症例ブログ|曙橋で歯科・歯医者をお探しの方は【デンタルオフィス新宿 歯周病インプラントセンター 】まで


歯周病インプラントセンター

MAIL:kmtcq139@ybb.ne.jp

〒162-0065
新宿区住吉町5-1 吉村ビル1階
  • 曙橋・デンタルオフィス新宿 歯周病インプラントセンター
・電話
  • 曙橋・デンタルオフィス新宿 歯周病インプラントセンター
・メニュー
insta_bnrデンタルオフィス新宿
  • アーカイブ

  • カテゴリー

2021年9月29日

今日は右上のインプラント1次手術を終えた患者さんに インプラント2次手術(インプラントの頭出しの手術)+歯肉弁根尖側移動術を行いました。

 

患者さんは右上の小臼歯部が無いので入れてほしい との事で御来院されました。

 

レントゲンをお撮りしお口の中を診ると 右上の小臼歯部1本が無い状態で 両隣の歯の虫歯の程度も軽度でした。

歯が1本だけ無い場合で両隣も虫歯になっていないことからインプラント治療の適応症と診断しました。

 

患者さんにインプラント治療の手順と手術内容などについてご説明し同意を得て治療を開始していきます。

 

インプラント治療は歯が無い部分に インプラント体と呼ばれるチタン製のネジを埋めて被せ物を付けて噛めるようにする治療です。

 

インプラントは直径4mm、長さ10mm程度のチタン製のネジになります。

これを手術により骨に埋めていき3か月程度経つと骨とくっつくので 今度はそのネジの上に被せ物をセットします。

 

今の時代は2回法と言って 1回目の手術で骨と歯肉の中にインプラント体を完全に埋没させて2回目の手術で埋まったインプラント体の頭部分を外に出す方法が主流です。

インプラント手術の際は大体の場合 虫歯や歯周病がひどくなり抜歯をされてる場合が多いので 歯肉と呼ばれる幅が5mm程度のピンク色の硬い皮膚がありません。

 

歯肉は歯の根元部分にあるピンク色の部分で それより下は粘膜と呼ばれる赤くブヨブヨした皮膚に変わります。

 

人間はこの歯肉が歯の周りにあるおかげでナイロン製の毛が硬い歯ブラシを当てても血が出ませんし 歯肉が千切れる事がありません。

 

また歯肉は細菌に対するバリヤーの役目もするのでインプラント周りにこの歯肉が無いようなら歯肉を再生させるとインプラントも長持ちします。

 

今回は歯肉弁根尖側移動術と言う 歯肉を薄く切って根元のほうに移動させて 所定の位置で骨膜と呼ばれる骨の表面にある薄い膜に縫い付ける難易度の高い手術を行っています。

 

歯肉は厚みが3mm程度しかなく 表面を1mmの厚みで薄く切るには 拡大鏡が必須になります。

肉眼で無理に行おうとすると歯肉が切れてしまい手術が失敗します。

 

当院では外科手術の際は拡大鏡を使用して手術を行うので安全に早く治療を終える事が可能です。

写真で歯肉が根元に方に移動して縫い付けられているのが分かります。

 

それでは症例です。

インプラント治療をしたい、歯を入れたい、歯が無いなどのご相談なら

新宿区曙橋の歯医者さんデンタルオフィス新宿まで

 

診療時間は

月曜から土曜まで 10時から19時まで

祝日は 10時から17時まで

木曜、日曜は休診となります。

 

お電話でのお問い合わせは0333414621

mailでのお問い合わせはkmtcq139@ybb.ne.jp

となります。

2021年9月27日

今日は左下奥歯にセラミックス製の土台をセットしました。

 

患者さんは左下奥歯がひどく沁みる との事で御来院されました。

 

レントゲンをお撮りしお口の中を診ると 左下奥歯に 頬側と銀の金属の詰め物の下に虫歯が出来ているのが確認出来ました。

激しい痛みが虫歯によりある場合 歯の神経を取る処置になる確率が高いです。

 

患者さんに歯の神経を取る可能性が高いことをお話し同意を得て虫歯を取り除いていきます。

 

金属の下の虫歯はそれほど深くはなかったのですが 頬側の虫歯が神経にまで到達し神経を取る処置を行いました。

歯の神経はレントゲンで見えている以外に細い神経が張り巡らされているので3回ほど消毒をする必要があります。

神経管の中が綺麗になったら その中にゴム製の詰め物を詰めていきます。

 

そして歯の中がスカスカの空洞になっているので セラミックス製の芯棒を入れます。

 

歯は神経を取ると枯れ木と同じように折れやすくなります。

 

