症例ブログ|曙橋で歯科・歯医者をお探しの方は【デンタルオフィス新宿】まで



MAIL:kmtcq139@ybb.ne.jp

〒162-0065
新宿区住吉町5-1 吉村ビル1階
  • 曙橋・デンタルオフィス新宿・電話
  • 曙橋・デンタルオフィス新宿・メニュー
  • アーカイブ

  • カテゴリー

2021年5月24日

今日は左下奥歯の虫歯治療を行いました。

 

患者さんは左下奥歯に詰めてあるプラスチックが黒くなってる と言うことでご来院されました。

 

レントゲンをお撮りしお口の中を診ると 左下奥歯のプラスチックが古くなって変色を起こし 中も黒く虫歯になっていました。

 

プラスチックを詰める治療は 小さい虫歯にとっては有効な処置になります。

 

ただ詰める範囲が大きい場合と 噛む力が強い部分だと長持ちしません。

奥歯は噛む力が強いので柔らかいプラスチックではなく 硬いセラミックスを使用した方が長持ちします。

またプラスチックは水分を含む性質があるので なるべくセラミックスの粒子を多く含むハイブリッドセラミックスを詰めると変色もほとんど起きません。

 

患者さんに虫歯の状態と治療方法をご説明し同意を得て治療を開始していきます。

 

まず部分麻酔を施し拡大鏡を使用して 慎重にプラスチックと虫歯の部分のみを削っていきます。

 

虫歯を取り切ったら 殺菌作用のあるセメントを詰めて1日様子を見ます。

 

虫歯菌は目に見えない最近なので 虫歯を赤く染める染色液も使用するのですが 安全に一度殺菌した方が良いでしょう。

 

こういう細かい作業は肉眼ではまず不可能で 今の歯科の治療は拡大鏡が必須になります。

 

セラミックス治療を行う場合も残りの歯の部分が多い方が長持ちします。

 

それでは症例です。

診療時間は

月曜から土曜まで 10時から19時まで

祝日は 10時から17時まで

木曜、日曜は 休診となります。

お電話でのお問い合わせは0333414621

mailでのお問い合わせはkmtcq139@ybb.ne.jp

2021年5月22日

今日は右下奥歯にセラミックス製の土台をセットしました。

 

患者さんは右下ブリッジが外れた との事でご来院されました。

 

レントゲンをお撮りしお口の中を診ると 右下奥歯のブリッジが外れた歯に虫歯が出来ており 根の先端に黒い膿の影もありました。

 

こういう場合はまず根の再治療を行います。

 

根の再治療をせずに虫歯だけ取り除いて土台を建てると 根の先の細菌がまだ取り切れてないので被せ物をした後で歯が痛くなる可能性があります。

 

患者さんに虫歯の状態と治療方法をご説明し同意を得て治療を開始していきます。

 

まず虫歯を取り除いて 根の治療をやり直し 次に土台を作る為に型取りをしていきます。

 

セラミックスは精度が大事なのでなるべく変形の起きない特殊なゴムの材料を使用していきます。

 

また当院では拡大鏡を使用して歯を削り 型取り 土台のセット など精度の高い治療を行っています。

 

それでは症例です。

被せ物が取れた、虫歯のご相談なら

新宿区曙橋の歯医者さんデンタルオフィスまで

 

診療時間は

月曜から土曜まで 10時から19時まで

祝日は 10じから17時まで

木曜、日曜は 休診となります。

 

お電話でのお問い合わせは0333414621

mailでのお問い合わせはkmtcq139@ybb.ne.jp

となります。

2021年5月19日

今日は左下奥歯にセラミックスの詰め物をセットしました。

 

患者さんは左下奥歯がお食事の際に噛むと痛い との事でご来院されました。

 

レントゲンをお撮りしお口の中を診ると左下奥歯に古いプラスチックが詰まっており中が黒く虫歯になっていました。

虫歯を削り白いプラスチックを詰める治療は1回で終わる簡単な治療方法ですが 硬さが弱いのが欠点です。

特に奥歯にプラスチックを詰めた場合はどんどん削れてすり減ってしまうのと 水分を含む性質もあるのでプラスチックの中が虫歯になってしまう事が多いです。

 

患者さんに虫歯の状態と治療方法をご説明し同意を得て治療を開始していきます。

 

今回はセラミックスの詰め物をセットしました。

使用しているセラミックスはガラスの素材のみで出来ている詰め物になり 硬さが凄く強いので奥歯でも削れる心配がありません。

また水分を含む性質もないので 永久的に長持ちします。

 

