcq139@ybb.ne.jp

となります。

2021年1月23日

今日はインプラントの頭出しの手術(2次手術)+歯肉移植というアドバンスな手術を行いました。

 

インプラント治療を行う場合 1次手術と2次手術 と言う2回手術を行う必要があります。

 

1次手術は インプラント体を骨の中に埋入し完全に歯肉で縫合して外界から感染しないようにします。

2次手術は インプラント体の頭部分を外界に見える状態にして被せ物を装着する為のネジの貫通部分を作ります。

 

2次手術を行う際は インプラント体の周りに歯肉があるかどうかがインプラントを長持ちさせる為に大事になります。

 

歯肉とは どの部分かと言うと歯の根元部分にあるピンク色の幅5mm程度の帯状の部分を言います。

歯肉の特徴は硬く細菌に対してのバリヤーの役目をする皮膚です。

人間は歯肉があるおかげで歯ブラシを当ててもゴシゴシ歯ブラシしても痛く無いですし歯肉から血も出ません。

 

ピンク色の部分から下の部分は 赤い粘膜と言われる柔らかい皮膚になります。

この粘膜と言われる部分は 細菌の抵抗や刺激に対して弱く 歯ブラシを当ててゴシゴシ磨くとすぐ出血して 痛くて磨くことは出来ません。

 

もしインプラント体に被せ物を装着して 被せ物の周りに歯肉が無いと 痛くて歯ブラシができず被せ物の周りに汚れが溜まりすぐインプラントが感染してダメになります。

 

これを解決する方法には 歯肉移植があります。

歯肉移植は 上顎の裏側部分から 移植片を採取し インプラント体の周りに張り付けて 歯肉を再生させる手術方法です。

そしてインプラント体の周りに丈夫な歯肉が再生し インプラントも長持ちします。

 

歯肉移植は大変難しい治療方法です。

切開、剥離、縫合の手技を誤ると移植片がうまく再生せず壊死してしまう可能性もあります。

当院では拡大鏡を使用して外科手術を行うので早く安全に手術を終える事が出来ます。

 

歯肉移植は矯正治療などで歯肉が下がってしまった方にも有効な治療方法です。

気になる方は是非ご相談ください。

 

歯肉移植 手術時間30分間

1歯 ¥44000

になります。

 

それでは症例です。

インプラント治療、歯肉移植、歯茎の下がり のご相談なら

新宿区曙橋の歯医者さんデンタルオフィス新宿まで

 

診療時間は

月曜から土曜まで 10時から19時まで

日曜は 10時から13時まで

祝日は 10時から17時まで

ご予約の方優先となります。

 

電話番号は0333414621

メールはkmtcq139@ybb.ne.jp

となります。

2021年1月3日

今日は右上奥歯の破折をしている歯の抜歯を行いました。

 

患者さんは右上奥歯が痛いとのことでご来院しました。

 

お口の中を診ると 歯の根の部分が割れてしまい 細菌感染が起こり歯肉も膿を持ち赤く腫れている状態でした。

レントゲンをお撮りすると根の周りを取り囲んで膿により骨が大きく破壊されていました。

この歯は神経を抜く治療を過去にされており 銀の被せ物をしてありました。

 

歯は神経を取ると血が通わなくなるので脆くなります。

特に奥歯は噛む力が強いので頭の部分や根の部分で割れてしまう事が多いです。

 

割れる力を緩和させるには 神経を取った後にはグラスファイバー製の土台を付けて歯をなるべく割れないようにする処置が必要になります。

今回は歯の温存が不可能な状態でしたので 患者さんにご説明し同意を得て抜歯を行うことにしました。

 

すぐに抜歯をするかどうかの診断基準は排膿があるかどうかによります。

あまり時間をおかない方が良いのは 歯を取り囲む周りの骨が膿によりどんどん破壊されてしまうからです。

 

歯と歯は隣り合わせになっており骨も両隣の歯を支える役目をしています。

なのでその歯だけの問題ではなく隣の歯を支えている骨もどんどん溶けてしまうので 隣の歯もダメになってしまうのです。

 

