症例ブログ|曙橋で歯科・歯医者をお探しの方は【デンタルオフィス新宿】まで



MAIL:kmtcq139@ybb.ne.jp

海外の方もお気軽にお越しください
〒162-0065
新宿区住吉町5-1 吉村ビル1階
  • 曙橋・デンタルオフィス新宿・電話
  • 曙橋・デンタルオフィス新宿・メニュー
  • アーカイブ

  • カテゴリー

2021年2月20日

今日は右下親知らずの埋伏抜歯を行いました。

 

患者さんは右下親知らずが腫れて痛みがある との事でご来院されました。

 

レントゲンをお撮りしお口の中を診ると 親知らずのある所の歯肉が赤く腫れている状態でした。

 

レントゲンから親知らずが歯肉の中に横向きに生えており手前の歯との間に空間があり そこが歯周ポケットになっているのが確認出来ました。

 

患者さんに状態をご説明し お口の中の消毒と腫れと痛みを抑える為に抗生物質と痛み止めを飲んでいただきました。

 

親知らずは もし手前の歯との間に深い歯周ポケットが出来ており そこに歯石が付いて腫れてくるようなら抜歯した方が良いでしょう。

歯周ポケットの深さが5mm以上あるといくら衛生士さんがクリーニングをしても歯石が取り切れない という論文のデーターもあります。

そして抜歯をするならなるべくご年齢が若いうちに抜歯をした方が傷口の治りも早いのです。

 

そして後日親知らずの抜歯に臨みます。

 

親知らずは腫れていたり 痛みがある時は麻酔が効きにくく 切れやすいので抜歯は出来ません。

痛みと腫れが治まり お口の中の歯石や虫歯などの汚れが取れてから抜歯することをお勧めします。

 

親知らずの埋伏抜歯の手順は以下になります。

1、消毒、部分麻酔

2、歯肉の切開剥離

3、歯冠部の切断除去

4、歯根部の抜歯

5、縫合(コラーゲンスポンジを挿入)

 

当院では全ての外科手術に拡大鏡を使用しています。

拡大鏡を使用することによりメスによる切開や縫合などが精密に出来て それにより手術時間や傷口の直りが肉眼での手術よりも早まります。

また抜歯窩には 骨を再生させ傷口の治りを早めるコラーゲンスポンジを詰めて縫合するので術後の腫れや出血もほとんど起きません。

 

それでは症例です。

親知らずの腫れ、痛み、親知らずの抜歯のご相談なら

新宿区曙橋の歯医者さんデンタルオフィスまで

 

診療時間は

月曜から土曜まで 10時から19時まで

日曜は 10時から13時まで

祝日は 10時から17時まで

ご予約の方優先となります。

 

電話番号は0333414621

mailでのお問い合わせはkmtcq139@ybb.ne.jp

となります。

 

2021年2月19日

今日は右下奥歯にオールセラミックスアンレーをセットしました。

 

患者さんは右下奥歯の詰め物が外れた との事でご来院されました。

 

レントゲンをお撮りし お口の中を診ると詰め物が外れて中が虫歯になっていました。

 

患者さんに状態を説明し同意を得て治療を開始していきます。

 

虫歯を取り除いていくと神経の近くにまで虫歯が広がっていたので 一度殺菌作用のある白いセメントを詰めて様子をみます。

 

次回ご来院された際に 歯に痛みが無いことを確認し神経は残せると判断して型取りを行っていきます。

 

当院では拡大鏡を使用して歯の治療を行います。

 

拡大鏡を使用することで 肉眼では確認出来ない歯の亀裂や虫歯、隙間などを見ることが出来ます。

 

またセラミックス治療を行う際には セラミックスは陶器のお皿のようなもので 歯を削った際にちょっとした凸凹があるとピタッとはまらず 浮き上がりが生じます。

 

セラミックス治療を行う際には拡大鏡は必須だと言えます。

 

今回使用しているセラミックスはオールセラミックスと呼ばれ ガラスのみで出来ている材料になります。

オールセラミックスの良さは 硬さが凄く硬いので 詰め物の厚みがしっかりあれば割れる心配はありません。

またガラスのみで出来ているので お口の中に入れていても水分を含まないので永久的に長持ちします。

 

