症例ブログ|曙橋で歯科・歯医者をお探しの方は【デンタルオフィス新宿】まで



MAIL:kmtcq139@ybb.ne.jp

海外の方もお気軽にお越しください
〒162-0065
新宿区住吉町5-1 吉村ビル1階
  • 曙橋・デンタルオフィス新宿・電話
  • 曙橋・デンタルオフィス新宿・メニュー
  • アーカイブ

  • カテゴリー

2020年12月25日

今日は左下奥歯2本にインプラント手術を行いました。

 

この左下奥歯は最初被せ物が外れており 虫歯が広がっている状態でした。

レントゲンの撮影でも骨の中にまで虫歯が広がっており状態で抜歯が必要と診断し患者さんに説明し同意を得て行っていきます。

 

このまま普通に抜歯を行うと骨にかなりのダメージを与えてしまい そうすると骨がかなり凹んでしまいます。

骨がかなり凹んでしなうと 後でインプラント治療をする際に大掛かりな骨を再生させる手術を必要とします。

そこで歯槽堤温存術と言う特殊な抜歯方法を用います。

歯槽堤温存術は

抜歯をする際になるべく骨にダメージを与えないように行い 抜歯窩にカルシウム剤とコラーゲンスポンジを詰めて縫合し元の骨の状態を保つ手術です。

当院では拡大鏡を使用して 抜歯窩の中の骨の状態を確認しながら手術を行うので こういう高度な手術も迅速に安全に行えます。

 

写真を見ると 抜歯をしたのは2カ月前ですが しっかりと歯槽骨のボリュームが保たれているのが分かります。

 

そのおかげで今回インプラント手術をする際には それほど大掛かりな手術にはならずに済みました。

 

インプラント手術は

骨に直径4mm長さ10mm程度のチタン製のネジを骨に埋め込み それが3カ月間かけて骨に付くのを待つ治療です。

そしてチタン製のネジが骨に付いた後 そのネジに被せ物をセットしてご自身の歯として噛めるようにします。

 

それでは症例です。

抜歯、インプラント治療のご相談なら

新宿区曙橋の歯医者さんデンタルオフィス新宿まで

 

診療時間は

月曜から土曜まで 10時~19時まで

日曜は 10時~13時まで

祝日は 10時~17時まで

ご予約の方優先となります。

 

電話番号は0333414621

mailでのお問い合わせはkmtcq139@ybb.ne.jp

となります。

2020年12月21日

今日は左上小臼歯の抜歯+歯槽堤温存術というアドバンスな手術を行いました。

 

患者さんは左上の歯が欠けた ということでご来院されました。

 

お口の中を診ると 被せ物が外れて虫歯が深くにまで進行し 保存不可能な状態でした。

抜歯のご説明をし 患者さんの同意を得て抜歯を行っていきます。

 

まず左上小臼歯の抜歯を行います。

人間の頬側の骨は凄く薄く出来ており 抜歯の際に無理な力をかけると破壊されて 骨と歯肉が凹んでしまいます。

骨と歯肉が凹んでしまうと インプラントは骨が無いので入れる事が出来なくなり、ブリッジを入れる場合は食事の際に物が詰まりやすくなります。

 

骨と歯肉の形を抜歯する前のボリュームある状態に温存するための手術方法が温存術になります。

 

手術方法は

骨にダメージを与えずに抜歯を行い 抜歯窩の中の歯根膜と呼ばれる靭帯を綺麗に取り除き 抜歯窩に再生を促す為の穴を開けます。

その抜歯窩には 人工骨と呼ばれるカルシウム剤と コラーゲンスポンジを詰めて緊密に縫合します。

こうすることにより骨の形が抜歯後も温存されます。

 

当院では外科や抜歯の際は必ず拡大鏡を使用して行います。

お口の中や特に抜歯窩の中などは暗く 根の周りに付いている靭帯なども肉眼では確認することは不可能です。

もし靭帯の取り残しなどがあると 骨がうまく再生せずに歯肉や骨の形も崩れてしまいます。

 

拡大鏡を使用すると 抜歯窩の中の靭帯の取り残しまで確認でき手術の精度が上がります。

また短時間での処置が可能であり 抜歯後の腫れや痛みも起きません。

 

歯医者の治療が苦手な方ほど拡大鏡を使用した治療をお勧めします。

 

それでは症例です。

抜歯のご相談なら

新宿区曙橋の歯医者さんデンタルオフィス新宿まで

 

診療時間は

月曜から土曜まで 10時から19時まで

日曜は 10時から13時まで

祝日は 10時から17時まで

ご予約の方優先となります。

 

電話番号は0333414621

mailでのお問い合わせはkmtcq139@ybb.ne.jp

となります。

2020年12月18日

今日は左下奥歯に被せ物を2つ同時にセットしました。

 

