症例ブログ|曙橋で歯科・歯医者をお探しの方は【デンタルオフィス新宿】まで

MAIL:kmtcq139@ybb.ne.jp

ENG・KOR OK 海外の方もお気軽にお越しください
〒162-0065
新宿区住吉町5-1 吉村ビル1階
  • 曙橋・デンタルオフィス新宿・電話
  • 曙橋・デンタルオフィス新宿・メニュー
  • アーカイブ

  • カテゴリー

2016年11月14日

オフィスホワイトニングの2回目の施術になります

オフィスホワイトニングを行う際は カウンセリングをしますが

通常2回は行った方が良いでしょう とお話しします

オフィスホワイトニングの場合は ホームホワイトニングに比べて色の後戻りが大きいので

白さを保つためには 連続2回の施術が必要だと思われます

1回目の時に比べて2回目はどのくらいの期間を開ければ良いか?と質問されますが

大体3日間は開ければ大丈夫です

3日間以内だと沁みる感じが出てきやすいですし

あまり長い期間開けてしまうと 色が元に戻ってしまうので1ヶ月間などは開けない方が良いでしょう

ホワイトニングなら

新宿 曙橋の歯医者さん デンタルオフィス新宿まで

診療時間は 月曜から土曜まで 10時から19時まで

日曜、祝日は 予約制で 10時から17時までになります

電話番号は 03-3341-4621 です

img_4265 img_6332

2016年11月10日

ホワイトニングとは 歯を白く染める(歯の漂白)治療のことです

歯が白いのと歯並びで その人の印象は大分変ってきます

当院では ホワイトニングと矯正治療をなるべく低価格に抑えてなるべく多くの方にご提供できるように考えています

今ならホワイトニングキャンペーン中なので

オフィスホワイトニングもホームホワイトニングも それぞれ¥10,800になります

 

写真はオフィスホワイトニングの 術前術後になります

かなり白くなったのが分かると思います

 

ホワイトニングの説明ですが ホワイトニングにはオフィスホワイトニングとホームホワイトニングの2種類あります

それぞれの特徴は

①オフィスホワイトニング

クリニック内で行うホワイトニングで1回40分施術します

色の後戻りが起きにくいように大体2回施術する事をお勧めします

②ホームホワイトニング

マウスピースをお作りしますので 患者さんがご自宅でマウスピースをはめて行うホワイトニングになります

1日3時間程度装着して頂いて10日間から14日間くらいかかります

個人個人の生活スタイルなどに合わせて どちらをお選びいただくかを決めます

詳しくは当院までお問い合わせください mailのお問い合わせも受け付けています

 

img_4265 img_6231

ホワイトニング、矯正治療のご相談なら

新宿区 曙橋駅からすぐの デンタルオフィス新宿まで

診療時間は

月曜から土曜日:10:00~19:00

日曜、祝日(予約制):10:00~17:00

お電話は 03-3341-4621

になります

 

 

2016年11月7日

左下奥歯の埋伏歯の親知らずの抜歯になります

今回の親知らずは横向きに生えている状態になります

横向きに生えている場合 まず手前の歯との高さの差を測り難易度を予想します

後は歯の根の形が曲がってないか?などをレントゲン上で読み取り 予想の手術時間を決めます

今回は高さとしては難易度は問題ないのですが 根の先端がクネッと曲がってしまっておりしかも二股に分かれている状態です

根が曲がってしまっている場合 骨に引っかかってしまい中々外に出てくれません

なので 難易度が高いと予想されます

患者さんに事前に レントゲンをお見せして抜歯の流れをお話するのですが 二股に分かれている部分に切れ目を入れて 根を割り

根を一つ一つ単独で外に出す計画を立てます

今回も 歯を抜いた後に コラーゲンスポンジを中に入れて なるべく抜歯した穴に血糊を溜めて

周りの骨が無くなるのを防ぐように配慮します

こうする事により 抜歯した手前の歯肉の高さを下げずに済みます

もし手前の歯の歯肉が下がってしまうと 歯が沁みる感じが強く出てしまい トラブルになります

なので 抜歯した後には 必ず人工材料を使用して骨や皮膚を温存する方法を選択しましょう

通常だと これくらいの抜歯ケースになると 口腔外科に紹介なのですが

当院は拡大鏡を使用しての 治療を日常行っているので 神経麻痺の心配もなく短時間で抜歯が可能です

 