歯も5回や6回やり直すと 治療の度に削られて無くなってしまい 最後には抜歯になってしまうのでなるべくやり直しが無い材料を選択された方が良いと思います。

 

それでは症例です。

セラミックス治療、歯を白くしたい などのご相談なら

新宿区曙橋の歯医者さんデンタルオフィスまで

診療時間は

月曜から土曜まで 10時から19時まで

日曜は 10時から13時まで

祝日は 10時から17時まで

ご予約の方優先となります。

電話番号は0333414621

mailでのお問い合わせはkmtcq139@ybb.ne.jp

となります。

2021年2月18日

今日は前歯のプラスチックの治療予定の患者さんにホワイトニングを行いました。

 

前歯の色が気になる との事でご来院されました。

 

お口の中を診ると昔に詰めたプラスチックが茶色く変色し 歯自体の色も黄色くなってました。

 

歯は食べ物により色素が段々歯の中に浸透し色が付いてきます。

 

どういうものが着色が付きやすいか と言うと

お茶、赤ワイン、コーヒー、カレーなどが代表的です。

 

歯に浸透した着色物質は エアーフロー と呼ばれる着色落としの機械では落とすことが出来ません。

着色物質を分解する作用のあるホワイトニングが必要になります。

 

今回行ったホワイトニングはオフィスホワイトニング と言ってクリニック内で行うホワイトニングです。

施術方法は クリーニングした歯にホワイトニング剤を塗り 特殊な光を当てると歯の中に着色物質を分解して歯を白くします。

施術時間は40分ほどになりますのでご予約の際には受付に ホワイトニング希望をお伝え下さい。

 

それでは症例です。

歯を白くしたい、歯の色が気になる ご相談なら

新宿区曙橋の歯医者さんデンタルオフィスまで

 

診療時間は

月曜から土曜まで 10時から19時まで

日曜は 10時から13時まで

祝日は 10時から17時まで

ご予約の方優先となります。

 

電話番号は0333414621

mailでのお問い合わせはkmtcq139@ybb.ne.jp

となります。

 

2021年2月17日

今日はインプラントの仮歯の製作を行いました。

 

インプラント治療は虫歯や歯周病、事故や先天的に歯が無かったりした場合 人工の歯根を歯肉の中に入れてそこに被せ物を付ける治療になります。

 

インプラント体を歯肉の中に入れるのにはちょっとした手術が必要です。

 

1回目の手術で歯肉の中にインプラント体を入れて傷口が治るまで3か月待ちます。

2回目の手術で歯肉の中に埋まっているインプラント体の頭部分を露出させて型取りを行い被せ物を作ります。

 

今回は2回目の手術と型取りが終わり仮歯を付けていきます。

 

前歯は歯肉の綺麗なラインなど見た目が大事なので まず仮歯を付けて具合を確認する必要があります。

 

インプラント体の上の被せ物はセラミックスクラウンになります。

 

セラミックスクラウンは陶器のお皿のようなもので 一度焼いて完成させると後で盛り足したり 削ったりが出来ません。

 

なので仮歯で形をよく確認して セラミックスクラウンを作る必要があります。

 

それでは症例です。

インプラント治療、歯が無い、入れ歯のご相談なら

新宿区曙橋の歯医者さんデンタルオフィスまで

 

診療時間は

月曜から土曜まで 10時から19時まで

日曜は 10時から13時まで

祝日は 10時から17時まで

ご予約の方優先となります。

 

電話番号は0333414621

mailでのお問い合わせはkmtcq139@ybb.ne.jp

となります。

2021年2月16日

今日は右上小臼歯部にオールセラミックスの詰め物(インレー)をセットしました。

 

患者さんは右上の小臼歯部の金属の詰め物が外れた との事でご来院されました。

お口の中を診ると詰め物が外れ中のセメントが溶けて黒く虫歯になってました。

 

保険で扱う金属の詰め物は精度があまり良くないので歯に付けると隙間が空きます。

 

