症例ブログ|曙橋で歯科・歯医者をお探しの方は【デンタルオフィス新宿 歯周病インプラントセンター 】まで


歯周病インプラントセンター

MAIL:kmtcq139@ybb.ne.jp

〒162-0065
新宿区住吉町5-1 吉村ビル1階
  • 曙橋・デンタルオフィス新宿 歯周病インプラントセンター
・電話
  • 曙橋・デンタルオフィス新宿 歯周病インプラントセンター
・メニュー
insta_bnrデンタルオフィス新宿
  • アーカイブ

  • カテゴリー

2021年9月1日

今日は右上の奥歯にセラミックスクラウンをセットしました。

 

患者さんは右上の詰め物が取れた との事でご来院されました。

 

レントゲンをお撮りしお口の中を診ると 右上の金属の詰め物が外れて中が虫歯になっていました。

おそらく金属の詰め物が長年使用していく中で 中のセメントが溶けだし 歯との間に隙間が空き そこに噛み合わせの力が加わって外れたのだと思います。

 

患者さんに虫歯の状態と治療方法をご説明し同意を得て治療を開始していきます。

 

まず部分麻酔を施し拡大鏡を使用して虫歯とセメントを取り除きます。

そうすると歯にひび割れが走っているのが確認出来ました。

 

奥歯の噛み合わせの力が強い方は 例え神経が生きている状態でも歯が割れる事があります。

これは予想することは非常に難しいので検診の際に噛み合わせのチャックをして診断します。

 

夜中に歯ぎしりや食いしばりをされる方はナイトガードと呼ばれるマウスピースを付けて寝られる事をお勧めします。

 

幸い神経を取る治療には至らなったので 被せ物にして割れる力を予防することにしました。

 

今回は半分被せる形の特殊な被せ物で 通常の被せ物より歯を削る量を極力抑えられます。

 

形が難しい分 精度が良くないとすぐ取れたり 隙間が空いてしまうので 精密な削りや型取りの技術が必要になります。

 

当院では拡大鏡を使用して治療を行い セラミックスの製作には変形しにくい 特殊なゴムの材料を使用します。

 

その為 精度の高い詰め物や被せ物を作っていますのでピタッとした詰め物、被せ物がはめられます。

 

精度が高いと長持ちに繋がるので なるべく良い材料と治療方法を選択される事をお勧めします。

 

それでは症例です。

 

詰め物が取れた、被せ物が取れた、歯が折れた などのご相談なら

新宿区曙橋の歯医者さんデンタルオフィスまで

 

診療時間は

月曜から土曜まで 10時から19時まで

祝日は 10時から17時まで

木曜、日曜は休診となります。

 

お電話でのお問い合わせは0333414621

mailでのお問い合わせはkmtcq139@ybb.ne.jp

となります。

 

2021年8月31日

今日は右下の前歯に出来た虫歯治療を行いました。

 

患者さんはクリーニング希望でご来院されました。

 

レントゲンをお撮りしお口の中を診ると歯石が大分溜まり 歯周病が中等度にまで進行している状態でした。

日常の歯ブラシだけでは中々お口の汚れを取る事は出来ないので どうしても食べ物を食べた後にはプラークと呼ばれるでんぷんの塊のようなものが溜まっていきます。

このプラークに唾の中に含まれる カルシウムやリンなどが蓄積して石に変わります。

それが歯石です。

歯石は細菌にとっての栄養分の塊なので そこに細菌が繁殖します。

細菌は虫歯菌と歯周病原菌の2種類いて それらが歯を溶かす酸を出したり 骨を溶かす毒を出したりします。

そうして歯に穴が開くと虫歯になり 歯がグラグラになると歯周病になります。

なので3か月に1回は歯医者さんに行かれてクリーニングして清潔にされる事をお勧めします。

 

今回はクリーニングをしていくと前歯に虫歯があり 穴が開いて進行する可能性があるので治療が必要と診断しました。

 

患者さんに虫歯の状態と治療方法をご説明し同意を得て治療を行っていきます。

 

まず塗り麻酔を歯肉に塗り3分間待ちます。

次に針の麻酔を行いますが 塗り麻酔で針を刺す時の痛みは無くなります。

部分麻酔を行い5分くらい麻酔が効くのを待って 虫歯治療を開始します。

 

