症例ブログ|曙橋で歯科・歯医者をお探しの方は【デンタルオフィス新宿】まで



MAIL:kmtcq139@ybb.ne.jp

海外の方もお気軽にお越しください
〒162-0065
新宿区住吉町5-1 吉村ビル1階
  • 曙橋・デンタルオフィス新宿・電話
  • 曙橋・デンタルオフィス新宿・メニュー
  • アーカイブ

  • カテゴリー

2021年3月7日

今日は左下奥歯にセラミックスの詰め物をセットしました。

 

患者さんは左下奥歯が染みる とのことでご来院されました。

 

レントゲンをお撮りし お口の中を診ると 左下の奥歯の頭の噛み合う部分のプラスチックが欠けて 中が虫歯になっていました。

古いプラスチックは お口の中の細菌を含むので 一度全部綺麗に取り除き 虫歯も完全に取り除く必要があります。

 

患者さんに 治療内容をご説明し同意を得て治療を行っていきます。

 

まず拡大鏡を使用しながら古いプラスチックと虫歯を取り除きます。

拡大鏡を使用すると 肉眼とは違い虫歯の取り残しの心配はありません。

またプラスチックは歯と同じ色を詰めるので どこまでが歯かプラスチックかが分かりにくいのです。

 

そして その日は殺菌作用のあるセメントを詰めて終了です。

こうすることにより目では見えない虫歯菌も殺菌消毒して綺麗になります。

 

次のご予約で 歯に痛みが無いかどうかを確認し 痛みや染みる感じが無ければ型取りを行っていきます。

今回はハイブリッドセラミックス と言って プラスチックとセラミックス(ガラスの粒子)を混ぜ合わせている詰め物を作りました。

 

ハイブリッドセラミックスの良さは 詰める部分が小さくて形が複雑でも 精度の良いピタッとはまる詰め物が作れます。

オールセラミックスは 陶器のお皿のようなもので 多少詰め物の大きさが必要だったり 削った角が少しでも尖っていたりすると 歯にはまらなったりします。

詰め物の大きさが小さい部分には適応症となります。

 

またプラスチックは硬さが弱く奥歯の噛み合う部分に詰めると割れてしまいます。

プラスチックは耐用年数が1年くらいと短いですが ハイブリッドセラミックスは8年と長いのです。

 

 

それでは症例です。

 

白い詰め物、虫歯、歯が染みる などのご相談なら

新宿区曙橋の歯医者さんデンタルオフィスまで

 

診療時間は

月曜から土曜まで 10時から19時まで

日曜は 10時から13時まで

祝日は 10時から17時まで

ご予約の方優先となります。

 

電話番号は0333414621

mailでのお問い合わせはkmtcq139@ybb.ne.jp

となります。

2021年3月6日

今日は右下奥歯の根の治療を終えた歯にファイバーコア(グラスファイバー製)のセットしました。

 

患者さんは右下奥歯の歯が痛む との事で来院されました。

 

レントゲンをお撮りし お口の中を診ると 右下奥歯にブリッジ(被せ物がいくつも繋がっている物)が装着されており被せ物がされている頬側の歯肉が腫れていました。

 

手前の小臼歯と呼ばれる歯には金属の土台が装着されていましたが レントゲンで確認すると根が折れていました。

 

幸い奥歯の土台は無事な状態でしたが 根の先端に膿の影があるので 根の再治療をご説明し 同意を得て治療を開始していきます。

 

金属の土台は根の治療をした後に 歯に付けるのですが 歯にくっ付けるセメントが劣化しやすいのです。

特に保険の銀歯だと 出来上がりの精度が悪いので 歯との間に隙間が空きやすく その隙間はセメントが埋めてくれますが そのうちセメントが溶けてしまい 隙間が空いてしまいます。

その隙間から中に虫歯が広がり 根の先まで感染して膿の影を作ります。

 