この隙間は詰め物をセットする際に使用するセメントが埋めてくれます。

ただ隙間の間隔が広いのでセメントが段々と溶けて無くなってしまいます。

 

また金属は歯よりもかなり硬く 歯は使用していくと削れていきますが 金属は削れません。

そのうち金属と歯との間に段差が生じて嚙み合わせでガチっとそこに当たりポロっと金属の詰め物が取れてしまいます。

 

そしてまた虫歯の治療をする際に どうしても元の詰め物の形からは広く削るので 歯の寿命も短くなります。

 

セラミックスの詰め物の場合は歯とセラミックスの間の隙間がほとんどなくピタッと歯にはまります。

またセラミックス専用のセメントは歯の細胞の中に浸透する作用がある為ガッチリと歯に付きます。

 

こうすることにより外れないセラミックスの詰め物がセット出来ます。

 

今回使用しているセラミックス材料はオールセラミックスと言ってガラスのみで作られている物になります。

その為お口の中に入れても水分を含まないので劣化することがありません。

 

ただしセラミックスは陶器のお皿のようなもので 少しでも削りと型取りが汚いと歯にピタッとはまりません。

当院では治療の際に拡大鏡を使用するので歯にピタッとはまる詰め物や被せ物が出来ます。

 

これからの歯科治療は拡大鏡が必須です。

 

それでは症例です。

詰め物の外れや虫歯のご相談なら

新宿区曙橋の歯医者さんデンタルオフィスまで

 

診療時間は

月曜から土曜まで 10時から19時まで

日曜は 10時から13時まで

祝日は 10時から17時まで

予約制となります。

 

電話番号は0333414621

mailでのお問い合わせはkmtcq139@ybb.ne.jp

となります。

2021年2月15日

今日は右下奥歯の根の再治療を行った歯にハイブリッドセラミックスクラウンをセットしました。

 

患者さんは右下奥歯の詰め物が取れて痛みがある との事でご来院されました。

 

右下奥歯は詰め物が外れて中に穴が開いてしまい、レントゲンをお撮りすると過去に神経を取る治療をされており根の先端に膿の影がありました。

 

歯の神経を取る治療をされた後に虫歯の穴を埋めるため 詰め物、被せ物を付けます。

保険のプラスチックや金属の詰め物は硬さが歯よりも硬かったり、柔らかかったりします。

また出来上がりの精度も悪いので 歯と詰め物、被せ物の間に隙間が大きく空いています。

 

患者さん自身気付かない程度ですが 拡大鏡で確認するとかなり開いているのです。

その隙間は セメントで埋めるのですが セメントも2~3年で溶けてしまいます。

 

そこから汚れが侵入してまた中から虫歯が広がったり 詰め物、被せ物が取れてしまいます。

 

再治療をなるべくしないようにするには精度の高い セラミックスの詰め物、被せ物を入れた方が良いと思います。

 

今回使用しているセラミックスはハイブリッドセラミックスクラウンと言って ガラスとプラスチックの粒子を混ぜ合わせている物になります。

歯と同じくらいの硬さなので 歯と同じように削れていくので歯に優しいセラミックスと呼ばれています。

 

今回は歯ぎしりや食いしばりが お強い方でしたので 裏打ちに金属を使用していますがオールセラミックスクラウンのようにハイブリッドセラミックスのみでも製作可能です。

 

プラスチックの性質を持つので 耐用年数は7~8年と言われていますが 定期健診でクリーニングをして被せ物の周りの汚れを取るとそれ以上長持ちします。

 

歯も5回くらい再治療すると どんどん歯が無くなってしまい最後には抜歯になってしまいます。

 

ご自身の歯を長持ちさせる為に 長持ちする材料を選択させる事をお勧めします。

 

それでは症例です。

詰め物、被せ物が外れてしまった、穴が開いたなどのご相談なら

新宿区曙橋の歯医者さんデンタルオフィスまで

 

診療時間は

月曜から土曜まで 10時から19時まで

日曜は 10時から13時まで

祝日は 10時から17時まで

ご予約の方優先となります。

 

電話番号は03334146231

mailでのお問い合わせはkmtcq139@ybb.ne.jp

となります。

2021年2月12日

今日は歯の漂白ホワイトニングを行いました。

 