セラミックス治療は陶器のお皿を削った枠組みにピタッとはめるようなイメージになり 隙間なく埋めるには高い精度が必要になります。

当院では拡大鏡を使用して治療を行うので高い精度の詰め物、被せ物の治療が可能です。

 

歯も何回も治療の繰り返しを行うと抜歯になってしまうので なるべくやり直しの無い治療をされた方が良いでしょう。

 

それでは症例です。

噛むと痛い、プラスチックの変色、沁みる などのご相談なら

新宿区曙橋の歯医者さんデンタルオフィスまで

診療時間は

月曜から土曜まで 10時から19時まで

祝日は 10時から17時まで

木曜、日曜は 休診となります。

お電話でのお問い合わせは0333414621

mailでのお問い合わせはkmtcq139@ybb.ne.jp

となります。

2021年5月18日

今日は右上の銀歯を外して虫歯の治療を行いました。

 

患者さんは右上奥歯にお食事の際に物が詰まる との事でご来院されました。

 

レントゲンをお撮りしお口の中を診ると 銀歯と歯との隙間から中で黒く虫歯が広がっているのが確認出来ました。

 

患者さんに虫歯の状態と治療方法をご説明し同意を得て治療を開始していきます。

 

まず麻酔を施し 銀の被せ物を慎重に外していきます。

詰め物や被せ物を外す際も なるべく余計な歯を削らないようにすることで 治療方法や後々の歯の持ちが違ってきます。

当院では拡大鏡を使用して治療を行うので 精密に治療を行うことが可能です。

 

銀の詰め物や被せ物は硬さが強いのが特徴ですが 銀を含むので歯を腐食させて黒くしてしまったり 適合精度が悪いので歯にセットする際に隙間が空いてしまいます。

その隙間は最初はセメントで埋まってますが セメントは硬さが弱いので溶けて無くなってしまいます。

その隙間から虫歯が広がったり 詰め物、被せ物が外れやすい原因になります。

 

レントゲンなどをお撮りされた際に 隙間が空いている 銀の詰め物や被せ物は 何も症状が起きないうちにやり替えた方が良いでしょう。

痛みや違和感などの症状が出てから治療をされると 神経を取らざるをえなかったり 最悪抜歯になってしまいます。

 

それでは症例です。

被せ物が古い、物が詰まる などのご相談なら

新宿区曙橋の歯医者さんデンタルオフィスまで

 

診療時間は

月曜から土曜まで 10時から19時まで

祝日は 10時から17時まで

木曜、日曜は休診となります。

 

お電話でのお問い合わせは0333414621

mailでのお問い合わせはkmtcq139@ybb.ne.jp

となります。

2021年5月15日

今日は左下奥歯にセラミックスクラウンをセットしました。

 

患者さんは左下奥歯の噛んだ時の違和感でご来院されました。

 

レントゲンをお撮りしお口の中を診ると 左下奥歯の被せ物の根の方に黒い影がありました。

また左下奥歯には金属の土台が入っており金属の土台の周りも虫歯になっていました。

 

金属の土台を外し根の治療をやり直す必要があります。

 

患者さんにご説明し同意を得て治療を開始していきます。

 

虫歯が深く神経を取る処置になると 大体の場合は金属の土台を詰められます。

 

金属の土台は古くから使用されていますが 銀で出来ているので腐食してきて歯を黒く染めてしまいます。

 

また金属は硬いので噛む力が加わると歯が折れてしまいます。

 

黒くなった歯を元に戻すには専用のホワイトニングで漂白すると元の白さに戻ります。

 

今の時代はセラミックス製の土台を使用します。

 

セラミックス製の土台は歯と同じくらいの弾力性を持ち腐食することもないので安心です。

 

そして被せ物はセラミックス製の物です。

 

これはすべてがガラスの材料で出来ていいるので変色することが無く硬さも強いので割れる心配もありません。

 

セラミックス治療は どこか少しでも角が尖っていたりすると ピタッと歯にはまる詰め物、被せ物が作れません。

 

当院では拡大鏡を使用して歯にピタッとはまる詰め物や被せ物をセットすることが出来ます。

 

それでは症例です。

噛んだ時に痛む、被せ物が黒くなっている などのご相談なら

新宿区曙橋の歯医者さんデンタルオフィスまで

 

診療時間は

月曜から土曜まで 10時から19時まで

祝日は 10時から17時まで

木曜、日曜休診となります。

 

お電話でのお問い合わせは0333414621

mailでのお問い合わせはkmtcq139@ybb.ne.jp

となります。

2021年5月11日

今日は左上奥歯にセラミックスの被せ物をセットしました。

 