また金属製の土台は硬すぎるので 歯に噛む力がかかると 根が折れてしまいます。

グラスファイバー製の土台を使用すると歯と同じくらいの弾力性を持ち硬さもあり ガラス製の土台になるので金属のように黒く変色してくることもありません。

 

まず歯に金属の土台がセットされているので専用の機械で慎重に取り除いていきます。

こういう細かい作業は肉眼で治療を行うと余計な部分を削ったり 歯に無理な力がかかり 根が折れたりしてしまいます。

 

当院では拡大鏡を使用して治療を行っているので 安全に歯を傷つけずに行えます。

金属の土台を取り除いて根の再治療を行ったら 次にグラスファイバー製の土台をセットする治療を行います。

 

歯に付ける際にもセラミックス用のセメントを使用して 歯の細胞の間に入り込むような特殊なセメントを使用しているのでピッタリ付きます。

 

歯は再治療をしていくたびに 削られて そのうち抜歯になってしまいます。

なるべく再治療の無い材料と治療方法を選択した方が良いでしょう。

 

それでは症例です。

歯が痛む、歯肉が腫れた などのご相談なら

新宿区曙橋の歯医者さんデンタルオフィスまで

 

診療時間は

月曜から土曜まで 10時から19時まで

日曜は 10時から13時まで

祝日は 10時から17時まで

ご予約の方優先となります。

 

電話番号は0333414621

mailでのお問い合わせはkmtcq139@ybb.ne.jp

となります。

2021年3月5日

今日は左下小臼歯部にオールセラミックスインレー(詰め物)のセットを行いました。

 

患者さんは左下奥歯の詰め物が取れた との事でご来院されました。

 

レントゲンをお撮りしお口の中を診ると 左下小臼歯部に黒く虫歯が広がっていました。

 

虫歯の状態をご説明し 新しく詰め物を作り直す事を話し 同意を得て治療を開始していきます。

 

取れたものをお持ちで 銀の金属の詰め物でした。

まず取れた物を再度付ける ことはあまりお勧めしません。

取れた物は必ず歯との隙間が空いて取れているので 一見歯にピタッとはまるようでも隙間が空いているのです。

早い方で当日に取れた なんてこともあるので必ず取れた詰め物や被せ物物は 新しく作り変えた方が良いでしょう。

 

銀の金属は保険で使用される材料ですが パラジウムを主成分にしており 硬さが歯よりもすごく硬いので使っていくと歯との間に段差が生じてきます。

そしてその段差にガチっと噛み合わせなどが当たり金属の詰め物が取れてしまいます。

 

また金属の詰め物を付ける際に使用するセメントは歯にくっつく力がそんなに無いので劣化しやすく セメントが溶けて無くなってしまい それも取れる原因にもなります。

 

 

セラミックスは歯よりも若干硬い程度なので それほど段差は生じません。

定期健診の際に少し調整する程度で済みます。

 

また今回使用するような ガラスの粒子のみで作られているオールセラミックスの詰め物なら水分を含まないので 色も変色したりはしません。

 

セラミックスに使用するセメントは歯の細胞の間に入り込むような特殊なセメントを使用しているので隙間から虫歯になる心配もありません。

 

歯は再治療を行っていくたびに 段々と削られてしまいます。

 

セラミックスを使用すれば再治療の回数もなくなるので 虫歯の治療の際にはセラミックス治療をされた方が良いでしょう。

 

それでは症例です。

詰め物が取れた、白い詰め物を入れたい とのご相談なら

新宿区曙橋の歯医者さんデンタルオフィスまで

診療時間は

月曜から土曜まで 10時から19時まで

日曜は 10時から13時まで

祝日は 10時から17時まで

ご予約の方優先となります。

電話番号は0333414621

mailでのお問い合わせはkmtcq139@ybb.ne.jp

となります。

2021年3月3日

今日は前歯にハイブリッドセラミックスを詰める治療をしました。

 

患者さんは前歯の色が黄色い との事でご来院されました。

 

