症例ブログ|曙橋で歯科・歯医者をお探しの方は【デンタルオフィス新宿】まで



MAIL:kmtcq139@ybb.ne.jp

海外の方もお気軽にお越しください
〒162-0065
新宿区住吉町5-1 吉村ビル1階
  • 曙橋・デンタルオフィス新宿・電話
  • 曙橋・デンタルオフィス新宿・メニュー
  • アーカイブ

  • カテゴリー

2020年4月24日

今日は破折している奥歯の抜歯を行い抜歯窩に人工骨填入と歯肉移植を行うという高度な手術を行いました。

 

この歯は既に神経を取る治療をされており中にプラスチックの土台が入っていました。

 

プラスチックの土台は保険内で出来る土台ですが 耐久性が弱く 歯と土台の接着部分が剥がれやすいです。

今回は奥歯も被せ物がない状態で この歯に力がかかり土台が根から外れて 根の方が破折してしまったと思われます。

 

歯肉が腫れて膿も持っている状態でしたので即抜歯を行いました。

膿を持っている場合は 周りの骨がどんどん溶けていくのでなるべく早く抜歯した方が良いでしょう。

 

骨が温存されていれば 後でインプラント治療をされる際に大掛かりな骨の移植の手術が必要なくなります。

 

抜歯と歯肉移植の手順は

1.消毒、麻酔

2.歯根の切断分割(なるべく骨に負担をかけない為)

3.抜歯(骨にあまり圧力をかけないように)

4.移植片の採取

5.縫合(人工骨+歯肉移植)

です。

 

人間の頬側の骨は凄く薄く出来ておりちょっとした力で凹んでしまいます。

乱暴に抜歯しないで なるべく頬側の骨に力を入れないで特殊な器具を用いて慎重に抜歯します。

 

抜歯窩には骨が良く再生するように人工骨を入れて上には歯肉移植をして蓋をしています。

歯肉移植のテクニックは誰でも出来るわけではなく高度な歯周病の手術のテクニックになります。

また拡大鏡を使用する事により 移植片の採取や移植片の固定など手術範囲も最小限で済みます。

 

当院ではインプラント治療と歯周病治療を専門に行っているのでこういう手術も可能になります。

 

それでは症例です。

抜歯、インプラント治療のご相談なら

新宿区曙橋の歯医者さんデンタルオフィス新宿まで

診療時間は

月曜から土曜まで 10時から19時まで

祝日は 10時から17時まで

日曜は 10時から13時まで

予約制となります。

電話番号は0333414621

mailでのお問い合わせはkmtcq139@ybb.ne.jp

となります。

 

 

2020年4月23日

今日は矯正治療とインプラント治療のカウンセリングを行いました。

 

お顔の横向きのレントゲンは矯正治療の際に必要になります。

 

子供の場合は顎の骨の成長予想に用います。

大人の場合は歯を抜く必要があるかどうかを診断するのに必要です。

当院ではインプラント治療を行う際にもこの矯正治療のレントゲンを使用します。

 

インプラント治療を受けられる患者さんの殆どは奥歯を虫歯や歯周病で失ってしまっています。

 

奥歯の役割は下顎の高さを支える役目をしています。

 

上の頭蓋骨と下顎骨は筋肉でつながっているだけで下顎は自由な位置に動く事が出来ます。

では下顎骨が食事をする際にいつも所定の位置に固定されるのはなぜか?

それは上顎と下顎にある奥歯の歯の溝と山の部分ががっちり咬み合う事により奥歯が固定されるからです。

 

奥歯を失って そのままになっていたり 入れ歯を入れられている方奥歯が正しい位置からずれてしまっている場合が多いです。

そのずれてしまっている状態でどこにインプラント治療をすれば良いのか?