セラミックス製の芯棒は歯と同じようにしなる性質を持つので 歯に過剰な力が加わっても折れにくいです。

 

出来上がったセラミックス製の芯棒を セラミックス専用のセメントで付ければ歯も長持ちします。

 

それでは症例です。

歯が沁みる、虫歯がある、歯が黒くなっている などのご相談なら

新宿区曙橋の歯医者さんデンタルオフィス新宿まで

 

診療時間は

月曜から土曜まで 10時から19時まで

祝日は 10時から17時まで

木曜、日曜は休診となります。

 

お電話でのお問い合わせは0333414621

mailでのお問い合わせはkmtcq139@ybb.ne.jp

となります。

 

2021年9月25日

今日は右上小臼歯の抜歯を行いました。

 

患者さんは右上奥歯の歯肉が腫れる との事で御来院されました。

 

レントゲンをお撮りしお口の中を診ると 右上の小臼歯が揺れて根の先端まで周りの骨が溶けて膿が出来ているのが確認されました。

 

おそらく 最初は小臼歯の根の先端に膿の影があり また噛む力も加わり歯の周りに汚れが溜まり 歯を支える周りの骨が破壊されて根の先端まで膿が出来てしまったと思われます。

 

根の先端まで骨が溶けて無くなっている状態では今の歯科では治療困難なので抜歯の診断になります。

 

患者さんに歯肉の状態と治療方法をご説明し同意を得て治療を開始していきます。

 

まず部分麻酔を施し拡大鏡を使用しながら慎重に抜歯を行っていきます。

 

歯肉が赤く腫れている場合は麻酔が効きずらいので しっかりと麻酔を効かすことが大事です。

 

また血も多く出やすい状態で抜歯窩の確認など肉眼では困難です。

 

こういう場合は拡大鏡には専用のライトがあるので 底にある骨の部分や 悪い歯肉の取り残しが無いか などの確認が出来ます。

 

今回は骨がかなり溶けてしまっていて 抜歯窩が大きく 骨がしっかりと再生するには難しいと判断し 温存術を行いました。

 

温存術は 抜歯窩を綺麗にした後に そこに人工骨やコラーゲンスポンジを詰めて しっかりと骨の再生を促す手術です。

 

この温存術は もし抜歯窩に悪いお肉の取り残しがあると ちゃんと骨が出来ないので拡大鏡でのみ可能です。

 

そして緊密に縫合するので 後で出血や腫れも起きません。

 

それでは症例です。

抜歯、歯が揺れる、歯肉が腫れるなどのご相談なら

新宿区曙橋の歯医者さんデンタルオフィスまで

 

診療時間は

月曜から土曜まで 10時から19時まで

祝日は 10時から17時まで

木曜、日曜は休診となります。

 

お電話でのお問い合わせは0333414621

mailでのお問い合わせはkmtcq139@ybb.ne.jp

となります。

2021年9月24日

今日は左上奥歯にセラミックスクラウンをセットしました。

 

患者さんは左上奥歯に物が詰まる との事で御来院されました。

 

レントゲンをお撮りしお口の中を診ると 奥から2番目の銀の被せ物をしてるの間に黒く虫歯が広がっているのが確認されました。

 

保険で取り扱う銀の被せ物は精度があまり良くないので歯との間に隙間が空きやすいのです。

その隙間は歯にセットする際に使うセメントで埋めてくれますが セメント自体の強度があまり良くないので段々溶けて無くなってしまいます。

そしてその隙間に汚れが溜まり虫歯が発生します。

 

レントゲンから歯肉の中の方にまで虫歯が広がっていたので こういう深い虫歯の場合は歯肉を切除する手術が必要になる事もあります。

 

確認する為には被せ物を外し 虫歯を取り除く必要があります。

 

患者さんに虫歯の状態と治療方法をご説明し同意を得て治療を開始していきます。

 

まず部分麻酔を施し拡大鏡を使用しながら銀の被せ物と虫歯を完全に取り除きます。

 

歯肉の中の方に虫歯が広がっていましたが、幸い外科手術なしで虫歯を取り切ることが出来ました。

 

そして根の方にも感染が起きていたので根の再治療を施し セラミックス製の土台を立てて 被せ物の型取りを行いました。

 

今回はオールセラミックスの被せ物を製作しました。

 

オールセラミックスはセラミックス(ガラスの粒子)のみで出来ており 硬さが凄く強く 水分を含む性質が無いのでお口の中でも劣化することがありません。

耐用年数も無いので 一度セットすれば長持ちする被せ物です。

 