この歯は最初 被せ物と歯との間から虫歯菌が侵入し歯が痛くなり再治療を必要としていました。

元々神経を取る治療をされており 被せ物の中まで感染が起きていたので 一度被せ物を外して根の再治療を行います。

中で広がっている虫歯を取り除き 根の再治療を終えて プラスチック製の土台をセットしました。

 

また歯肉が赤く腫れており 歯周病にも侵されているので歯周病治療を行います。

歯肉の中にまで虫歯が広がっているので歯周病の手術を必要としましたが 今回は患者さんのご希望もあり行いませんでした。

その為外科手術をしないで歯周病のクリーニングで対応することにしました。

 

歯肉の腫れも治まったので被せ物を製作していきます。

被せ物の型取りをする際には なるべく歯肉が削る刃物で傷つかないように 保護しながら行います。

ここまでの作業は拡大鏡を使用して丁寧に治療します。

そして型取りをして金属の被せ物をセットします。

 

型取りの精度が良いのでキツさ、高さ共に問題ないのでセメントでセットします。

それでは症例です。

虫歯、歯周病のご相談なら

新宿区曙橋の歯医者さんデンタルオフィス新宿まで

診療時間は

月曜から土曜まで 10時から19時まで

日曜は 10時から13時まで

祝日は 10時から17時まで

ご予約の方優先となります。

電話番号は0333414621

mailでのお問い合わせはkmtcq139@ybb.ne.jp

となります。

2020年12月17日

今日は右下奥歯が虫歯になられて治療した方にハイブリッドセラミックスをセットしました。

ハイブリッドセラミックスはプラスチックとセラミックスを混ぜ合わせた材料になります。

特徴は歯を削る量が極力抑えられる点にあります。

セラミックスのみの材料だと 陶器のお皿のようなイメージなので 歯を削る際に丸みを帯びた形にしないと作れません。

その為 虫歯の範囲と深さが小さいと余計な歯の部分を削ります。

ハイブリッドセラミックスはプラスチックの性質も併せ持っているので角が尖っている形でも作ることが出来ます。

セラミックス治療には

オールセラミックス(セラミックスのみで製作する)

ハイブリッドセラミックス(プラスチックとセラミックスの混合物)

の2種類あります。

それぞれの歯の状態とかみ合わせ材料の特徴により治療方法を選択していきます。

それでは症例です。

虫歯、検診のご相談なら

新宿区曙橋の歯医者さんデンタルオフィス新宿まで

診療時間は

月曜から土曜まで 10時から19時まで

日曜は 10時から13時まで

祝日は 10時から17時まで

ご予約の方優先となります。

電話番号は0333414621

mailでのお問い合わせはkmtcq139@ybb.ne.jp

となります。

2020年11月17日

今日は左下の親知らずの埋伏抜歯を行いました。

 

今の現代人は顎が小さくなっている傾向にあるので親知らずがまっすぐ顎に生え切らずに横向きに生えてくる事が多いです。

 

横向きに生えている親知らずはそのままにしておいて良いのかどうか?

 

手前の歯に悪影響がある場合や歯並びに影響がある場合は早めに抜歯された方が良いでしょう。

 

ご年齢が若いうちに抜歯を行うと骨の再生能力が高いので歯周ポケットが残らず早く傷口も塞がります。

 

親知らずは歯ブラシが届きにくいので多くの場合 手前の歯も虫歯や歯周病になってしまいます。

 

親知らずがご本人様も知らないうちに虫歯になっている事が多いので 一度主治医の先生に抜く必要があるかどうか ご相談された方が良いでしょう。

 

埋伏抜歯の手順は

1.消毒、部分麻酔

2.切開剥離

3.歯冠の切断

4.歯根の抜歯

5.縫合

になります。

 

当院では歯肉の切開、剥離、縫合など それぞれの治療を拡大鏡を使用して精密に行うので安全に手術を行えます。

 

また抜歯した穴には傷口の治りを早くする作用があるコラーゲンスポンジを詰めて緊密に縫合します。

 

こうすることにより 出血も止まり痛みも軽くなります。

 

親知らずの抜歯の費用と治療回数は

1歯 ¥11000

コラーゲンスポンジ 1歯 ¥5500

治療回数2回

になります。

それでは症例です。

親知らずの抜歯のご相談なら

新宿区曙橋の歯医者さんデンタルオフィス新宿まで

診療時間は

月曜から土曜まで 10時から19時まで

日曜は 10時から13時まで

祝日は 10時から17時まで

予約制となります。

電話番号は03333414621

mailでのお問い合わせはkmtcq139@ybb.ne.jp

になります。

2020年11月13日

今日は右上大臼歯部に土台をセットし被せ物の型取りを行いました。

 

右上奥歯には金属の被せ物が入っており 銀合金という金属の土台が入って中も黒く虫歯になっていました。

 

