症例ブログ|曙橋で歯科・歯医者をお探しの方は【デンタルオフィス新宿】まで

MAIL:kmtcq139@ybb.ne.jp

ENG・KOR OK 海外の方もお気軽にお越しください
〒162-0065
新宿区住吉町5-1 吉村ビル1階
  • 曙橋・デンタルオフィス新宿・電話
  • 曙橋・デンタルオフィス新宿・メニュー
  • アーカイブ

  • カテゴリー

2013年2月26日

昨日のImplant+GBRの症例の治療手順です

Implantを適正な位置に埋入すると上の部分が露出してボディー部分も何となく透けて見えるくらい骨が薄いです

頬側がこのように骨に覆われていないと後で歯周ポケットになり、歯肉も腫れやすくなってしまい、歯肉も骨の裏打ちが無いので歯肉が下がりやすくなってしまいます

今回は露出部分と骨が薄くなっている部分に人工骨で骨造成を行い、骨がきっちり出来るように吸収性メンブレンでカバーしました

メンブレンを骨を再生する部分に置いて外界とを遮断しないと 歯肉が治癒するときに上皮のスピードに負けて骨の再生が妨げられてしまいます

なので骨を造成する際は 人工骨の他にメンブレンが必要になります

Img_5663Img_5664
Img_5666
Img_5669

2013年2月25日

歯周病や虫歯で歯を失ってインプラント治療になる事がほとんどですが

人間の頬側の骨は薄いので 前歯や小臼歯など抜歯した場合は

頬側の骨が凹んで上から見たときの骨の幅が狭くなってしまいます

インプラント体は丸いネジの形をしているので

そのまま埋入してしまうと骨からインプラント体が露出してしまい経過に不安が残ります

そういう時はインプラント体を埋入すると同時に骨を造成する手術を行います

アドバンスな手術でかなり難易度はかなり高いです

それでは症例です

Img_5664_17

2013年2月24日

今日は右下7番にハイブリッドセラミックスインレーを装着しました

接着する時に セラミックスインレーには酸処理とセラミックスプライマーを塗布し

歯面には エナメル質にはエナメル質専用の酸処理剤、象牙質には象牙質専用の酸処理剤を塗布し接着力を高めます

それでは症例です

Img_1605_2

Img_1606_2

Img_1607

APF

2013年2月23日

今回は左下56番の根尖側移動術の症例です。

患者さんは歯肉縁下に虫歯があり 歯肉をどうにか切除しないと虫歯の治療が出来なかったので今回はAPFを行いました。

あとは歯冠の長さを確保する為という2つの目的がありました。

それでは症例です。

Img_5049

GBR

2013年2月22日

GBR(Guided bone regeneration)

骨再生誘導療法とも言います。

歯周病や虫歯などで歯を失うと歯を支える歯槽骨も減ってしまいます。

歯を失ってしまった部分にインプラント治療をしようとすると骨が少ないのでこのままでは治療ができません。

そういう場合骨の幅や高さを増やす手術があります。

使用材料は 人工骨と自家骨になり、2つを等量混ぜて使用する場合が多いです。

これにより本来ならインプラント治療が出来ない部分にもインプラント治療が可能になります。

それでは症例です。

右上のインプラント治療です。

抜歯をしたので頬側の骨が少なくなりインプラント埋入と同時に頬側にGBRをしています。

写真はチタンフレームと呼ばれる枠組みを使用し人工骨をそこに留まるように工夫しています。

2

2013年2月21日

ソケットプリザベーション(歯槽堤温存術)

人間の頬側の顎の骨は薄いので 無理に抜歯時に力を入れたり 乱暴に抜歯をすると頬側の骨はかなり 頬舌側の幅が凹んでしまいます。

顎の骨の頬舌側の幅が凹むと 

もしその患者さんが抜歯した後で、「インプラント治療をしたい」両隣の歯を削ってブリッジにするにしても「抜歯した場所が分からないくらいの綺麗なブリッジを入れたい」と言った場合 かなり大がかりな骨造成の手術が必要になってきます。

こういった事態を回避するために当院では抜歯した抜歯窩にコラーゲンや人工骨を入れて頬側の骨の吸収を防いでいます。

これにより後でインプラント治療がやりやすくなり綺麗な上部構造物が装着できます。

下の症例写真で 上の写真は温存術をしていない抜歯後になり下の写真は温存術を行った症例写真になります。

抜歯した後の骨の幅の違いが分かります。

Img_5716Img_5714

2013年2月20日

オールセラミックスを装着しました。

セラミックスは最近では金属の裏打ちがあるセラミックスから金属を一切使わないセラミックスに変わりつつあります。

患者さんは左上の前歯の形が気になるとの主訴で来院されました。

古いセラミックスを除去し 新しいセラミックスを装着しました。

何回か技工士さんと患者さんと打ち合わせて歯の形、歯に走っている線や色を合わせていきます。

歯の線は要らないとの患者さんのご要望だったので 今回は褐線が入ってないセラミックスを装着しました。

Img_3227Img_3261
Img_3263Img_3379

APF

2013年2月19日

前回のゴールドクラウンの症例には根先側移動術を行いました。

右下奥歯と奥歯の間に深い歯周ポケットがあるのと右下奥歯の歯の長さを確保するためです。

これにより右下奥歯の歯の長さと深い歯周ポケットは改善されます。

Img_5129Img_5132Img_5136_2

2013年2月18日

今回は右下奥歯にハイブリッドセラミックスをセットしました。

ハイブリッドセラミックスはセラミックスと呼ばれる陶材にレジンと呼ばれる樹脂の粒子を混ぜて作っています。

長所は弾性を持っているため薄くても割れにくい

短所は樹脂を含んでいるので透明感に難あり

になります。

Img_1290
Img_1291Img_1292_2

2013年2月16日

今日ようやくゴールドクラウンセットになりました。

右下奥歯は深い歯周ポケットになっていた為歯周病の手術もしたので型取りまでの期間が長くなり1年近くかかってしまいました。

どうしても深い歯周ポケットが存在する中に歯石が溜まり歯を支える骨を溶かし歯がグラグラになってしまうので歯周ポケットは除去しないといけません。

それには外科手術をするのですが 手術にはポケット除去して浅くする手術と骨を増やしてポケットを浅くする手術の2種類あります。

それぞれ適応症があるので症例により使い分けています。

今回はポケットを除去して浅くする手術を行いました。

Img_1204_7

1 27 28 29 30 31 32 33