患者さんは左上奥歯の金属の詰め物が外れて虫歯が出来た との事でご来院されました。

 

レントゲンをお撮りしお口の中を診ると 金属の詰め物が外れ 歯の方も黒く虫歯になっていました。

 

今回は残りの歯の部分が少なったので被せ物にして全周をカバーすることにしました。

 

残りの歯の厚みが1mm以下の場合 詰め物をセットした後で歯の方が欠けてくる事があります。

 

詰め物にするか被せ物にするかは残りの歯の厚みにより決めていきます。

 

患者さんに虫歯の状態と治療方法をご説明し同意を得て治療を開始していきます。

 

今回は被せ物をセラミックスにしました。

 

このセラミックスは全部がガラスの材料で出来ており 永久的に長持ちし 非常に硬く入れ歯の腕が引っかかっても割れる心配はありません。

 

セラミックスは陶器のお皿のようなもので そのお皿を枠組みの中に隙間なくピタッと入れるのは至難の業です。

 

当院では拡大鏡を使用して精密に削りと型取りを行いますので精度の高いピタッと歯に詰まる物が作れます。

 

これからの時代は拡大鏡と なるべく金属を使わず 身体にも害のないセラミックスのような材料を使用された方が良いと思います。

 

それでは症例です。

白い被せ物、精密治療、虫歯などのご相談なら

新宿区曙橋の歯医者さんデンタルオフィスまで

 

診療時間は

月曜から土曜まで 10時から19時まで

祝日は 10時から17時まで

木曜、日曜は休診となります。

 

お電話でのお問い合わせは0333414621

mailでのお問い合わせはkmtcq139@ybb.ne.jp

となります。

2021年5月10日

今日は左下前歯の根の治療が終了した歯にセラミックス製の土台をセットしました。

 

患者さんは前歯が取れた との事でご来院されました。

 

レントゲンをお撮りしお口の中を診ると 前歯についている被せ物が金属の土台ごと外れて 根の方にも病気の影がありました。

 

こういう場合根の治療から行わないと後で痛みが生じてしまいます。

 

患者さんに虫歯の状態と治療方法をご説明し同意を得て治療を開始していきます。

 

金属の土台は歯にセメントでくっつけますが 接着力が弱いのでどうしても劣化しやすいのです。

 

そのセメントの劣化した部分から中に虫歯菌が侵入し根の先端に膿の影を作ってしまいます。

 

また金属の土台は噛む際に土台に加わる力を緩和出来ないので歯が割れやすいのです。

 

今回のケースは被せ物が取れる際に運よく歯が割れなかったのですが 歯が割れてしまうと抜歯になってしまいます。

 

今の時代は土台にはセラミックス製の土台を使用します。

 

この土台は歯と同じくらいの弾力性を持ち歯にかかる衝撃を緩和するのと セメントが歯の細胞と細胞の間に入り込む特殊なセメントを使用します。

 

なるべく歯が長持ちするような材料と治療方法を選択された方が良いと思います。

 

それでは症例です。

被せ物が取れた、噛むと痛い、歯がグラグラするなどのご相談なら

新宿区曙橋の歯医者さんデンタルオフィスまで

診療時間は

月曜から土曜まで 10時から19時まで

祝日は 10時から17時まで

木曜 日曜は休診となります。

お電話でのお問い合わせは0333414621

mailでのお問い合わせはkmtcq139@ybb.ne.jp

となります。

 

 

 

2021年5月8日

今日はインプラント治療の2回目の手術を行いました。

 

インプラント治療は 1回目でインプラント体を骨の中に埋め込み歯肉で完全に閉じて 2回目の手術で歯肉の中に埋まったインプラントの頭部分を露出させる 手順になります。

 

今回は左下の奥歯に歯肉の中に食い込む深い虫歯があったので そちらも歯肉を根尖側にスライドさせて 歯周ポケットを浅くする手術を行いました。

 

歯肉の中深くに虫歯が出来た場合 一応詰め物や被せ物で処置は出来るのですが ぬかるみに家の土台が浸かっているようなイメージなので そのうち腐ってきてしまいます。

 

国際的な基準でも 5mm以上の深い歯周ポケットは 歯周外科手術と言って 歯周病に対する手術をしないと段々と病気が進行すると言われています。

 

なので歯医者さんで歯周ポケットを計測して5mm以上あったら手術をするかどうかは考えた方が良いでしょう。

 

歯肉は インプラント周りにも大体5mm以上あった方が良いとされています。

歯の周りにあるピンク色の部分が歯肉なのですが インプラント治療をやったり 虫歯や歯周病で歯肉が無くなってしまう事があります。

歯肉は歯に栄養を供給する部分でもありますし この硬い皮膚があるおかげで歯ブラシをしても出血することがありません。

 