また 無くなった骨の再生を促す為に 抜歯窩の膿を洗浄して綺麗にした後に特殊なコラーゲンスポンジを詰めて縫合します。

 

こうすることにより 無くなった骨をある程度は再生出来ます。

もし抜歯をする際に骨を再生させないと インプラント治療をする場合に大掛かりな骨の再生手術が必要になります。

 

後々の治療を軽くする為にも抜歯の際は必ず人工材料を使用して骨を再生することをお勧めしています。

 

それでは症例です。

抜歯、インプラント治療のご相談なら

新宿区曙橋の歯医者さんデンタルオフィスまで

 

診療時間は

月曜から土曜まで 10時から19時まで

日曜は 10時から13時まで

祝日は 10時から17時まで

ご予約の方優先となります。

 

電話番号は050-1341-8350

mailでのお問い合わせはkmtcq139@ybb.ne.jp

となります。

 

2021年1月2日

今日は左上小臼歯の奥歯2本にセラミックス製の土台をセットしました。

 

この白い土台はファイバーコアと呼ばれるセラミックス製の土台になります。

保険治療の土台だと金属製になりますが 金属は力がかかると歯を折る力が加わります。

セラミックス製の土台の利点は歯と同じくらいの弾力性を持ち 歯に衝撃が加わっても力を緩和するので歯が折れません。

 

この歯は最初に虫歯の広がりと 根の先端にも膿があり 根の再治療と虫歯の処置が必要でした。

 

虫歯が歯肉の中にまで広がっているので 電気メスと呼ばれる歯肉整形をするメスを用いて歯肉をカットし虫歯を取り除きます。

 

また根の先端にある膿は 根の再治療で神経管の中を消毒し消失したことを確認しゴムの詰め物をして細菌が入らないように密封します。

 

その後にセラミックス製の土台を製作するために精密な型取りを行います。

精密な型取りをする際は 当院ではゴム製の型取りの材料を使用します。

 

保険で通常用いる寒天の型取りの材料は弱いので変形が起きたり 千切れて精密に取れない事が多いです。

歯に隙間なくピタッとセット出来る詰め物、被せ物を作るにはゴム製の型取りの材料が必要です。

 

またこのゴム製の型取りの材料は2週間くらい外に出しておいても変形することがありません。

これも寒天の材料だと空気中に置いておくと蒸発して寸法がどんどん変化してしまいます。

 

そして出来上がったセラミックス製の土台は歯にピタッとはまるのが確認出来ます。

 

それでは症例です。

虫歯のご相談なら

新宿区曙橋の歯医者さんデンタルオフィスまで

診療時間は

月曜から土曜まで 10時から19時まで

日曜は 10時から13時まで

祝日は 10時から17時まで

ご予約の方優先となります。

電話番号は0333414621

mailでのお問い合わせはkmtcq139@ybb.ne.jp

となります。

 

2020年12月30日

今日は左下の親知らずの抜歯と移植を行いました。

 

親知らずを抜歯する際に 他に抜歯しなければならない歯があったり 歯が無い部分があれば歯牙移植を行うことが可能です。

 

勿論お口の清掃状態、患者さんのご年齢などのいくつかの条件があるので術前に審査診断しておきます。

 

歯牙移植のメリットは インプラント治療だとチタン製のネジを骨に埋め込むので歯の感覚が微妙に違いますが 歯牙移植はご自身の歯の感覚で使用することが出来ます。

デメリットは当然虫歯や歯周病になりやすいので普通の歯と同じように重症になれば当然抜歯になる可能があります。

 

歯牙移植の手順は以下になります。

1、お口の消毒、麻酔

2、親知らずの抜歯

3、受ける部分の骨形成

4、親知らずの試適、縫合

5、親知らずの固定

になります。

 

歯牙移植はかなり難易度の高い手術です。

ポイントは

親知らずにダメージを与えないように抜歯する。

親知らずの根の形に添うような骨整形をする。

親知らずを抜歯したらなるべく早く手術を終了する。

になり。

これがかなり難しいのです。

当院では拡大鏡を使用して手術を行うので こういう難易度の高い手術も可能になります。

 