虫歯を取り除く時もよく切れる器具を使用してなるべく歯に負担をかけないように配慮します。

そして虫歯を赤く染める特殊な染色液を使用して虫歯の取り残しが無いようになします。

虫歯菌は黒く色が付いている部分だけでは無く 目に見えないほど小さい細菌を相手にするので確認することが大事です。

 

虫歯を完全に取り除いたら ハイブリッドセラミックス と呼ばれる プラスチックにセラミックスを混ぜてある材料を詰めていきます。

セラミックスを混ぜてあることにより材料自体の劣化が起きにくく 7~8年くらい長持ちします。

 

今回のように拡大鏡を使用して最小限の範囲で虫歯を取り除くとこういう治療も可能です。

 

それでは症例です。

 

虫歯で穴が開いた、歯が黒くなっている、詰め物が取れた などのご相談なら

新宿区曙橋の歯医者さんデンタルオフィスまで

 

診療時間は

月曜から土曜まで 10時から19時まで

祝日は 10時から17時まで

木曜、日曜は休診となります。

 

お電話でのお問い合わせは0333414621

mailでのお問い合わせはkmtcq139@ybb.ne.jp

となります。

2021年8月30日

今日は右下を3か月前に手術をした患者さんのインプラントの頭出しの手術を行いました。

 

患者さんは右下の被せ物が折れた との事でご来院されました。

 

レントゲンをお撮りしお口の中を診ると右下の被せ物が外れて歯が割れてしまっていました。

残せるかどうかを検討しましたが 損傷がひどく今回は抜歯の診断を行いました。

 

患者さんに虫歯の状態と治療方法をご説明し同意を得て治療を開始していきます。

 

まず右下破折した歯の抜歯と 抜歯した穴に傷口の治りを早めるコラーゲンスポンジを詰めて歯肉の治りを待ちます。

 

歯肉が回復したら 今回は歯が無い部分にはインプラント治療(金属製の小さいネジを埋めて被せ物を付ける治療)を行うこととになりました。

 

インプラント治療のメリットはブリッジや入れ歯のように両隣の歯に力の負担がかからないので 歯全体の持ちが良くなります。

デメリットは外科手術が必要になる事です。

 

3か月前に歯肉の中にインプラント体を埋め込み骨とインプラント体がくっつくのを待ちます。

 

そして歯肉の中に完全に埋没しているインプラントの頭出しの手術を行います。

これが2回目の手術になります。

 

歯の周りには歯肉と呼ばれる 幅が5mmくらいのピンク色の硬い皮膚があります。

この歯肉が歯の周りにあるおかげで人間は硬い歯ブラシを当ててこすっても痛くもありません。

インプラント周りには残念ながら この硬い歯肉が存在しません。

歯肉が無いと 歯ブラシを当てて被せ物を歯ブラシした際に 歯肉が千切れて血が出たり 痛くて磨けません。

被せ物周りに汚れが溜まると 細菌感染してしまいインプラントがダメになってしまいます。

 

なので歯肉を移植して増やすようにする必要があります。

 

歯肉移植は よく歯肉が下がって歯の根っこが見えている方や そういった症状で知覚過敏が起きている方に適応となります。

当院では歯周病の外科手術も対応しており 拡大鏡を使用した手術を行いますので安全に早く手術を終える事が出来ます。

 

それでは症例です。

歯肉移植、知覚過敏、歯肉の下がりなどのご相談なら

新宿区曙橋の歯医者さんデンタルオフィスまで

 

診療時間は

月曜から土曜まで 10時から19時まで

祝日は 10時から17時まで

木曜、日曜は休診となります。

 

お電話でのお問い合わせは0333414621

mailでのお問い合わせはkmtcq139@ybb.ne.jp

となります。

 

2021年8月27日

今日は左上小臼歯の根の再治療を行いました。

 

患者さんは左上が噛むと痛い との事でご来院されました。

 

レントゲンをお撮りしお口の中を診ると 左上に金属の被せ物が入っており根の先に黒く膿の影がありました。

 

虫歯が深くにまで進行している場合 歯の神経を取る治療を行い保険治療の場合は金属の土台や被せ物をセットします。

金属の詰め物、被せ物の精度が良くないのと 使用されるセメントが溶けやすいので 歯と金属の間に隙間が空いて中に汚れが侵入してしまうことが多いです。

そして中に汚れが入り それが原因で虫歯になったり 今回のように根の先に侵入すると膿の影を作ってしまいます。

 