親知らずのご相談なら

新宿区 曙橋の歯医者さん デンタルオフィス新宿まで

診療時間は 月曜から土曜まで 10時から19時

日曜、祝日は予約制で 10時から17時まで

お電話は 03-3341-4621 になります

お気軽にご相談下さい

img_6096 img_6097 img_6098 img_6101 img_6102 img_6103 img_6104

2016年11月4日

今回は 歯並びの相談で矯正治療を行う事になった患者さんの抜歯になります

前歯が重なっている歯並びの治し方には二通りあり

①歯と歯の間を特殊な器具を用いて磨くようにして削り空いたスペースを利用して歯並びを整える方法

②手前から4番目の歯(小臼歯)を抜歯して前歯の重なりをとる方法

があります

今回は②の小臼歯部の抜歯を選択しました

小臼歯部の抜歯の場合 抜歯した穴の中に特殊なコラーゲンスポンジを詰めて頬側の骨が凹まないように配慮します

これを 歯槽提温存術(ソケットプリザベーション)と言います

こうする事により 何も入れない状態よりも遥かに 傷口の治りが早まり 骨の回復も進みます

人間の歯を支えている頬側の骨は凄く薄いので 抜歯した後に頬側の骨がペコッと かなり凹んでしまうことがあります

矯正治療の場合 歯の根っこの部分が骨の中を移動する事により歯が動くようになっています

なので抜歯した後に うまく骨が出来てくれないと歯がこれ以上動かなくなったり

根が動かずに頭だけが傾いて歯と歯の間を埋めたりするようになります

なので 抜歯した穴には 人工骨やコラーゲンスポンジなどを詰めて骨の形を温存させるようにした方が良いでしょう

当院では

矯正治療の為の 小臼歯 親知らずの 抜歯のご相談やインビザライン(マウスピース)矯正治療のご相談も受け付けております

mail相談も受け付けておりますので詳しくはお問合せ下さい

新宿 曙橋の歯医者さんなら デンタルオフィス新宿まで

診療時間は 月曜から土曜まで 10時から19時まで

日曜祝日は 予約制で 10時から17時までになります

電話番号は 03-3341-4621 です

img_6041 img_6042 img_6043 img_6044 img_6045 img_6047 img_6048 img_6049 img_6050

2016年10月28日

右下奥歯にインプラント上部(被せ物)をセットしました

右下奥歯のインプラント手術を約3か月前に行いました

人間の歯は親知らずを除いて前歯から7番目の歯まであります

昔は6番目の歯まであれば 何とか噛めるといわれてました

色々説はありますが、6番目の歯は中でも寿命が一番長い歯であり 大きさも大きく 咬み合わせにも大事とか

最近は顎の筋肉の事も考えて 7番目の歯までインプラント治療をされる場合が多くなりました

患者さん自身も 6番目の歯までだと 物が噛み辛いと言われる方が多かったのです

当院ではインプラントのサイズや顎の関節 筋肉の事も考えて7番目までなるべくインプラント治療をされる事をお勧めしています

今回は インプラントの2回目の頭出しの手術を終えて いよいよ被せ物の装着になります

写真の中の 歯肉から金属のボタンのような物が出ていますが これがヒーリングアバットメントと呼ばれるスクリューで

インプラントと外界との交通する部分になります

このボタンを取り外して そこに被せ物を装着します

被せ物は穴あきのタイプを使用しています

この穴は後でプラスチックで見えないように埋めておきます

インプラントの被せ物には 穴あきと 穴があいてない タイプの2種類あります

それぞれメリットデメリットありますが 穴が開いてないタイプの方が

もしインプラントと中のネジが緩んで被せ物がカタついてきた時に処置しやすいです

穴あきでないタイプで被せ物がカタついてしまうと よく被せ物をカットしないと取れない場合があります

被せ物だけ綺麗にカットできれば良いですが もしカットする際に誤ってインプラントをカットしてしまったら大変です

なので被せ物は穴あきタイプをお勧めします

インプラント治療なら

新宿 曙橋の歯医者さん デンタルオフィス新宿まで

診療時間は 月曜から土曜まで 10時から19時

日曜、祝日 予約制で 10時から17時

電話番号は 0333414621 になりますimg_5715 img_5713 img_5714img_5716 img_5718 img_5717img_5722 img_5724 img_5723