それでは症例です。

歯牙移植のご相談なら

診療時間は

月曜から土曜まで 10時から19時まで

日曜は 10時から13時まで

祝日は 10時から17時まで

ご予約の方優先となります。

電話番号は0333414621

mailでのお問い合わせはkmtcq139@ybb.ne.jp

となります。

2020年12月29日

今日は右上の被せ物が何回も外れてしまう方に対して歯肉切除手術を行いました。

 

お口の中を診せていただき 被せ物が取れた歯の状態を見ると ほとんど歯が無く 中で虫歯も広がっている状態です。

いわゆる残根状態と言われる状態です。

 

被せ物が取れる法則というものが歯科にはあり 歯肉からの残りの歯の高さが 2mmは無いと取れやすい と言われています。

 

どうやって歯の長さを2mm確保するか?と言うと

部分矯正をして歯を引っ張り上げ 歯肉の整形手術を行う という方法があります。

 

勿論 適応症になる、ならない場合があり ならなければ抜歯を行い インプラント治療がベストな方法と言えます。

 

まずレントゲンとお撮りし 歯の破折が無いか? 根の先端に膿が無いか? 根の長さはどのくらいか? という項目を診断します。

そして 今回は部分矯正無しで手術のみを行えばもう一度被せ物を付けれると診断し 患者さんと治療方法をご相談し同意を得て手術を行うことになりました。

 

今回の歯肉は歯肉切除術と言って 歯肉を薄く切って 根の方向に歯肉をずらして 骨膜と呼ばれる 骨の表面にある薄い膜に縫合して縫い付ける手術方法です。

歯肉は歯の根元にあるピンク色の硬い皮膚の部分で帯の幅は約7mm程度あります。

この硬い皮膚があるおかげで人間は歯ブラシをゴシゴシ当てても痛みが無く 出血も起きません。

歯肉は何らかの原因で少なくなってしまうと 歯肉から出血したり 歯ブラシを当てた時に痛みが出てしまいます。

 

この手術方法を使用すると歯肉の幅を減らすことなく歯の長さを確保出来ます。

ただ肉眼では 骨膜と呼ばれる骨の表面の薄い膜に糸を縫い付けるのはまず不可能です。

当院では拡大鏡を使用して手術を行うので こういった肉眼では不可能な作業も可能になります。

 

術前術後で歯の長さが長くなったのが分かると思います。

歯肉をカットしている訳では無く 根元に歯肉をずらして縫い付けて固定しているのです。

 

それでは症例です。

被せ物が取れた取れやすいとのご相談なら

新宿区曙橋の歯医者さんデンタルオフィス新宿まで

 

診療時間は

月曜から土曜まで 10時から19時まで

日曜は 10時から13時まで

祝日は 10時から17時まで

ご予約の方優先となります。

 

電話番号は0333414621

mailでのお問い合わせはkmtcq139@ybb.ne.jp

となります。

2020年12月28日

今日はインプラント治療の縫合になります。

 

前回 インプラント体を無事に骨の中に埋入して 頬側に骨を増やす アドバンスな手術を行いました。

インプラント周りには約2mmの厚みの骨が無いと段々骨が吸収して無くなる と言われています。

 

これは手術直後には見られず 何年か後に現れてくる症状なのです。

そして骨が吸収されて無くなると 歯肉もつられて下がってきます。

歯肉が下がるとインプラントの金属部分が露出して見えてきてしまいます。

 

被せ物が入った後でインプラントの根元部分が黒くなってくる症状はこれが原因です。

この状態を改善するために インプラント周りに歯肉移植をしたりします。

 

ただインプラント体を骨に入れる時に 歯肉が下がるかの診断は出来るのでインプラント手術の際に未然に防ぐことをした方が良いです。

歯肉移植でインプラント体をカバー出来るのも軽度の症状のみだけなのです。

 

インプラント体を骨に埋入して 頬側に2mmの厚みの骨があるか確認し 2mm無ければ骨を増やします。

アジア人の頬側の骨はかなり薄く出来ているので ほとんどの場合、骨を増やす手術が必要と言われています。

インプラントを長持ちさせる為には骨を増やす手術は必須です。

 