お顔の横向きのレントゲンを撮ると今の下顎と上顎の位置や下顎の高さが分かります。

 

もし下顎を正しい位置に戻して インプラントを入れる位置も正しくないと インプラントに過大な力がかかってしまい壊れてしまいます。

またインプラント以外の天然の歯が インプラントを入れた後に前倒しになってきて出っ歯になってしまいます。

 

それでは症例です。

矯正治療、インプラント治療のご相談なら

新宿区曙橋の歯医者さんデンタルオフィス新宿まで

 

診療時間は

月曜から土曜まで 10時から19時まで

祝日は 10時から17時まで

日曜は 10時から13時まで

予約制となります。

 

電話番号033346214621

mailでのお問い合わせはkmtcq139@ybb.ne.jp

となります。

 

 

 

2020年4月22日

今日はマウスピース矯正のチェックを行いました。

 

当院では数ある装置の中でも最新のマウスピース矯正装置を扱っており 小児の矯正治療にも取り入れています。

今までは子供の矯正治療は 入れ歯のような顎を広げる装置やワイヤー矯正を行いました。

医療技術の進歩で子供の矯正治療にもマウスピース矯正が出来るようになりました。

子供の場合は 矯正装置をお口の中に入れるのはかなり精神的に負担です。

中には大人になってから歯医者さんに行くのが嫌になってしまう方までいます。

マウスピース矯正は 個人に合った歯型を作成し はめるだけで歯並びや顎の成長が良くなります。

 

当院ではほとんどの方がマウスピース矯正を行っており 歯周病で歯並びが乱れてしまった方にも使用しています。

またインプラント治療をされる前に 歯並びを綺麗にしてからインプラント治療をされた方がお口の中の健康が保たれます。

 

マウスピース矯正は最近の治療ではなく10年以上前から始められていた治療方法になります。

 

マウスピース矯正の流れとしては

1.診断(レントゲン、歯型を取る、お口の写真、お顔の写真)

2.マウスピース矯正用の歯型を取る

3.シュミレーション画像を確認してマウスピースの発注

4.マウスピースを着けてスタート

5.固定

 

当時のマウスピースに使用される材質があまり良くなく 動かない や はめると痛いなどの症状がありました。

今はマウスピースが凄く改善され ワイヤー矯正と比べても動くスピードに差は無く違和感もありません。

マウスピース矯正の良さは ご自身で取り外せるので 歯ブラシがしやすく虫歯や歯周病になる事がありません。

 

ワイヤー矯正だと ワイヤーが外れて頬に刺さって傷がついてしまったり 人から見て目立つので精神的な負担も大きいのです。

マウスピース矯正は ワイヤーを使用しないので 傷がつくなど危ないことはありません。

また人から見ても目立つことはないので 知らないうちに歯並びが治ったりします。

明るい気持ちで矯正治療が出来ます。

 

また最近コロナウィルスの流行で中々歯医者さんに行けない方にも朗報です。

マウスピース矯正だと軽い歯並びの改善の場合は1ヶ月に1度の来院でマウスピースの調整が済みます。

 

マスピース矯正の注意点としては以下になります。

使用時間は1日食事をされるとき以外は着けるようにして下さい。

マウスピースはお口の中にはめてると お口の中の虫歯菌や歯周病原菌がつくの専用の洗浄液を使用して消毒して下さい。

 

マウスピース矯正 大人 ¥1,210,000

マウスピース矯正 子供 ¥550,000

になります。

 

それでは症例です。

 

 

マウスピース矯正、目立たない矯正治療のご相談なら

新宿区曙橋の歯医者さんデンタルオフィス新宿まで

 

診療時間は

月曜から土曜まで 10時から19時まで

祝日は 10時から17時まで

日曜は 10時から13時まで

予約制となります。

 

電話番号は0333414621

mailでのお問い合わせはkmtcq139@ybb.ne.jp

となります。

 

2020年4月20日

今日は左下の親知らずの抜歯を行いました。

 

横向きに生えている親知らずは 切開剥離を行い 歯冠の切断と歯根の切断を行います。

かなり高度なテクニックが必要ですが 日常的にインプラント手術と歯周病の手術を行っているので安全に抜歯が可能です。

 