今回は歯に対する金属部分が多いのでもしかしたら歯を残せない可能性もありますが 患者さんの希望もあり根の再治療を行うこととしました。

 

患者さんに虫歯の状態と治療方法をご説明し同意を得て治療を開始していきます。

 

まず部分麻酔を施し 慎重に金属を取り除きます。

 

残りの歯の部分が少ないので 無理に力を入れたりすると歯が割れる可能性があるので 当院では拡大鏡を使用して治療を行います。

 

そして金属を取り除いた後に補強の為に ジルコニアと言う人工ダイヤモンドを混ぜてある硬いプラスチックで補強をします。

 

こうすることにより 根の治療中に歯が割れる事と 根の中に細菌が侵入するのを防げます。

 

ここまでの治療は全て拡大鏡を使用してのみ治療可能です。

 

肉眼の治療では金属を取り除くことさえ難しく抜歯になる可能性もあります。

 

それでは症例です。

噛むと痛い、被せ物が気になる、物が詰まりやすい などのご相談なら

新宿区曙橋の歯医者さんデンタルオフィスまで

 

診療時間は

月曜から土曜まで 10時から19時まで

祝日は 10時から17時まで

木曜、日曜は休診となります。

 

お電話でのお問い合わせは0333414621

mailでのお問い合わせはkmtcq139@ybb.ne.jp

になります。

2021年8月25日

今日は右上の古いプラスチックに出来た虫歯治療を行いました。

 

患者さんは右上が冷たい物で沁みる との事でご来院されました。

 

レントゲンをお撮りしお口の中を診ると 右上の小臼歯の噛み合う面に古いプラスチックが詰まっており中が虫歯になっていました。

 

プラスチックの治療は 虫歯を削り 削った面に接着剤を塗り プラスチックを詰めて固める治療になります。

プラスチックはどうしても水分を含む性質があり硬さも弱いので劣化が早いです。

 

患者さんに虫歯の状態と治療方法をご説明し同意を得て治療を開始していきます。

 

まずお口のクリーニングを行い汚れが取った状態にします。

 

次に部分麻酔を行い 慎重に古いプラスチックと虫歯を除去していきます。

 

この時に虫歯の取り残しがあるといけないので 虫歯を赤く染める特殊な染色剤を使用します。

 

今回はハイブリッドセラミックスと呼ばれる詰め物を使用しました。

 

比較的深さが浅い虫歯に使用され 通常のプラスチックの治療と同じように1回の処置で終わります。

 

ハイブリッドセラミックスはプラスチックとガラスの粒子を混ぜた混合物になります。

 

ガラスの粒子を混ぜているので 硬さが強く 水分を含む性質も抑えられ劣化しにくいです。

 

耐用年数は通常のプラスチックの場合1年間くらいなのに対して 7~8年間となっています。

 

それでは症例です。

冷たい物で沁みる、噛むと痛い、歯が黒くなっているなどのご相談なら

新宿区曙橋の歯医者さんデンタルオフィスまで

 

診療時間は

月曜から土曜まで 10時から19時まで

祝日は 10時から17時まで

木曜、日曜は休診となります。

 

お電話でのお問い合わせは0333414621

mailでのお問い合わせはkmtcq139@ybb.ne.jp

となります。

2021年8月24日

今日は根の治療予定の患者さんの土台を外す治療を行いました。

 

患者さんは左上の歯が噛むと痛む との事でご来院されました。

 

レントゲンをお撮りしお口の中を診ると前歯の被せ物がしてある根の先端に黒い影が出ていました。

 

これは根の中に細菌が繁殖し根の先に膿の影を作っているのを表しています。

 

こういう場合はまず被せ物と中に入っている土台を外して根の再治療をする必要があります。

 

また神経を取った歯は脆いので 根が割れてしまっている場合もあり もし割れていたら抜歯の診断になります。

 

患者さんに虫歯の状態と治療方法をご説明し同意を得て治療を開始していきます。

 

まず部分麻酔を施し被せ物を慎重に外していきます。

 

無理な力で外そうとすると 歯が割れてしまう事がありますが 当院では拡大鏡を使用して治療を行っていますので安全に外す事が可能です。

 

次に土台を外していきます。

 

土台に使われているステンレス製の釘のようなものの先端が腐食して黒みがかっているのが確認出来ます。

 

恐らく歯と被せ物の隙間から汚れが入り それが歯と土台の隙間に侵入し 根の先端まで細菌が感染したと考えられます。

 