そして骨を増やす手術をして 歯肉を完全に閉じて縫合します。

歯肉を完全に閉じることにより インプラント体が外界からの感染が防がれて骨に付きます。

もし歯肉の縫合が裂開し傷口が開いてきてしまうとインプラントが感染するだけでなく 骨を増やす手術に使用する人工骨も感染するので とても重要なステップになります。

 

歯肉の縫合のコツはあまり引っ張りすぎないことと 緊密に縫合することが裂開を防ぐコツです。

しかし 骨のボリュームが術前に比べてかなり増すので 歯肉を引っ張らないと縫うことが出来ません。

 

この問題を解決するために 減張切開と呼ばれる切開法とマットレス縫合と呼ばれる特殊な縫合法行います。

減張切開は歯肉の内側に細かい切れ込みをメスで行い 折り紙の蛇腹織のように伸びるようにすることです。

 

マットレス縫合は 垂直、水平の2種類あり どちらも歯肉を大きな面として捉えて縫い合わせる縫合方法です。

この手術方法で歯肉を閉じるとまず傷口が開くことはありません。

 

また当院では拡大鏡を使用して 緊密に切開縫合するので 肉眼の何倍もの速さで処置が終わり精密に出来ます。。

その為縫合して数分経つと出血は治まり腫れや痛みも極力抑える事が出来ます。

 

それでは症例です。

インプラント治療のご相談なら

新宿区曙橋の歯医者さんデンタルオフィス新宿まで

 

診療時間は

月曜から土曜まで 10時から19時まで

日曜は 10時から13時まで

祝日は 10時から17時まで

ご予約の方優先となります。

 

電話番号は0333414621

mailでのお問い合わせはkmtcq139@ybb.ne.jp

となります。

 

2020年12月26日

今日はインプラント治療の続きになります。

 

前回のインプラント治療の前準備として 抜歯した際に歯槽堤温存術 という特殊な手術方法で骨の形を保つ事をしました。

こうすることにより 人間の頬側の骨は薄く出来ており 抜歯した際にかなりガッポリと骨が無くなってしまいます。

骨が無くなるとインプラント体を骨に入れる事が出来なくなったり もしくは大掛かりな骨を造る手術が必要になります。

温存術は抜歯するときしか出来ませんので 抜歯をする際は温存術を受けることをお勧めします。

 

インプラント治療は 大体抜歯をしてから2~3か月後に行います。

それ以上待ってしまうと徐々に骨が吸収されて無くなってきてしまうので インプラントを骨に埋めるタイミングは遅くても早くてもダメです。

今回は骨の状態を確認するために通常の手術方法で歯肉を切開剥離しています。

 

CTを撮影して骨が十分あると認識される場合は歯肉を開けないでそのままインプラントを埋めていきます。

この方法がフラップレス手術と言います。

 

歯肉を切開剥離をして骨にインプラント専用のドリルで穴を開けます。

当院ではサイズがかなり小さいインプラントを使用しているので 腫れや痛みを極力減らし手術時間も短縮されます。

 

そしてドリルで骨に穴を開けた後に インプラント体を骨に埋めていきます。

インプラント周りには 骨の厚みが2mmくらいあると後で歯肉がさがりにくい と言われています。

 

これはかなり重要で もし骨の厚みが足りないと 被せ物をセットした後でインプラントの根元の歯肉が下がり 金属部分が見えてしまうのです。

インプラント治療を受けられて 被せ物をセットして何年かすると歯肉が黒くなってきたような状態になります。

それを防ぐ為にインプラント周りに人工骨で 少しだけ骨の厚みを作るようにします。

 

これが骨造成手術です。

どれも難易度の高い手術ですが拡大鏡を使用して外科手術を行っていますので早く安全に手術を終えられます。

 

それでは症例です。

インプラント治療、抜歯のご相談なら

新宿区曙橋の歯医者さんデンタルオフィス新宿まで

 

診療時間は

月曜から土曜まで 10時から19時まで

日曜は 10時から13時まで

祝日は 10時から17時まで

ご予約の方優先となります。

 

電話番号は0333414621

mailでのお問い合わせはkmtcq139@ybb.ne.jp

となります。

1 2 3 4 5 6 7 8 57