また手術の中でも難しいのが抜歯した後の縫合です。

誰でも傷口は綺麗に治りたいと思います。

手術の際には拡大鏡を使用して 特殊な小さい針と縫合糸を使用しているので術後の傷口が綺麗に治ります。

 

今の人間は 食べ物が柔らかくなり 顎が小さくなってきてるので 親知らずが生え切らずに手前の歯を押して歯並びを乱す原因になります。

親知らずのは一番奥歯になり 歯ブラシも届きにくい場所です。

特に横向きに生えている親知らずは 虫歯や歯周病の原因になります。

親知らずがもし虫歯になったら 抜歯される事をお勧めします。

親知らずは他の歯と違って奇形な歯です。

大きさが小さかったり大きかったり 根がいくつにも分かれていたり 根がクネクネ曲がっていたりします。

なので根や歯をカットして抜歯したり 少し歯肉を切開して抜歯する事が多いです。

 

歯科医院では口腔外科の標記がしてあれば抜歯は可能です。

当院は 一般歯科、小児歯科、口腔外科、矯正歯科を扱っていますのでご安心下さい。

手術を行い際には拡大鏡を使用してなるべく手術の範囲を最小限に抑えて抜歯をしています。

手術範囲を最小限に抑える事により 腫れや術後の出血、痛みを抑えます。

また抜歯した後の穴には テルプラグと呼ばれる 傷口の治りを良くするコラーゲンスポンジを詰めて縫合して止血します。

このテルプラグの作用により骨が再生するのです。

もし骨がうまく再生しなければ 手前の歯が虫歯や歯周病になってしまいます。

 

また矯正治療をしたい方や インプラント治療をされたい方はバイオスと呼ばれる人工骨を抜いた穴に詰めて処置をした方が良いです。

人間は頬側の骨が凄く薄く出来ています。

抜歯をすると必ず頬側の骨が凹んできます。

骨が凹むと矯正治療やインプラント治療が出来ません。

なので抜いた穴には人工骨を詰めて 上の部分にはテルプラグで蓋をされる 温存術という手術方法をよく用います。

 

親知らずの抜歯 1歯 ¥4400

バイオス 1歯 ¥11000

テルプラグ ¥5500

 

になります。

それでは症例です。

親知らずの抜歯のご相談なら

新宿区曙橋の歯医者さんデンタルオフィス新宿まで

診療時間は

月曜から土曜まで 10時から19時まで

祝日は 10時から17時まで

日曜は 10時から13時まで

予約制となります。

 

電話番号は0333414621

mailでのkmtcq139@ybb.ne.jp

となります。

2020年4月18日

今日はインプラント上部(被せ物)のチェックをしました。

 

左上の小臼歯部は根の治療をされてましたが 噛み合わせの力で根が割れてしまい やむなく抜歯になりました。

抜歯をする際に 歯槽挺温存術と呼ばれる 骨の形を温存させる特殊な手術方法を用いています。

こうする事によりインプラント手術をする際に最小限の手術範囲でインプラントを埋め込むことが可能になります。

 

インプラント治療をする場合 簡単な手術はまずありません。

なぜなら インプラント治療になる前の状態 抜歯になってしまう原因の多くが虫歯や歯周病によるものだからです。

なので インプラント治療をする場合は骨や歯肉を再生させる手術技術が必要になります。

 

骨を再生させる手術や皮膚を再生させる手術技術がないと 長持ちするインプラント治療は出来ない事になります。

当院では骨と歯肉を再生させる手術技術を習得しているので インプラント治療の際にはこれらのテクニックを使用しています。

 

歯を抜歯してからのインプラント治療の流れについては以下になります。

1.抜歯

2か月間傷口の治りを待ちます

2.インプラント埋入手術

インプラントが骨とくっつくまで3~6ヶ月待ちます

3.インプラントの頭出しの手術

インプラントの周りの歯肉が落ち着くまで1ヶ月待ちます

4.インプラントの被せ物の型取り

インプラントの被せ物が出来るまで2週間待ちます

5.インプラントの被せ物をセット

 