保険で扱う 白い被せ物と土台は 精度があまり良くないので歯との間に隙間が生じます。

 

詰め物や被せ物を外すと中が虫歯になっているケースはそのせいです。

 

セラミックスやゴールドの場合は精度が高いので歯にピタッとはまり隙間も空きません。

 

歯医者さんに検診に行かれる際はなるべく レントゲンをお撮りし詰め物や被せ物チェックをされる事をお勧めします。

 

それでは症例です。

噛むと痛い、歯が揺れる、根の治療 などのご相談なら

新宿区曙橋の歯医者さんデンタルオフィスまで

 

診療時間は

月曜から土曜まで 10時から19時まで

祝日は 10時から17時まで

木曜、日曜は休診となります。

 

お電話でのお問い合わせは0333414621

mailでのお問い合わせはkmtcq139@ybb.ne.jp

になります。

2021年8月23日

今日はホワイトニング(歯の漂白)を行いました。

 

患者さんは歯の色が黄ばんでいる との事でご来院されました。

 

レントゲンをお撮りしお口の中を診ると 前歯の色が標準の白さよりも 黒くなっているのが確認できます。

 

虫歯や歯周病の問題が無いので ホワイトニングの適応症となります。

 

ホワイトニングは歯を削らずに白くする治療になり 歯にとってダメージが無いので歯に優しい審美治療となります。

 

ただし使用する薬剤の取り扱いに注意が必要なので レントゲンなどで術前にきちんと虫歯や歯の破折などが無いことなどの診査診断を必ず行うことをお勧めします。

 

ホワイトニングの手順については

1.お口全体のクリーニング

2.ホワイトニング薬剤を歯の表面に塗る

3.特殊な光を当てて薬剤を反応させる

4.薬剤を取り除いて再度クリーニングして終了

以上になります。

 

施術時間は45分程度かかりますので もしご希望の際は受付にご予約の連絡をお願いします。

 

それでは症例です。

歯の漂白、歯を白くしたい、歯が黒ずんでいる などのご相談なら

新宿区曙橋の歯医者さんデンタルオフィスまで

 

診療時間は

月曜から土曜まで 10時から19時まで

祝日は 10時から17時まで

木曜、日曜は休診となります。

 

お電話でのお問い合わせは0333414621

mailでのお問い合わせはkmtcq139@ybb.ne.jp

となります。

2021年8月21日

今日は右上奥歯にセラミックスクラウンをセットしました。

 

患者さんは右上奥歯の被せ物の間に物が詰まる との事でご来院されました。

 

レントゲンをお撮りしお口の中を診ると右上の被せ物と歯との接合部分から黒く虫歯が出来ているのが確認されました。

被せ物を外して中の虫歯を取る必要がありますが 被せ物は外すと 外した被せ物をもう一度はめなおす事は出来ないので作り直す必要があります。

 

患者さんに虫歯の状態と治療方法をご説明し同意を得て治療を開始していきます。

 

レントゲンから歯肉の中の方にまで虫歯が食い込んで切るので 歯肉を排除する必要があります。

 

歯科では電気メスと呼ばれる歯肉を整形する道具があるのでこれを使用しますが、もし重症の場合は歯肉切除術と呼ばれる外科手術の適応になります。

 

今回は電気メスで対応できたので外科手術の必要はありませんでした。

 

次に根の方にも感染が見られたので 根の再治療を行い セラミックス製の土台を立てて 被せ物の治療に入ります。

 

今回はセラミックスの被せ物を選択されました。

 

これはガラスのみの材料で出来ているので 水分を含んで劣化する心配が無く 硬さも非常に硬いので割れる心配もありません。

 

そしてセラミックス専用のセメントは硬さが非常に強いのでセメント自体の劣化も少ないです。

 

金属の被せ物を付ける際に使用するセメントは硬さが弱いので水分や振動ですぐ無くなってしまいます。

 

これで長持ちする被せ物が出来上がります。

 

それでは症例です。

物が詰まる、被せ物が取れた、噛むと痛い などのご相談なら

新宿区曙橋の歯医者さんデンタルオフィスまで

 

診療時間は

月曜から土曜まで 10時から19時まで

祝日は 10時から17時まで

木曜、日曜は休診となります。

 

お電話でのお問い合わせは0333414621

mailでのお問い合わせはkmtcq139@ybb.ne.jp

となります。

2021年8月20日

今日は右上前歯の深い虫歯が出来てしまった患者さんに 歯冠長延長術と言う 歯周外科手術を行いました。

 