レントゲンをお撮りしお口の中を診ると 前歯に白いプラスチックの詰め物をされており それが黄色く変色を起こしていました。

 

変色の原因は 食生活や生活習慣によることが多いです。

カレー、コーヒー、タバコなどが主なものです。

 

前歯の治療を行う際には まずホワイトニング(歯の漂白)で歯を白くすることをお勧めします。

歯が白くなることにより見た目の雰囲気が大分変るのと 詰め物や被せ物をする際に 色が合わせやすくなります。

 

患者さんに状態と治療方法をご説明し同意を得てホワイトニングから開始していきます。

 

ホワイトニング終了後に白い詰め物の治療を行っていきます。

 

通常保険で使用する白いプラスチックの詰め物の耐久性は2~3年と言われています。

プラスチックは水分を含む性質があるのと歯よりも柔らかいので削れやすいのです。

またプラスチックを通して細菌も浸透するので 知らないうちに中が虫歯になったりもします。

 

変色したプラスチックを再治療しようとすると 歯にくっついていた部分は虫歯に感染しているので 削る範囲は段々と広がってきます。

そして そのうち被せ物になってしまうのです。

 

今回使用する白い詰め物は ハイブリッドセラミックスと言って セラミックス(ガラスの粒子)をプラスチックに混ぜているものです。

当院ではこの材料を詰め物の際には使用します。

プラスチックのみの材料と違い セラミックスを混ぜることにより 硬さが増し水分を含む事がありません。

また表面のピカピカする感じも 定期健診の際にセラミックス専用の道具で磨くと ピカピカになるので永久的に使用出来ます。

 

前歯の詰め物にはハイブリッドセラミックスを選択させることをお勧めします。

 

それでは症例です。

 

白い詰め物、白い被せ物、歯の色のご相談なら

新宿区曙橋の歯医者さんデンタルオフィスまで

 

診療時間は

月曜から土曜まで 10時から19時まで

日曜は 10時から13時まで

祝日は 10時から17時まで

ご予約の方優先となります。

 

電話番号は0333414621

mailでのお問い合わせはkmtcq139@ybb.ne.jp

となります。

2021年3月2日

今日は前歯のホワイトニング(歯の漂白)を行いました。

 

患者さんは前歯の色を白くしたい との事でご来院されました。

 

レントゲンをお撮りしお口の中を診ると 前歯に被せ物がしてあり両隣の歯は天然の歯でした。

 

歯のホワイトニングは被せ物もには効きにくいですが 若干変色している場合などもあるのでホワイトニングを行った方が良いと思います。

今回は被せ物を含めてホワイトニングで歯の色を白く出来ると診断し 患者さんにご説明し同意を得てホワイトニングを行っていきます。

 

今回行うホワイトニングはオフィスホワイトニング と言って歯の表面にホワイトニング剤を塗り 特殊な光を当てて 白く染めていくやり方です。

これとは別にホームホワイトニングと言って マスピースを使用してご自宅でホワイトニングを行う方法がホームホワイトニング と言います。

 

オフィスホワイトニングの利点はクリニック内でホワイトニングを終了出来るのでクリーニングもついでに行える事です。

デメリットとしては白さの調節が出来ないのでご自分でこのくらいの白さで と決められている方は難しいのです。

 

ホワイトニングは特に前歯の治療を行う際には詰め物、被せ物に関わらず行った方が良いと思います。

ホワイトニングを行うと 下地の色が白くなるので詰め物や被せ物の色が合させやすくなります。

 

オフィスホワイトニングは1回のみだと 色の後戻りがすぐに起きてしまうので2回はやられた方が色の持続力が増します。

また歯の白さを継続させる為に ホワイトニングは半年に一度は行って下さい。

 

それでは症例です。

 

歯を白くしたい、歯の色が気になる とのご相談なら

新宿区曙橋の歯医者さんデンタルオフィスまで

 