インプラント治療はすぐにインプラントが咬めるようになるのではなく 傷口の治るのを待つ期間や 骨や歯肉が再生してくるのを待つ期間が必要です。

長持ちし快適に咬めるインプラントをされる事をお勧めします。

 

それでは症例です。

 

 

 

インプラント治療、抜歯のご相談なら

新宿区曙橋の歯医者さんデンタルオフィス新宿まで

 

診療時間は

月曜から土曜まで 10時から19時まで

祝日は 10時から17時まで

日曜は 10時から13時まで

予約制となります。

 

電話番号は0333414621

mailでのお問い合わせはkmtcq139@ybb.ne.jp

となります。

 

2020年4月17日

今日は神経にまで虫歯が到達して やむをえず神経を抜く治療をした歯の治療の続きになります。

 

歯の穴が開いて虫歯が神経近くにまで到達しているのがレントゲンでも確認できます。

まずは虫歯を染める専用の染色液を使用して虫歯を取っていきます。

 

虫歯は黒くなっている部分のみを取り除くわけではなく 黒くなってなくても虫歯菌が感染している部分があります。

虫歯菌は本来目に見えないほど小さい細菌なので 虫歯専用の染色液を使用して虫歯を取りきっているとは言い難いのです。

既に神経にまで到達してしまって虫歯を取りきったと思いセメントを詰めても痛みが残ってしまう事があると思いますが それはこういう事です。

 

あと肉眼ではやはり取り残しがあるので拡大鏡は必須になります。

 

当院では全ての虫歯治療に専用の染色液と拡大鏡をしています。

 

虫歯を取っていくとかなり神経に近くなっていますが まだまだ染色液で染まってきます。

患者さんにご説明し神経を抜く治療に移ります。

 

神経を抜く治療は まず神経を固まらせる薬を詰めて神経をカチカチにします。

こうする事により 薬が血液の流れに乗り神経の隅々まで浸透します。

初日はこれでセメントで蓋をして処置を終了します。

 

次の来院時に固まった神経を消毒液で消毒し 虫歯で感染している残りの部分を専用の器具を使用して綺麗に取り除きます。

固まった神経を取り除いたら 神経管の中が空洞になるので そこに特殊なセメントを詰めて密封します。

神経の治療は 細菌が再び入り込むスペースを無くすのが成功のポイントです。

セメントも密封性のある特殊なセメントでないと再び細菌感染します。

 

根の治療に使用するセメント 1歯 ¥3300

 

昔に神経を抜く治療をして被せ物をした後に また腫れてきたりするのは 詰めてあるセメントに隙間があったり 神経管の消毒が足りなかったりするのが殆どの原因です。

治療中はなるべく神経の管の中に細菌が入りこまないように気を付けます。

治療中に神経の管の中に入る細菌も再発の原因になります。

 

そして神経管の中にセメントを詰めたら 次は土台を立てます。

 

残りの歯の部分が少ない場合の 自費治療での第一選択はグラスファイバーの土台になります。

保険の治療を選択されると金属の土台になります。

 

金属の土台の利点は安価な点と硬さになります。

欠点は 銀を含んでいるので歯を腐食させる作用があるのと 硬すぎるので歯に過剰な力がかかると歯が折れてしまう点になります。

今回はやむを得ず金属の土台を選択しました。

 

できれば土台はグラスファイバーの土台が歯と同じ硬さで折れる事も 腐食をすることも無いので こちらをお勧めします。

グラスファイバーの土台 1歯 ¥38500

になります。

 

治療方法もそうですが 歯科では人工物を身体の中に入れるのでなるべく身体に害のない材料を使用される事をお勧めします。

 

 

それでは症例です。

虫歯、根の治療のご相談なら

新宿区曙橋の歯医者さんデンタルオフィス新宿まで

 

診療時間は

月曜から土曜まで 10時から19時まで

祝日は 10時から17時まで

日曜は 10時から13時まで

予約制となります。

 

電話番号は0333414621

mailでのお問い合わせはkmtcq139@ybb.ne.jp

となります。

 