2016年10月27日

3か月前に右下奥歯にインプラントを埋め込んだ症例です

今回は奥歯のインプラントの頭出しの手術の際に頬側に歯肉移植を併用しました

インプラントは外からの感染を防ぐためにまず骨に埋め込む手術をした際に完全に歯肉の中に埋没させるように縫合します

そのまま3ヶ月~6ヶ月間 骨とインプラントがくっつくのを待ちます

骨とインプラントがくっついたら歯肉を薄くめくり インプラントの頭を出して

ヒーリングアバットメントと呼ばれる 外界とインプラントとの貫通させるための金属製のボタンを付けます

これに添って歯肉が治るので このヒーリングアバットメントを取り外して代わりに被せ物をカチッと装着します

インプラントは埋め込む際に 骨膜と呼ばれる 歯肉と骨を結合させている靭帯のようなものを剥がします

この骨膜は皮膚と同じような物なので もしインプラントと骨の間に侵入してしまうとインプラントが骨にくっつきません

なのでどうしても剥がす必要があります

骨膜を剥がすと 歯肉はほとんどの場合無くなってしまいます

歯肉は歯の頬側にある薄いピンク色の帯状になっている部分で そこから下は粘膜と呼ばれる弱い部分になります

歯肉は硬いので歯ブラシをしても出血しませんが 粘膜はやわらかいので歯ブラシですぐ出血が起こります

なのでインプラントの頭出しの際には歯肉移植を行い硬い歯肉を再生させる必要があります

歯肉移植は 歯周病の手術に分類され

矯正治療などで歯肉が下がり根が見えてしまった方への歯肉移植も可能です

当院では拡大鏡を使用しているため 痛みも軽く手術時間も短縮出来るメリットがあります

もし歯やインプラントの根元を歯ブラシするとすぐ血が出たり 物が詰まりやすい

という方はご相談下さい

新宿 曙橋の歯医者さん デンタルオフィス新宿

診療時間は 月曜から土曜まで 10時から19時まで

祝日、日曜は 予約制で10時から17時まで行っております

電話番号は 0333414621 になります

img_5775 img_5776 img_5777 img_5778 img_5779 img_5780 img_5782 img_5783 img_5784 img_5785