診療時間は

月曜から土曜まで 10時から19時まで

日曜は 10時から13時まで

祝日は 10時から17時まで

ご予約の方優先となります。

 

電話番号は0333414621

mailでのお問い合わせはkmtcq139@ybb.ne.jp

となります。

2021年3月1日

今日はインプラントのメンテナンスを行いました。

 

患者さんはインプラントの被せ物が揺れる との事でご来院されました。

 

レントゲンをお撮りしお口の中を診ると インプラントは問題ありませんが 被せ物とインプラントを接続しているネジが緩んでいる事が確認出来ました。

 

被せ物がカタついていても痛みは無いのですが 中の小さいネジが破折してしまうことがあります。

中のネジを取り除くのはかなり難しいので インプラントが揺れているかな?と感じたら早めに診察される事をお勧めします。

 

患者さんにご説明し同意を得て治療を開始していきます。

 

被せ物の中のネジを締め直し ネジ穴の部分をセラミックスを含んでいる詰め物で蓋をします。

通常の保険の材料だと水分を含んですぐに劣化してしまい 中に汚れが入ってしまうので 蓋に使う材質も重要です。

 

 

インプラントは骨に直接チタン製のネジがくっつく状態にあります。

普通の天然の歯だと 歯の根と骨との間には歯根膜という靭帯があり若干歯が動く性質を持つのは この靭帯のおかげです。

 

インプラントは通常の歯と違い位置が動くことはありません。

 

通常の歯だと汚れが溜まり歯周病に進行すると歯が動いてなるべく過剰な力を逃がそうとします。

しかし インプラントの場合は汚れが溜まってもその位置から動かないので過剰な力がかかり すぐに感染してポロっと取れてしまいます。

 

インプラントは見た目が骨にガッチリとついているようでも案外通常の歯よりもデリケートなのです。

なので定期的にインプラントのメンテナンスは必要であり ネジの緩みと汚れのクリーニングを行わなければなりません。

 

 

インプラントのネジ穴の調整は 肉眼では確認することが出来ません。

もし中のネジを無理に取ろうとして傷をつけたりするとネジ穴が壊れてしまい 二度とネジが締められなくなります。

当院では拡大鏡を使用してますので暗くて小さいネジ穴の中の状態も確認出来ます。

 

それでは症例です。

歯が揺れる、インプラントが揺れる などのご相談なら

新宿区曙橋の歯医者さんデンタルオフィスまで

診療時間は

月曜から土曜まで 10時から19時まで

日曜は 10時から13時まで

祝日は 10時から17時まで

ご予約の方優先となります。

電話番号は0333414621

mailでのお問い合わせはkmtcq139@ybb.ne.jp

となります。

2021年2月27日

今日は右下奥歯の根の治療が終了した歯にファイバーコアをセットしました。

 

患者さんは 右下の被せ物の歯肉が腫れた との事でご来院されました。

 

レントゲンをお撮りし右下奥歯を診ると 金属の被せ物がある歯の根の先端に膿の影があるのと 金属の土台が中に入ってるのが確認できました。

根の治療は神経管の中を消毒して綺麗にする治療ですが 金属の被せ物や金属の土台が付けてあると隙間が空きやすく そこから虫歯が広がってきます。

 

セラミックス製の土台や被せ物だとピタッと歯にくっつくので虫歯の再発を抑えることが出来ます。

 

患者さんに根の再治療の必要をご説明し同意を得て被せ物を外して根の再治療を行うことになりました。

根の再治療を行う際は 歯が薄い場合は歯が割れてしまう危険性もあるので金属を外すかどうかはよく歯科医師とご相談下さい。

 

今回は無事に金属を外し根の再治療まで終了して 歯にグラスファイバー製の土台をセットしていきます。

グラスファイバー製の土台はファイバーコアと呼びます。

 

このファイバーコアの利点は 歯と同じくらいの硬さと弾性を持ち 歯に受ける衝撃を緩和させる作用があります。

 