 

2020年4月17日

今日は歯肉から膿が出るとの事で歯周病の診断を行いました。

 

右上奥歯が痛みは無いが歯肉が腫れるのと膿が出るとのことでご来院されました。

 

レントゲンをお撮りして お口の中の診査をすると右上の6歳臼歯の頬側の歯肉がプクッと腫れて膿が出てきています。

こういう方はけっこういらっしゃいます。

 

痛みが無い場合はこのままで良いのか?歯周病では?とよく質問されます。

こういう場合歯の神経を抜く処置をされているので 1番に疑うのは歯の破折です。

歯は神経を抜くと弱くなります。

それを補うために被せ物にして硬さを強くします。

ただ咬む力が強い方だと被せ物にしても中身が割れてくることがあります。

 

今回は痛みはありません。

ではこのまま様子をみて良いのか?

 

膿は骨が細菌により破壊されて作られます。

膿が出ている部分をそのまま放置をすると どんどん周りの骨を溶かして広がり 隣の歯までダメにしてしまいます。

まずは膿が出ている原因を調べて その原因に対しての適切な処置をすべきです。

今回は右上奥歯に被せ物がされており膿が出ている状態でした。

 

歯周病ポケットの測定をすると一か所が10㎜くらいの深さで他は3㎜くらいでした。

こういう1か所がズドンと深く歯周ポケットになっている場合は歯が割れていることが多いです。

 

直接確認する為 歯に麻酔を施し注意深く被せ物を外します。

すると中で破折している線がはっきりと見えます。

 

こういう縦に割れている場合は 抜歯しか今のとこ治療方法がありません。

患者さんからしたら痛みは無いのに抜歯?という事になりますが 割れ目感染している最近はどんどんひどくなるので骨もどんどん溶かされます。

なので早めに抜く事をお話しました。

抜歯すれば原因となっている感染源は取り除かれるので膿も消えます。

早めに抜けば骨の再生もスムーズに進むので すぐにブリッジやインプラントを入れる事も可能です。

 

もしお口の中で膿が出ている部分がある方は早めに歯医者さんに行かれて診察される事をお勧めします。

 

それでは症例です。

 

抜歯、歯の破折、歯周病のご相談なら

新宿区曙橋の歯医者さんデンタルオフィス新宿まで

診療時間は

月曜から土曜まで 10時から19時まで

祝日は 10時から17時まで

日曜は 10時から13時まで

予約制となります。

電話番号は0333414621

mailでのお問い合わせはkmtcq139@ybb.ne.jp

となります。

2020年4月16日

今日は左下奥歯の虫歯治療を完了しました。

 

今回はハイブリッドセラミックスと呼ばれるプラスチックとセラミックスの混合物をセットしました。

ハイブリッドセラミックスの良さは歯と同じくらいの硬さを持っているので歯と同じに削れて 咬み合う歯を傷つけません。

 

左下奥歯は最初冷たいもので沁みる感じと食べた時の痛みがありました。

左下奥歯には銀の詰め物がされており その詰め物を外すと中で虫歯が広がっていました。

 

銀の詰め物は 歯と金属は硬さが違うのでどうしても金属と歯との間に段差が生じてそこから虫歯菌が侵入し中で虫歯が広がります。

今回は左下奥歯の虫歯治療が過去に同時期に行われたとのことで 患者さんにご説明し3つとも外して虫歯治療を行うことにしました。

 

当院ではすべての治療に拡大鏡を使用して 歯の余計な部分を傷つけないように 虫歯の取り残しがないように 手術を正確にするようにしています。

肉眼ではとても小さい歯の さらに小さい部分を正確に治療するのはまず不可能です。

歯科の治療には 拡大視野での精密治療が必要だと言えます。

 