今回使用しているのはオフィスホワイトニングと呼ばれる方法です。

 

ホワイトニングには2種類あり

1、自宅でマウスピースをはめて行うホームホワイトニング

2、クリニック内で歯に光を当てて行うオフィスホワイトニング

になります。

 

ホームホワイトニングの良い点は ご自分で色の調整が出来て就寝中にホワイトニングが出来ることにあります。

悪い点はマウスピースの適合が悪いとホワイトニング液の漏れが起きるので白くならない場合があります。

 

オフィスホワイトニングの良い点は 治療やお出かけついでにクリニック内でホワイトニングが出来ることにあります。

悪い点は施術時間が短いので2回以上やらないと真っ白には白くならない事が多い。

 

ホワイトニングは虫歯治療前に出来る場合もあり 特に前歯の虫歯治療予定の方は先にホワイトニングで歯を白くすることをお勧めします。

 

それでは症例です。

ホワイトニング、歯を白くしたいとご相談の方は

新宿区曙橋の歯医者さんデンタルオフィスまで

 

診療時間は

月曜から土曜まで 10時から19時まで

日曜は 10時から13時まで

祝日は 10時から17時まで

ご予約の方優先となります。

 

電話番号は03334146121

mailでのお問い合わせはkmtcq139@ybb.ne.jp

となります。

 

2021年2月11日

今日は右上前歯にオールセラミックスクラウンをセットしました。

 

オールセラミックスはガラスの材料のみで出来ているセラミックスになります。

 

お口の中に入れても水分を含む性質が無く 歯よりも硬いので材料自体の劣化はありません。

 

歯の削りと型取りを 拡大鏡を使用して高い精度で行い 歯に付ける際にはセラミックス専用のセメントを用いれば永久的に長持ちします。

 

これと似たようなものに ハイブリッドセラミックスがあります。

 

これはガラスの粒子とプラスチックの粒子を混ぜ合わせて作られています。

 

ハイブリッドセラミックスには耐用年数が定められており7~8年と言われています。

 

どうしてもプラスチックが入っているので水分を含む性質があるのと歯よりも若干軟らかいので劣化が起きるのです。

 

長い目で見ると オールセラミックスを選択された方が歯も長持ちします。

 

歯も何回か治療のやり直しをしてどんどん削れてしまったら抜歯になってしまいます。

 

それでは症例です。

 

 

セラミックス治療のご相談なら

新宿区曙橋の歯医者さんデンタルオフィスまで

 

診療時間は

月曜から土曜まで 10時から19時まで

日曜は 10時から13時まで

祝日は 10時から17時まで

予約制になります。

 

電話番号は0333414621

mailでのお問い合わせはkmtcq139@ybb.ne.jp

となります。

2021年2月10日

今日は被せ物の型取り予定の患者さんに仮歯の調整を行いました。

 

患者さんは被せ物が外れた とのことで来院されました。

 

金属の被せ物が外れて土台も外れていたので根の再治療を行います。

根の再治療が必要なのは 土台が外れてしまい神経管の中に唾が入り込んでいる為です。

唾の中にはお尻よりも汚い と言われるほどの 多くの虫歯菌や歯周病細菌がいるので 根の中に侵入したら取り除いて殺菌消毒する必要があります。

 

もし根の再治療をしなければ 細菌を中に取り込んだまま蓋をすることになってしまいます。

詰め物、被せ物を付けるセメントには虫歯菌や歯周病細菌を殺菌させる作用は無いので 根の中でどんどん増殖して 痛みや腫れを引き起こします。

一度被せ物や土台が外れてしまったり レントゲンをお撮りし根の先端に黒い影がある治療済みの場合は 根の再治療をされた方が良いと思います。

 

今回は土台まで外れており 根の再治療と 歯が折れないようにセラミックス製の土台をセットしています。

神経を抜いている歯は枯れ木のようなの物で 噛み合う力で折れてしまうことがあります。

セラミックス製の土台は 強度が強く しなる性質を持っているので 歯が折れにくくなります。

 