神経を取る治療を行うと歯は枯れ木のような状態になるので折れやすくなります。

また神経の治療や再治療を行うと残りの歯はかなり薄くなります。

 

これは歯の中に金属の釘を入れてトンカチで叩くような状態になります。

 

歯を失う原因のほとんどは この歯の破折による と言われているくらい多いのです。

歯を長持ちさせるには土台にはファイバーコアを付けた方が良いでしょう。

 

当院では拡大鏡を使用して治療をしていますので 金属の被せ物や土台を外す際、根の治療をする際には精密な治療が可能です。

肉眼での治療では 金属を除去する際に歯に余計な力がかかり 歯が折れてしまいます。

折れた歯は抜歯になってしまいます。

 

これからの歯科治療には拡大治療が必須になります。

 

それでは症例です。

歯の破折、被せ物が痛い、歯肉が腫れている のご相談なら

新宿区曙橋の歯医者さんデンタルオフィスまで

 

診療時間は

月曜から土曜まで 10時から19時まで

日曜は 10時から13時まで

祝日は 10時から17時まで

ご予約の方優先となります。

 

電話番号は0333414621

mailでのお問い合わせはkmtcq139@ybb.ne.jp

となります。

 

2021年2月25日

今日は前歯の治療予定の患者さんにホワイトニングを行いました。

 

ホワイトニング とは 歯を白くする 歯の漂白のような治療になります。

クリニック内で行うオフィスホワイトニングとご自宅で行うホームホワイトニングがありますのでどちらにされるかは今のお口の状態やご希望の白さにより決めていきます。

 

患者さんは 前歯の色が気になる との事でご来院されました。

 

レントゲンをお撮りしお口の中を診ると 所々に古いプラスチックが詰まっており変色を起こして前歯自体の色も黄色がかっていました。

 

前歯の治療を行う際は まずホワイトニングをされる事をお勧めします。

歯が白くなると だいぶ印象が変わってくるのと 治療の際に下地の色が白くなっていると セラミックスなどの色が綺麗に合わせやすいのです。

 

患者さんにご説明し同意を得て治療を行っていきます。

 

まず歯の表面を軽くクリーニングして汚れを取ります。

こうすることにより ホワイトニング剤の歯への浸透効果が高まります。

 

そして歯の表面にホワイトニング剤を塗りますが 薬剤の量と 薬を塗る範囲 薬の厚み 薬の濃度 が大事になります。

ホワイトニングも適切な薬剤を使用して 適切なテクニックで塗ると 歯を白くする効き目もずいぶんと違ってきます。

 

次に歯の表面に塗った薬剤に特殊な光を当てて歯を白くしていきます。

この作業を3回ほど繰り返します。

 

施術時間は40分程度かかりますので ホワイトニング希望の方は その旨を受付にお伝え下さい。

 

それでは症例です。

 

歯を白くしたい、歯の色が気になる、歯のホワイトニングに興味あるというご相談なら

新宿区曙橋の歯医者さんデンタルオフィスまで

 

診療時間は

月曜から土曜まで 10時から19時まで

日曜は 10時から13時まで

祝日は 10時から17時まで

ご予約の方優先となります。

 

電話番号は0333414621

mailでのお問い合わせはkmtcq139@ybb.ne.jp

となります。

2021年2月24日

今日は右上の小臼歯部にオールセラミックスの詰め物をセットしました。

 

患者さんは右上の歯に虫歯がある との事でご来院されました。

 

レントゲンをお撮りしお口の中を診ると 金属の詰め物の下に黒く虫歯が広がっていました。

 

金属の詰め物は凄く硬く また精度も悪いので 歯との間にどうしても隙間が空いていしまいます。

 

その隙間は歯に付ける際に使用するセメントが埋めてくれますが セメントも そのうち段々と溶けて無くなってしまいます。

 

その隙間に汚れが入りこみ虫歯が発生する事が多いのです。

 