写真のように歯にピタッとはまる被せ物が作れるのも拡大鏡を使用して精密治療をしているおかげです。

これからの歯科治療には拡大鏡は必須になります。

 

それでは症例です。

 

被せ物が取れた、歯が痛い、水を飲んで沁みるなどのご相談なら

新宿区曙橋の歯医者さんデンタルオフィスまで

 

診療時間は

月曜から土曜まで 10時から19時まで

祝日は 10時から17時まで

木曜、日曜は休診となります。

 

お電話でのお問い合わせは0333414621

mailでのお問い合わせはkmtcq139@ybb.ne.jp

となります。

2021年9月22日

今日は右上前歯の型取りを行いました。

 

患者さんは右上の根元が黒くなっている との事で御来院されました。

 

レントゲンをお撮りしお口の中を診ると 被せ物との隙間から中で虫歯が広がっているのが確認出来ました。

 

保険で扱う被せ物の治療は 使用する材料などの問題もあり精度があまり良くないので 歯との間に隙間が開いてしまいます。

 

最初その隙間は歯に被せ物を付ける際に用いるセメントで埋めてくれますが セメントはそれほど強度が高くないので崩れ無くなってしまいます。

そしてセメントが無くなった後の隙間に汚れが溜まり虫歯が広がります。

 

患者さんに被せ物を外す必要があり 新しく被せ物を作り直す必要があることをご説明し同意を得て治療を開始していきます。

 

まず部分麻酔を施し被せ物と中に入っていた金属製の土台を外していきます。

 

こういう歯に金属が付いている場合 無理に取ろうとすると歯が割れてしまうので拡大鏡を使用して慎重に外していきます。

 

根の方にも感染が起きていたので根の再治療を行い セラミックス製の土台を立てます。

 

そして型取りの際には 変形が起きにくいゴムの材料を使用します。

 

保険では寒天の材料を型取りの際に使用しますが 千切れたり 引っ張る時に変形したりしやすいのです。

 

ゴムで型取りした材料だと薄い部分まで綺麗に型取りが出来ているのが確認出来ます。

 

そうして出来上がる被せ物は歯にピタッと隙間なくはまり長持ちします。

 

それでは症例です。

被せ物が黒い、歯が欠けた、被せ物が取れた などのご相談なら

新宿区曙橋の歯医者さんデンタルオフィスまで

 

診療時間は

月曜から土曜まで 10時から19時まで

祝日は 10時から17時まで

木曜、日曜は休診となります。

 

お電話でのお問い合わせは0333414621

mailでのお問い合わせはknmtcq139@ybb.ne.jp

となります。

2021年9月21日

今日は歯の漂白 歯を白くする治療 ホワイトニングを行いました。

 

患者さんは前歯を白くしたい との事で御来院されました。

 

レントゲンをお撮りしお口の中を診ると前歯が黄色く着色している状態でした。

ホワイトニングに使用する薬剤は強力なので もし虫歯や歯周病などがあるとかなり痛みが出てしまい危険です。

術前の虫歯と歯周病のチェックは必ずされる事をお勧めします。

 

患者さんにホワイトニングの治療方法と注意点をご説明し同意を得て治療を開始します。

 

今回行うホワイトニングは オフィスホワイトニングと言いクリニック内で歯に直接ホワイトニング塗って白く染める方法です。

 

これとは別にホームホワイトニングと言ってご自宅でマウスピースをはめて白く染める方法があります。

 

それぞれの方法には利点欠点があるので 患者さんと話し合って決めていきます。

オフィスホワイトニングの手順は

1、歯のクリーニング

2、歯の表面にホワイトニング剤を塗る

3、特殊な光を当ててホワイトニング剤を反応させる

4、クリーニングをしてフッ素を塗ってコーティングする

になります。

施術時間は約45分間になります。

 

ご希望の方はご予約の際にお申し付け下さい。

 

それでは症例です。

歯を白くしたい、歯の色が気になる、クリーニングなどのご相談なら

新宿区曙橋の歯医者さんデンタルオフィスまで

 

診療時間は

月曜から土曜まで 10時から19時まで

祝日は 10時から17時まで

木曜、日曜は休診となります。

 

お電話でのお問い合わせは0333414621

mailでのお問い合わせはkmtcq139@ybb.ne.jp

となります。

2021年9月20日

今日は左下奥歯のハイリッドセラミックスアンレーの確認を行いました。

 

患者さんは左下奥歯の銀の詰め物が取れた との事で御来院されました。

 