まず歯に麻酔を施し金属の詰め物を歯を傷つけないように慎重に外していきます。

金属の下に虫歯が広がっているのを確認し 専用の機械を使用して取り残しがないようにします。

神経の近くの虫歯を取り除く場合 タービンのように回転する機械を使用すると後で痛みが生じます。

神経の近くの虫歯は 小さいスプーンの形をしている器具で丁寧に取り除きます。

一見時間がかかるようですが 虫歯も硬さにより こちらの方がスピードが速い場合もあるので要所要所で器具を選択します。

虫歯を取りきった後は 神経の近くまで進行している部分には殺菌作用と神経を保護する作用のあるお薬を塗り 当日は処置を終了します。

 

次回の来院時に痛みが無いことを確認しプラスチックの型取りをします。

今回は虫歯がかなり深かったので3つとも詰め物の型取りをしています。

直接お口の中で詰めるタイプと技工士さんに作成してもらうタイプがありますが 技工士さんに作成してもらった方が硬い物が仕上がります。

あとは技工士さんの作成してもらう詰め物の方が歯と歯の間の適正なキツさを正確に調整できるというメリットがあります。

詰め物の削りや型取り、出来上がった詰め物のはまり具合を拡大鏡で不備が無いかどうかをチェックしていきます。

 

3回目の来院時に出来上がった詰め物を歯にセラミックスを付ける専用のセメントでセットして終了します。

セラミックス専用のセメントは凄く硬いのが特徴です。

もしセメントが柔らかいと セメントと詰め物の間に段差が生じて虫歯が出来たり 詰め物が外れたりします。

セメントはなるべく硬いものを選択した方が良いと思います。

 

写真を見ると白い詰め物がピタッとしているのが確認できます。

肉眼での治療ではこういう詰め物を詰めるのはまず不可能です。

 

プラスチックインレー(ハイブリッドタイプ) 1個 ¥38500

になります。

 

それでは症例です。

虫歯、精密治療、セラミックス治療のご相談なら

新宿区曙橋の歯医者さんデンタルオフィス新宿まで

 

診療時間は

月曜から土曜まで 10時から19時まで

祝日は 10時から17時まで

日曜は 10時から13時まで

予約制となります。

 

電話番号は0333414621

mailでのお問い合わせはkmtcq139@ybb.ne.jp

となります。

 

2020年4月15日

今日は左下奥歯の虫歯治療を行い そこにハイブリッドセラミックスと呼ばれる特殊なプラスチックの詰め物をセットしました。

 

左下奥歯は食べ物を食べると痛みがあり 冷たい物でも沁みる感じが出ていました。

レントゲンをお撮りして金属の下に虫歯が広がっており 銀の詰め物を外して虫歯治療を行うことにしました。

 

まず歯に麻酔を施し銀の詰め物を外すと虫歯が広がっているのが確認できました。

虫歯を染める特殊な染色液を使用して 虫歯の取り残しが無いようにします。

こういう金属を歯から無傷に外したり 虫歯の取り残しがないように精密治療が出来るのは 拡大鏡を使用しているおかげです。

これからの歯科治療には拡大鏡が必須だと言えます。

 

虫歯が取りきったら神経に近い部分に水酸化カルシウムと呼ばれる抗菌作用と神経を保護する作用のある薬を塗ります。

このままプラスチックを詰めるとどうなるのか?

プラスチック自体には抗菌作用が無いので 染色液でも確認できないくらいの微細な細菌が残ってたら中で虫歯が広がって神経を抜く処置になってしまいます。

細かい処置ですが 虫歯の深さにより詰める材料を選択して詰めるのが今後トラブルの起きない治療にするコツです。

 

保険で扱う銀の金属の詰め物は 歯よりも硬く使用していくうちに歯と金属に段差が生じてきます。

歯がそこにガチっと引っかかると ポロっと金属の詰め物が外れてしまいます。

銀の詰め物が外れなかったにしても中のセメントが溶けて虫歯が広がりやすいです。

 

もし金属を使われる場合は 金の詰め物が良いと思います。

金は歯と同じくらいの硬さなので歯と同じようにすり減りますから段差が生じることが無く外れる心配はありません。

また銀の詰め物だと鉛など身体に良くないものが混じっているので金属アレルギーを起こします。

金の詰め物、被せ物には身体に害は無く金属アレルギーの心配もありません。

 