また 歯と金属の硬さの違いで段差が生じてしまい 噛んだ時の衝撃で詰め物が外れてしまったりします。

 

今回使用するオールセラミックスは歯よりも若干硬い材料ですが 嚙み合わせの調整がしやすく セメントも歯の細胞の中に溶けこむ性質があるのでガッチリと歯に付きます。

 

オールセラミックスはガラスの材料のみで出来ている為 色も変化しなく定期健診の際に噛み合わせの調整などを行えば永久的に長持ちします。

 

セラミックスは陶器のお皿のようなものを 型枠にピタッと隙間なくはめるようなイメージです。

 

その為 少しでも形が凸凹していると隙間が空いてしまい 削りと型取りが凄く難しいのです。

 

この作業をお口の中の暗くて見えずらい環境で肉眼で行うのはまず不可能です。

 

当院ではセラミックス治療には拡大鏡を使用して治療します。

 

その為歯にピタッとはまるセラミックス治療が可能です。

 

それでは症例です。

虫歯、セラミックス治療のご相談なら

新宿区曙橋の歯医者さんデンタルオフィスまで

 

診療時間は

月曜から土曜まで 10時から19時まで

日曜は 10時から13時まで

祝日は 10時から17時まで

ご予約の方優先となります。

 

電話番号は0333414621

mailでのお問い合わせはkmtcq139@ybb.ne.jp

となります。

2021年2月22日

今日はホワイトニング(歯の漂白)を行いました。

 

患者さんは前歯の色が気になるとの事でご来院されました。

歯の色を確認すると 少し黄色がかっている感じがします。

 

患者さんにホワイトニングの説明をし同意を得て治療していくことにしました。

 

歯の色は最初は白い色をしてますが 食べ物の色を吸い取り段々と黄色くなってきます。

特にコーヒー、赤ワイン、カレーなどの色が強い物を好んで食べると歯の黄ばみも強くなります。

歯の色を削らずに白くする方法として歯の漂白 ホワイトニングがあります。

 

今回使用するホワイトニングはクリニック内で行うオフィスホワイトニングと言う方法です。

 

歯の表面の汚れをクリーニングした後に過酸化水素水と呼ばれる薬剤を塗ります。

過酸化水素水は強い薬なので皮膚に付くと火傷をしてしまいます。

その為 通常の歯科医院だと犬歯と呼ばれる3番目の歯までをホワイトニングするのがが一般的です。

当院ではお口を広げる器具などをホワイトニング専用の物を用いるので小臼歯と呼ばれる5番目の歯まで染める事が可能です。

人間は笑った時に5番目の歯まで見えるのでここまで染める範囲も大事です。

 

そしてホワイトニング剤に特殊な光を当てて歯の中の黄ばみの元となる着色物質を分解します。

歯の表面の薬剤を3回ほど塗りなおします。

ホワイトニング後は表面にまた着色が付かないようにフッ素入りのペーストで歯の表面をツルツルに磨いて終了します。

 

施術時間は40分ほどと長い時間かかりますので ご予約の際は受付にホワイトニング希望とお伝え下さい。

 

あと歯肉の色が黒ずんでいて気になる方はガムピーリングと言って歯肉を綺麗なピンク色にする方法があります。

よくおタバコを吸われている方だと歯肉が黒くなっている場合が多いです。

 

歯のホワイトニングだけだと 笑った時に歯肉の黒ずみが目立つので一緒にガムピーリングをされる事をお勧めします。

 

それでは症例です。

歯を白くしたい、歯の色が気になる、ホワイトニングのご相談なら

新宿区曙橋の歯医者さんデンタルオフィスまで

 

診療時間は

月曜から土曜まで 10時から19時まで

日曜は 10時から13時まで

祝日は 10時から17時まで

ご予約の方優先となります。

 

電話番号は0333414621

mailでのお問い合わせはkmtcq139@ybb.ne.jp

となります。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 60