レントゲンをお撮りしお口の中を診ると左下奥歯の銀の詰め物が取れた後に虫歯が出来ていました。

奥の部分は虫歯が歯肉の中に少し入り込んでいましたので 外科手術を行い歯肉をカットしないと虫歯を完全に取り切る事が困難な状態でした。

歯肉の中に虫歯が入り込んでいる場合は 歯肉を切除する場合が多いです。

軽度から重症により 外科手術も電気メスを使用した術式から 通常のメスを用いた術式があり レントゲンで虫歯の位置と骨の高さを確認して行います。

 

患者さんに虫歯の状態と治療方法をご説明し同意を得て治療を開始していきます。

 

まず部分麻酔を施し 拡大鏡と虫歯のみを赤く染める染色液を使用して虫歯を完全に取り切ります。

幸い虫歯の深さが中等でしたので 電気メスを用いる歯肉切除を行いました。

 

歯肉に入り込んだ深い虫歯に対する処置を行う理由は 歯の周りには歯周ポケットと呼ばれる溝があり大体1~3mmくらいの深さをしています。

この深さの範囲内なら詰め物や被せ物を歯に付けた後でも 生体に異物として認識されないので 歯肉が赤く腫れる事はありません。

 

ただそれ以上深い虫歯で詰め物や被せ物を歯肉の中の方に付けると歯肉が赤く腫れた状態が残ります。

この赤く腫れた部分には歯骨細胞と言って骨を破壊する細胞が出現し 自分の骨を破壊してしまいます。

そして段々と破壊されていくと そこが深い歯周ポケットになり 歯周病になり 歯石が付き 歯肉が腫れたり痛んだりします。

 

また歯肉の中に詰め物や被せ物が付いている部分は 家で言うと ぬかるみに家の土台が建っている状態になります。

そして家の土台部分のセメントが溶けて そこから再び虫歯になります。

 

深い虫歯の治療は非常に難しいのです。

 

電気メスのメリットは 歯肉を切ると同時に焼く作用があり 止血効果もあります。

そして虫歯を取り除いた後はフッ素を少しずつ出す虫歯予防効果のあるセメントで失われた部分の補充をしてその日は終了です。

 

次回ご来院の際に痛みが無いこと セメントが完全に固まっている事を確認して型取りを行います。

 

今回はハイブリッドセラミックスと言って陶器の材質に近い材料なので 表面が凸凹しているとピタッとはまる詰め物が作れません。

 

肉眼では確認が出来ないのでこういう場合には拡大鏡が必須となります。

 

型取りの材料も変形の少ない特殊なゴムの材料を使用して精密に行います。

 

そしてセラミックス製作専門の技工士さんにお出しし 出来上がってきたハイブリッドセラミックスアンレーは歯にピタッと隙間なくはまります。

 

それでは症例です。

詰め物が取れた、虫歯の確認、検診のご相談なら

新宿区曙橋の歯医者さんデンタルオフィスまで

 

診療時間は

月曜から土曜まで 10時から19時まで

祝日は 10時から17時まで

木曜、日曜は休診となります。

 

お電話でのお問い合わせは0333414621

mailでのお問い合わせはkmtcq139@ybb.ne.jp

になります。

2021年9月18日

今日は左上のセラミックス製の土台の調整を行いました。

 

患者さんは左上前歯が折れた との事で御来院されました。

 

レントゲンをお撮りしお口の中を診ると 歯肉の中の方で歯が折れてしまって出血も起こっている状態でした。

神経が露出をして暫く時間が経過していたので 神経は残せそうもなく 歯肉の中の方に歯があるので部分矯正で歯を引っ張り上げる必要もあります。

 

患者さんに虫歯の状態と治療方法をご説明し同意を得て治療を開始していきます。

 

まず部分麻酔を施し神経を取る処置を行います。

神経を取る処置を行い 神経管の中にゴムの詰め物をして 次に部分矯正に移行します。

こういう場合の矯正治療は早く歯を引っ張り上げるので 約1か月程度で矯正治療は終わります。

 

ただ、歯を引っ張り上げると周りの歯肉もつられて引っ張り上がってしまうので それを今度は歯肉の高さを元の位置に戻す小手術が必要になります。

歯肉の整形手術を行い また1か月程度傷口の治りを待ちます。

 

そして神経管の中にセラミックス製の土台をセットして被せ物の型取りを行います。

今回は手術後にセラミックス製の土台を入れて仮歯を調整して 歯肉の回復を待っている状態です。

 

歯肉の赤みが消えたら型取りをして被せ物を付けていきます。

 

こういう部分矯正や外科手術が出来るのも拡大鏡を使用しているので 傷口が目立たず治りも早いのです。

 

それでは症例です。

歯が折れた、歯が欠けた、歯を打ったなどのご相談なら

新宿区曙橋の歯医者さんデンタルオフィスまで

 