もし歯肉が無くなってしまったら 歯肉移植をして歯肉を再生させた方が歯も長持ちします。

 

それでは症例です。

インプラント治療、深い虫歯、歯が無い などのご相談なら

新宿区曙橋の歯医者さんデンタルオフィスまで

 

診療時間は

月曜から土曜まで 10時から19時まで

祝日は 10時から17時まで

木曜、日曜 休診となります。

 

お電話でのお問い合わせは0333414621

mailでのお問い合わせはkmtcq139@ybb,ne.jp

2021年5月6日

今日は右下小臼歯の虫歯だった歯にセラミックスの詰め物をセットしました。

 

患者さんは右下奥歯のブリッジが外れた との事でご来院されました。

 

レントゲンをお撮りしお口の中を診ると ブリッジが外れて 歯の方は黒く虫歯になっていました。

 

もう一度虫歯を削り詰め物を作り直さないといけません。

 

患者さんに虫歯の状態と治療方法をご説明し同意を得て治療を開始していきます。

 

今回のように あまり歯を削らない詰め物のタイプのブリッジは 歯にくっつく部分が少ないので外れやすいです。

セラミックスのブリッジは 詰め物のタイプだと割れてしまうので 大体は金属のブリッジを作りセメントで歯にくっつきます。

ただ このセメントが歯にくっつく力が弱いので外れやすく 平均的には1年くらいと言われており 外れてまた虫歯になったら歯の神経を取る治療になる確率が高いのです。

一度治療した部分はなるべくやり直しの無いようにしておかないと 外れてからもう一度治療出来ない場合もあるので要注意です。

 

今回は歯が無い部分にはインプラント治療をされる予定なので 詰め物だけセラミックスで治療しました。

 

セラミックスは非常に硬く割れる心配もありませんし セメントが歯の細胞と細胞の間に入り込む特殊なセメントを使用するので外れにくいのです。

 

セラミックスは陶器のお皿のようなものを枠組みの中にピタッと隙間なくはめるようなイメージです。

 

その為 肉眼での治療だとどうしても細かい部分まで見えず 隙間が空いてしまいます。

 

当院では虫歯治療には拡大鏡を使用して治療しますので隙間なくピタッとはまる詰め物の治療が可能です。

 

なるべくやり直しの無い治療をしていきます。

 

それでは症例です。

詰め物が外れた、被せ物が外れた、虫歯 などのご相談なら

新宿区曙橋の歯医者さんデンタルオフィスまで

 

診療時間は

月曜から土曜まで 10時から19時まで

祝日は 10時から17時まで

木曜 日曜 は休診となります。

 

お電話番号でのお問い合わせは0333414621

mailでのお問い合わせはkmtcq139@ybb.ne.jp

となります。

2021年4月30日

今日は右上の前歯に直接歯に詰めるタイプのセラミックスを詰めて治療しました。

 

患者さんは左上前歯の色が気になる との事でご来院されました。

 

レントゲンをお撮りしお口の中を診ると左上の前歯に古いプラスチックが詰まっており変色を起こし 歯の方も虫歯になっていました。

 

今回は範囲が小さいので直接歯に詰めるタイプのセラミックスで対応することにしました。

 

プラスチックの詰め物は手軽に治療が出来ますが 材料が軟らかいのですぐに削れたり 水分を含んで劣化しやすいのです。

今回使用する材料は90%以上のセラミックスを含んでいる材料なので 硬さが強く 水分を含む性質も抑えられ劣化しにくいのです。

 

患者さんに虫歯の状態と治療方法をご説明し同意を得て治療を開始していきます。

 

まず拡大鏡を使用して慎重に古いプラスチックと虫歯のみを取り除いていきます。

 

肉眼でこういう作業をするとどうしても余計な歯を傷つけてしまいます。

 

虫歯を取り除いて綺麗になった歯に 特殊な接着剤を付けてセラミックスを詰めていきます。

 

セラミックスを詰める際も拡大鏡を使用して隙間が空かないように慎重に詰めていきます。

 

それでは症例です。

白い詰め物、歯が黄色い、前歯の虫歯 などのご相談なら

新宿区曙橋の歯医者さんデンタルオフィスまで

 

診療時間は

月曜から土曜まで 10時から19時まで

祝日は 10時から17時まで

木曜、日曜は 休診となります。

 

お電話でのお問い合わせは0333414621

mailでのお問い合わせはkmtcq139@ybb.ne.jp

となります。

 

 

1 2 3 4 5 6 7 8 63