今回は患者さんとお話をして ハイブリッドタイプのプラスチック(プラスチックと陶材の混合物)を詰めていくことにしました。

通常のプラスチックは耐用年数が3年と言われています。

ハイブリッドタイプのプラスチックだと耐用年数が8年と言われています。

歯はやり直しの治療でどんどん削れていくので なるべくやり直しの無い治療方法や材料を選択された方が良いでしょう。

 

ハイブリットタイプのプラスチック 1歯 ¥38500

になります。

 

それでは症例です。

白い詰め物、虫歯治療のご相談なら

新宿区曙橋の歯医者さんデンタルオフィス新宿まで

 

診療時間は

月曜から土曜まで 10時から19時まで

祝日は 10時から17時まで

日曜は 10時から13時まで

予約制となります。

 

電話番号は0333414621

mailでのお問い合わせはkmtcq139@ybb.ne.jp

となります。

2020年4月14日

今日は右上にインプラント手術をされた患者さんの2次手術後の経過をみました。

インプラント周りに移植をした歯肉が大分なじんできました。

この歯肉が綺麗な状態になったら被せ物の型取りを行います。

 

インプラント治療を行うと一度骨を露出させて手術を行うためにインプラント周りの歯肉が失われてしまいます。

一度骨を露出させないとインプラント体と骨の間に皮膚が侵入して骨とインプラント体がくっつきません。

インプラント周りの歯肉が失ってしまうのは インプラント手術の性質上やむをえない事です。

 

下唇を引っ張って観察すると 歯の根元にあるピンク色の部分とその下は赤い部分があります。

このピンク色をしている歯の根元の硬い皮膚を歯肉と言います。

 

赤くブヨブヨしている皮膚の部分は粘膜と呼ばれます。

歯肉のような硬い部分があるおかげで人間は歯ブラシをしても痛くありませんし 細菌に抵抗するバリヤーの役目もしています。

 

もしインプラント周りの歯肉が失われたままの状態で被せ物を付けるとどうなるか?

歯ブラシをすると歯肉から血が出やすく痛くて磨けませんし 細菌感染してインプラントが抜けてしまいます。

 

今回はインプラント周りの皮膚が少なくなっていたので裏側の部分から表の方に歯肉をずらす手術(歯肉移植)をしています。

 

インプラント治療は 1次手術(インプラント埋入手術)2次手術(インプラントの頭出しの手術)があります。

 

インプラント治療の流れは以下になります。

 

1.インプラント1次手術(インプラント埋入手術)

3ヶ月から6か月待って

2.インプラント2次手術(インプラントの頭出しの手術)

1ヶ月待って

3.インプラント上部セット(インプラントの被せ物をセットします)

 

インプラント治療は上顎だと6ヶ月くらい下顎だと3ヶ月くらいの骨とインプラント体がくっつく期間が必要です。

最近のインプラントはこれより早い期間で治療終了するインプラント体も出てきましたが慎重に使用しているのが現状です。

 

インプラント体は一度骨に埋め込むと 矯正治療のように後で その位置から動かす事が出来ません。

なのでインプラント治療を行う際には全体の歯並びや虫歯、歯周病の検査が必要です。

 

インプラント治療、歯周病の精密検査 ¥33000

歯肉移植は 1歯 ¥44000

になります。

 

インプラント治療を希望される方は精密検査や歯肉移植をされて長持ちする治療をされることをお勧めします。

 

それでは症例です。

インプラント治療、歯肉移植のご相談なら

新宿区曙橋の歯医者さんデンタルオフィス新宿まで

診療時間は

月曜から土曜まで 10時から19時まで

祝日は 10時から17時まで

日曜は 10時から13時まで

予約制となります。

電話番号は0333414621

mailでのお問い合わせはkmtcq139@ybb.ne.jp

となります。

 

 

1 2 3 4 5 6 7 8 9 45