金属を歯にセットする場合は必ずセメントを使用してセットします。

 

このセメントが何年かすると溶けだして無くなるので歯と金属の間に隙間が空きます。

 

そうして隙間に唾や食べ物が入り込みそこから虫歯が発生します。

 

また歯の神経を取る治療をされた場合は 保険の治療だと銀合金と呼ばれる金属の土台をセットします。

 

その銀合金も 銀を主成分としているため 銀が歯に溶け出してきて歯を腐らせてしまいます。

 

今の歯科治療ではなるべく金属を使用しないで プラスチックやセラミックスを使用します。

 

今回も金属の被せ物、金属の土台を取り除いて 虫歯を除去した後 土台にはセラミックス製の土台であるファイバーコアをセットしています。

 

この土台は歯に付ける際にセメントを使用しないで特殊な接着剤を使用するので隙間が空くことはありません。

 

またセラミックス製の土台は材料が溶けだす心配もありません。

 

セラミックス製の土台の費用と治療回数は

セラミックス製の土台 1歯 ¥33000

治療回数1回に

なります。

 

それでは症例です。

虫歯、歯周病のご相談なら

新宿区曙橋の歯医者さんデンタルオフィス新宿まで

診療時間は

月曜から土曜まで 10時から19時まで

祝日は 10時から17時まで

日曜は 10時から13時まで

予約制となります。

電話番号は0333414621

mailでのお問い合わせはkmtcq139@ybb.ne.jp

となります。

 

2020年11月11日

今日は前歯部の被せ物の治療の続きを行いました。

 

被せ物の型取りをする際には 圧排と言う操作をします。

これは直径0.5mm程度の 黒い細い糸を歯周ポケット内に挿入して型取りします。

 

この圧排と呼ばれる作業はやらないとやるのでは被せ物の型取りの精度に大きな差が生じます。

 

圧排糸を挿入しない場合は以下の事が起こりえます。

 

1.歯周ポケット内は絶えず体液(血液など)で満たされており この体液が型取りの材料を変形させる恐れがあります。

 

2.周ポケットはいつも歯にピタッと貼り付いているので 型取りの材料はうまく歯周ポケットの中に入りません。

 

これが 被せ物の精度の低下=被せ物がうまく歯にはまらない ことに繋がります。

 

 

圧排糸を挿入することにより 歯周ポケットからの出血も防げて歯と歯肉の境目がはっきり見える綺麗な型取りが出来ます。

 

またこの糸が歯をどこまで深く削れるかのガイドラインの役目もします。

 

被せ物を付ける際には歯肉と同じ高さで歯を削ると被せ物を付けた時に 被せ物の根元が見えてしまいます。

 

被せ物は若干深めに削ると セットした際に 自然な感じで綺麗に仕上がります。

 

ただし あまり深く歯を削りすぎると セットした後で 歯肉の中に食い込ので 歯肉が赤く腫れて出血もしてしまいます。

 

歯周ポケットに対して安全な太さにしてある糸を挿入することにより どの位置まで削れるか?の目安になります。

 

圧排する作業により安全に歯を削る事が出来 長持ちする被せ物もセットできます。

 

こういう作業は肉眼では不可能で 拡大鏡があって初めて可能となる治療です。

 

当院では全ての治療に拡大鏡を使用しているので安全に精密な治療が出来ます。

 

それでは症例です。

虫歯、歯周病のご相談なら

新宿区曙橋の歯医者さんデンタルオフィス新宿まで

診療時間は

月曜から土曜まで 10時から19時まで

日曜は 10時から13時まで

祝日は 10時から17時まで

予約制となります。

電話番号は0333414621

mailでのお問い合わせはkmtcq139@ybb.ne.jp

となります。

2020年11月10日

今日は次のご予約で患者さんにセットする予定のハイブリッドセラミックスインレーが届きました。

 

ハイブリッドセラミックスはプラスチックとセラミックス(ガラスの粒子)を混ぜて作っている材料になります。

 

利点としては

硬さがプラスチックより硬く セラミックスより柔らかく 歯と同じくらいの硬さなので噛み合う歯を傷つけないと言われています。

欠点としては

プラスチックの性質も持つため 水分を含んで劣化するので耐用年数が7~8年と言われています。

 

耐用年数を見るとオールセラミックス(ガラスの粒子のみで出来ている材料)に比べると劣る印象ですが ハイブリッドセラミックスの方が良い点もあります。

オールセラミックスは陶器のお皿のようなものなので 角が尖っていると詰め物がはまらなかったりします。

これは虫歯の大きさが小さいと余剰に歯を削らないとセット出来ないことになります。

 

ハイブリッドセラミックスはプラスチックも混ざっている分 小さくても角が尖っていても詰め物が作れます。

またハイブリッドセラミックスは型取りをしないで直接詰めれるタイプもあります。

直接詰めれるタイプは治療回数を減らすことが出来るメリットがあります。

 