診療時間は

月曜から土曜まで 10時から19時まで

祝日は 10時から17時まで

木曜、日曜は休診となります。

 

お電話でのお問い合わせは0333414621

mailでのお問い合わせはkmtcq139@ybb.ne.jp

となります。

2021年9月17日

今日は右下のハイブリッドセラミックスが出来上がってきたので確認を行いました。

 

患者さんは右下奥歯の金属が外れた との事で御来院されました。

 

レントゲンをお撮りしお口の中を診ると 右下の被せ物が中のセメントごと外れ 残りの歯の方も虫歯になっていました。

 

金属の詰め物や被せ物の場合 精度があまり良くないので歯との間に隙間が空いていることが多いのです。

そこに汚れが溜まるとさらに歯に付けているセメントが破壊されます。

そして最後には詰め物や被せ物が外れてしまいます。

外れなったにしても 歯と詰め物、被せ物の間から虫歯が広がっていくことが多いのです。

詰め物、被せ物は技工士さんがお作りしますが 型取りをして石膏模型を作るのでどうしても寸法の変化は生じてしまいます。

セラミックスやゴールドの自費の治療の場合だと その寸法変化を最小限に抑えるので歯にピタッとはまる詰め物や被せ物が作れます。

 

患者さんに虫歯の状態と治療方法をご説明し同意を得て治療を開始していきます。

 

まず歯に残っている虫歯を拡大鏡を使用しながら完全に取り切ります。

 

今回は幸い神経にまで虫歯が達していなかったので中にフッ素を少し出すセメントを詰めて被せ物の型取りをしていきます。

 

被せ物はハイブリッドクラウンと言って セラミックスにプラスチックを混ぜて作られているものを使用します。

 

ハイブリッドセラミックスの良さは歯と同じくらいの硬さを持つので歯と同じように削れてってくれます。

 

そうすると歯とセラミックスの間に段差が生じる事も無いので 歯との間に隙間が生じる事がありません。。

 

それでは症例です。

被せ物が取れた、歯が沁みる、噛むと痛むなどのご相談なら

新宿区曙橋の歯医者さんデンタルオフィスまで

 

診療時間は

月曜から土曜まで 10時から19時まで

祝日は 10時から17時まで

木曜、日曜は休診となります。

 

お電話でのお問い合わせは0333414621

mailでのお問い合わせはkmtcq139@ybb.ne.jp

となります。

2021年9月15日

今日は前歯のセラミックス製の土台と仮歯の製作のチェックを行いました。

 

患者さんは前歯の被せ物の歯茎の境目が黒くなっている との事でご来院されました。

 

レントゲンをお撮りしお口の中を診ると 前歯の被せ物の境目から中で虫歯が広がっているのが確認されました。

 

被せ物は付け始めの時には歯茎にピッタリはまるように製作します。

 

歯茎にぴったりする位置だと細菌に抵抗する体液に満たされているので虫歯になりにくいと言われています。

 

ただ噛み合わせの力が凄くかかっていたり 歯肉が汚れにより赤く腫れていたりすると 歯を支える周りの骨が溶かされてしまうので歯茎も下がってきます。

 

そして歯と被せ物の繋ぎ目の部分が露出して その繋ぎ目に汚れが溜まり虫歯が発生します。

 

患者さんに虫歯の状態と治療方法をご説明して同意を得て治療を開始していきます。

 

まず部分麻酔を施し被せ物を拡大鏡を使用しながら慎重に外します。

 

被せ物の治療をされている場合 神経を取っている歯がほとんどですが 神経を取った歯は枯れ木と同じように歯が脆くなり折れやすいのです。

 

なので余計な部分を削らず 力を加えないようにしないといけません。

 

そして中の金属製の土台の周りも腐食をして虫歯になっていたので土台をお取りし 新しくセラミックス製の土台を作ります。

 

セラミックス製の土台だと歯に噛む力が加わっても歯と同じような弾力性を持つので折れるのを防ぎます。

 

そして歯茎にピタッとはまる仮歯を付けて 外から細菌が入らないように密封します。

 

それでは症例です。

被せ物の境目が気になる、被せ物が黒くなっているなどのご相談なら

新宿区曙橋の歯医者さんデンタルオフィスまで

 

診療時間は

月曜から土曜まで 10時から19時まで

祝日は 10時から17時まで

木曜、日曜は休診となります。

 

お電話でのお問い合わせは0333414621

mailでのお問い合わせはkmtcq139@ybb.ne.jp

となります。

1 2 3 4 5 6 7 8 69