患者さんは右上の被せ物が取れた とのことでご来院されました。

 

レントゲンをお撮りしお口の中を診ると右上の前歯が根元から土台ごと被せ物が取れてしまっていました。

残りの歯の部分を診ても 被せ物を支える部分が根しか残ってない状態でしたので このまま被せ物を付けてもすぐ取れてしまいます。

根しか残ってない場合 部分矯正治療で歯を歯肉から引っ張り上げて 歯の部分を多く出し また被せ物を付ける事で長持ちします。

 

患者さんに虫歯の状態と治療方法をご説明し同意を得て治療を開始していきます。

 

虫歯が深く神経を取る処置になってしまった場合 被せ物を付ける前に歯に土台をセットします。

この土台は今だとセラミックス製の土台を選ぶことが多いです。

セラミックス製の土台だと歯と同じくらいの弾力性を持つので歯が折れるほどの力が加わっても衝撃を緩和します。

ただこの土台には前提条件があり 2mm以上の残りの歯の高さがある事なのです。

 

もし2mm高さが無ければ いくら土台をセラミックス製にしても くっつく力が弱いのですぐに取れてしまいます。

被せ物が何回も取れてしまう方は これが原因の場合が多いです。

まずは根の治療が終了した歯の残りの歯の高さがどのくらいあるのかを診断することが大事です。

 

部分矯正で歯を歯肉から引っ張り上げると 周りの歯肉と骨も一緒に引っ張り上がってしまうので 歯肉と骨を元の位置まで戻す必要があります。

今回はその歯周外科手術を行っています。

 

この整形手術は両隣の歯肉のラインと骨のラインを見ながら整形していくのでとても繊細な手術になります。

当院では拡大鏡を使用して歯周外科手術を行うので安全に早く処置を終える事が可能です。

 

それでは症例です。

 

被せ物が取れる、歯が折れた、虫歯が深い などのご相談なら

新宿区曙橋の歯医者さんデンタルオフィスまで

 

診療時間は

月曜から土曜まで 10時から19時まで

祝日は 10時から17時まで

木曜、日曜は休診となります。

 

お電話でのお問い合わせは0333414621

mailでのお問い合わせはkmtcq139@ybb.ne.jp

となります。

 

 

2021年8月18日

今日は右上小臼歯を抜歯した患者さんの術後の経過を診ました。

 

患者さんは歯が重なり唇に歯が当たるとのことでご来院されました。

 

レントゲンをお撮りしお口の中を診ると前歯が重なり 犬歯が少し手前に出ていて唇に当たる状態でした。

上の前歯がかなり重なっているので右上小臼歯の抜歯が今回は必要と診断しました。

 

患者さんに歯並びの状態と治療方法をご説明し同意を得て治療を開始していきます。

 

今回抜歯した穴には 人工骨とコラーゲンスポンジを詰めて温存術と言う治療方法を行っています。

 

人間の頬側の骨はものすごく薄く出来ており 抜歯をする際に強い力を加えると 骨が破壊されて無くなり ペコっと凹んでしまいます。

 

なので抜歯をする際はなるべく歯に力を加えないようにそっと抜歯される事をお勧めします。

 

次に抜歯した後に出来た穴には 血が溜まり そして皮膚や骨が再生して埋めてってくれます。

 

ただ お口の中は水で満たされている状態なので血が溜まりにくく 傷口が塞がるのに時間がかかります。

 

そこで抜歯した穴に生体に害のない 補充材を詰めると傷口の治りが早まります。

 

傷口の治りが早ければ 腫れや痛みもすぐ治まり 血も止まります。

 

写真は1週間後の経過になりますが 抜歯した穴がほぼ埋まり すでに歯肉が盛り上がってきているのが確認できます。

 

通常の抜歯だと 2か月くらいは穴が開いた状態になるので 抜歯窩にはなるべく温存術をされる事をおお勧めします。

 

それでは症例です。

歯並びが気になる、歯が痛い、唇にささる などのご相談なら

新宿区曙橋の歯医者さんデンタルオフィスまで

診療時間は

月曜から土曜まで 10時から19時まで

祝日は 10時から17時まで

木曜、日曜は休診となります。

お電話でのお問い合わせは0333414621

mailでのお問い合わせはkmtcq139@ybb.ne.jp

となります。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 69