2016年10月26日

前歯が折れてしまいご来院された患者さんになります

今回は既に一度 歯の神経を取る治療をされており レントゲンで根の状態を確認すると

根の先端に膿の影があったので 再度根の治療をするところから治療開始になりました

歯の神経を取る治療をされた場合 歯が枯れ木と同じように脆くなってしまうので全周削って被せ物にすることが多いです

よく歯の神経を取る治療をして 最小限に歯を削り詰め物で済ませる事もありますが

大体 何年か使うと 詰め物を詰めた端の部分から歯が欠けてきたりします

定期検診で修理に来られるのが可能な方は良いですが

なかなk忙しくてお越しになれない方は やはり被せ物にした方が安全です

今回は歯が折れた位置がかなり深かったので少しだけ歯肉を下げて 歯の根元の部分を表に出すようにしました

歯の部分を被せ物がカバーする事により 取れる力に抵抗する事が出来 被せ物が取れにくくなります

土台には ゴールドの材料を使用して 歯と同じくらいの硬さを与えるようにし

被せ物はジルコニアクラウンを装着しました

ジルコニアクラウンは非常に硬い素材になり オールセラミックスクラウンよりも強度があります

噛み合わせの力が強く前歯で硬いものをよく噛まれる方にはこれが最適です

勿論 すべての治療のステップごとに拡大鏡を使用して

精密に処置しているので 隙間なくピタッした被せ物を付ける事ができます

セラミックス治療なら

新宿 曙橋の歯医者さん デンタルオフィス新宿まで

診療は月曜から土曜まで 10時から19時まで

祝日、日曜 10時から17時まで 予約制です

まずは0333414621にお問い合わせくださいimg_5700 img_5701 img_5702img_5699 img_5698 img_5697

2016年10月21日

左上奥歯の歯が噛み合わせの力により歯が欠けてきており

残りの歯の厚みも薄くなっているので今回は全周削り被せるタイプのセラミックスにしました

欠けている歯の部分と こういう噛み合わせの力で欠けている歯にはひび割れが生じている事があります

ひび割れの部分は虫歯菌に感染しているので極力ひび割れの部分まで削って綺麗にします

この作業は 肉眼では出来ず 拡大鏡を使用して初めて可能になります

ひび割れの部分と欠けた部分は補充材で詰めて被せ物がはまる形に削ります

セラミックスは陶材で出来ているので 精密に角がたたないように丸みを付けて削らないと浮き上がりが生じ削った歯にピッタリはまりません

セラミックス治療には精密さが必要になります

よくセラミックスが割れる という方は もしかしたら 歯と詰め物の間に隙間が空いているのかもしれません

肉眼ではよく確認出来ませんが 拡大鏡でこれははっきり確認することが出来ます

なので拡大鏡はセラミックス治療には必須のアイテムです

セラミックス治療なら

新宿の曙橋の歯医者さん デンタルオフィス新宿まで

診療時間は月曜~土曜まで 10時~19時まで

日曜、祝日は 10時~17時まで

になります

img_5402 img_5403 img_5404 img_5405 img_5406 img_5407 img_5408 img_5409

2016年10月18日

左上の親知らずが頬側に生えており 虫歯になっているので患者さんとご相談し抜歯することになりました

親知らずが頬側に生えているせいで 歯ブラシが届かず磨き残しになり虫歯が発生したと思われます

親知らずを抜くのに関しては 虫歯が発生する可能性と 汚れが溜まり歯肉が腫れる事がある場合は抜いた方が良いと思われます

なるべく年齢が若いうちに抜くと骨の再生にも有利に働くので若いうちの方が良いでしょう

それと抜歯の際には 事前に歯のクリーニングをすることをお勧めします

抜歯した穴にお口の中の細菌が入ってしまい たまに感染して傷口の治りが悪くなってしまうこともあります

これは通常の虫歯治療も同じで 歯医者さんにかかられて応急処置が完了したら

まずクリーニングしてお口の中の細菌を減らして治療をすると治療の効果がはっきりでます

その際には衛生士さんに普段のご自身の歯ブラシの確認をしてもらったりしましょう

今回も すべての処置を拡大鏡を使用しながら行っています

精密な治療をすることにより麻酔の量を抑えたり 縫合もしっかりできたり痛みや腫れるのを極力抑える事ができます

親知らずのご相談なら

新宿の曙橋の歯医者さん デンタルオフィス新宿まで

診療時間:月曜~土曜まで10時から19時まで

日曜、祝日は10時から17時までになります

img_5374 img_5375 img_5376 img_5377 img_5379 img_5388 img_5389 img_5390

 

 

2016年10月18日

ホワイトニングは歯を白くする治療になります

下の写真はホワイトニングを行った術前術後になります

かなり白くなったのが分かりますね

ホームホワイトニングは

まず 患者さんの歯型を取り 個人の歯型に合った専用のマウスピースを お作りします

そして ご自宅にお持ち帰りいただき マウスピースの中にホワイトニングジェルを入れて歯に装着して歯を白く染めていきます

大体1日3時間以上 歯に付けて 約10日間は毎日連続して使用して下さい

その際に 赤ワインやコーヒーなどの色が強いお飲み物や食事は避けていただきます

もし 歯に沁みる感じがしてきたら 知覚過敏専用のジェルがありますので

マウスピースに知覚過敏用のジェルを入れて歯に10分ほど付けると沁みる感じが治ります

矯正治療をやられた方は歯に矯正装置を付けるので歯が磨けず歯が黄色くなりやすいです

なので矯正終了後には歯のホワイトニングを行い白く綺麗に仕上げていきましょう

今なら ホワイトニングキャンペーンで¥10,800になります

歯のホワイトニングなら 新宿 曙橋駅近くの歯医者 デンタルオフィス新宿まで

診療時間は 月曜~土曜:10:00~19:00

予約制で日曜診療:10:00~17:00 になります

img_0726 img_5337

 

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 32