ハイブリッドセラミックスの費用と治療回数は

ハイブリッドセラミックス 直接法 1歯 ¥33000

間接法 1歯 ¥38500

治療回数は 直接法 2回

間接法 3回

になります。

それでは症例です。

セラミックス治療なら

新宿区曙橋の歯医者さんデンタルオフィス新宿まで

 

診療時間は

月曜から土曜まで 10時から19時まで

日曜は 10時から13時まで

祝日は 10時から17時まで

予約制となります。

 

電話番号は0333414621

mailでのお問い合わせはkmtcq139@ybb.ne.jp

となります。

 

2020年11月9日

今日は左下奥歯の虫歯が出来て治療した歯にオールセラミックスインレーをセットしました。

 

最初左下のこの歯は親知らずになり 白いプラスチックの詰め物が欠けて虫歯が出来ていました。

 

親知らずはかみ合わせの力が特にかかりやすいので柔らかいプラスチック製の材料だと欠ける可能性が高いです。

 

銀色の金属の詰め物だと歯よりも硬く 使用していくうちに歯と金属の間に隙間が生じてきます。

 

その隙間に噛み合わせが引っかかたりすると銀の詰め物が外れてしまいます。

 

耐久性の平均年数は プラスチック、金属の場合は1~3年と言われます。

 

ただこれはあくまで平均年数なので詰めている深さや大きさによるので もっと早く取れてしまうこともあります。

 

今回使用しているセラミックスは硬さが凄く硬いのが特徴で まず割れることがありません。

 

耐久性もほぼ永久的と言われていいるので安心です。

 

奥歯に白い詰め物をご希望なら オールセラミックスの詰め物がお勧めです。

 

オールセラミックスインレーの費用と治療回数は

オールセラミックスインレー 1歯 ¥82500

治療回数は3回

になります。

 

それでは症例です。

虫歯、歯周病のご相談なら

新宿区曙橋の歯医者さんデンタルオフィス新宿まで

 

診療時間は

月曜から土曜まで 10時から19時まで

日曜は 10時から17時まで

日曜は 10時から13時まで

予約制となります。

 

電話番号は0333414621

mailでのお問い合わせはkmtcq139@ybb.ne.jp

となります。

 

2020年11月4日

今日は右下親知らずの半埋伏抜歯を行いました。

 

当院では口腔外科も扱っていますので神経に影響が無いと診断される親知らずに関しては抜歯を行っています。

 

今回は半埋伏と呼ばれる 半分歯肉の中に埋まっている親知らずの抜歯になります。

親知らずが下顎に生え切らずに手前の歯を押して 歯並びに悪影響も出ているので患者さんにご説明をし抜歯をすることになりました。

 

段々若い世代は顎が小さくなっている傾向があるので親知らずがまっすぐに生えず 斜めや横向きに生えて歯並びに悪影響を及ぼすことが多いです。

また歯ブラシが届かない部分にあるので虫歯や歯周病にもなりやすいので必要の無い親知らずは抜歯した方が良いでしょう。

 

抜歯をされるご年齢ですが 顎の骨が柔らかい若い年齢のうちに抜歯をされた方が良いでしょう。

年齢が若いと抜歯も痛みが少なく 抜歯した後骨が再生しやすいです。

 

年齢が30歳代以上になると 骨が再生しずらく抜歯した後に穴が残ってしまいます。

この穴に汚れが溜まり 手前の歯に虫歯や歯周病を作ってしまうことも多いのです。

 

当院では抜歯窩の穴は傷口の治りを早めて止血効果もある特殊なコラーゲンスポンジを詰めるようにしています。

このスポンジを詰めると1カ月程度で傷口が塞がります。

 

抜歯をする際は必ず拡大鏡を使用して慎重に行います。

抜歯した後の穴には 歯根膜と呼ばれる薄い膜が骨の表面を覆っており この膜を全て取り除かないと骨が再生してきません。

場合によっては骨を一層削り新鮮な骨の面を表に出すこともあります。

 

そしてコラーゲンスポンジを抜歯窩に詰めて緊密に縫合してします。

 

こういう肉眼では確認できない部分も拡大鏡があれば治療可能です。

 

抜歯の費用と治療回数は

親知らずの抜歯 1歯 ¥11000

コラーゲンスポンジ 1個 ¥5500

治療回数2回

になります。

 

それでは症例です。

親知らずの抜歯のご相談なら

新宿区曙橋の歯医者さんデンタルオフィス新宿まで

 

診療時間は

月曜から土曜まで 10時から19時まで

日曜は 10時から13時まで

祝日は 10時から17時まで

予約制となります。

 

電話番号は0333414621

mailでのお問い合わせはkmtcq139@ybb.ne.jp

となります。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 57