そして今回はプラスチック製の仮歯の調整です。

歯に沿っての歯肉の部分が赤くグルっと腫れて血も出ているのが確認出来ます。

この状態で型取りをすると 血が出てしまい綺麗な型取りが出来ず 精度が悪い被せ物が出来ます。

一度仮歯を調整して 歯肉から血が出ないようにする必要があります。

 

仮歯の調整は 最終的な被せ物と同じくらい歯にピタッとはまる 精度の高い物を作る必要があります。

肉眼ではこの調整は難しいのですが 当院では拡大鏡を使用しているので歯にピタッとはまる被せ物が作れます。

そして次回お越し頂いた際には 歯肉が綺麗に治っており 精度の高い被せ物が作れます。

 

それでは症例です。

被せ物、仮歯のご相談なら

新宿区曙橋の歯医者さんデンタルオフィスまで

診療時間は

月曜から土曜まで 10時から19時まで

日曜は 10時から13時まで

祝日は 10時から17時まで

ご予約の方優先となります。

電話番号は0333414621

mailでのお問い合わせはkmtcq139@ybb.ne.jp

となります。

 

 

 

2021年2月9日

今日は下の前歯の根の治療を終了した歯にグラスファイバー(セラミックス製の)土台をセットしました。

 

患者さんは下の前歯が外れた とのことでご来院されました。

 

仮歯を付けてあったのですが 根の治療途中になっており レントゲンをお撮りすると根の先端に膿の影が確認されました。

 

まず仮歯を修正し 根の治療を行い 今回セラミックス製の土台をセットしました。

 

虫歯が神経の近くにまで進行したり 神経に触れてしまう場合には 歯の神経を取る治療をします。

こういう場合のほとんどはかなりの虫歯になっており歯の大部分を削ります。

 

歯は隣同士や 噛み合う歯が無いと勝手に変な方向に動いていきます。

 

そして動いた後で治療しようとしても治療不可能になってしまう場合もあり 矯正治療で元の位置に歯を戻す という大掛かりな治療になってしまいます。

 

その為 その治療している歯が動かないように仮歯を入れます。

 

仮歯は仮止め用のセメントでくっつけるのでセメント自体がそれほど長持ちしません。

 

また仮歯はプラスチック製で劣化しやすいので 表面にひび割れや 仮歯の中に虫歯菌が侵入して知らないうちに中で虫歯を発生させます。

 

よく仮歯を付けたまま歯医者さんから足が遠のいてしまい 仮歯が外れて歯医者さんに行ったら 「虫歯がひどいので抜歯になります。」となる場合も多いのです。

 

仮歯は1か月に1回はチェックして修正する必要があります。

 

 

根の治療が無事に終了したら 今度は歯に土台を付けます。

この土台の上に被せ物がセットされます。

 

土台には3種類あり

セラミックス製、プラスチック製、金属製あります。

 

土台にはグラスファイバー製の土台が良いと思います。

良い点は歯と同じ硬さを持ち 弾性もあるので歯に力が加わった場合に歯が割れにくと言われており材料の腐食も起きません。

 

プラスチック製の土台だと硬さが柔らかいので腐食は起きにくいのですが 歯が折れてしまいます。

 

銀の金属製の土台だと 銀が歯に溶け出して歯を黒く染めてしまったり 金属が硬いので歯を割ってしまったりします。

金属だと歯に釘を刺して トンカチで叩いている感じになります。

 

歯を失う1番の原因は歯の根が割れてしまい抜歯になること と言われています。

これは虫歯や歯周病で歯を失うことより多いのです。

 

歯は割れてしまうと抜歯しか治療方法がありません。

なるべく歯を長持ちさせる材料を選ぶ方が良いと思います。

 

それでは症例です。

根の治療、神経治療、仮歯、セラミックス製の土台のご相談なら

新宿区曙橋の歯医者さんデンタルオフィス新宿まで

 

診療時間は

月曜から土曜まで 10時から19時まで

日曜は 10時から13時まで

祝日は 10時から17時まで

ご予約の方優先となります。

 

電話番号は0333414621

mailでのお問い合わせはkmtcq139@ybb.ne.jp

となります。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 60