症例ブログ|曙橋で歯科・歯医者をお探しの方は【デンタルオフィス新宿】まで



MAIL:kmtcq139@ybb.ne.jp

〒162-0065
新宿区住吉町5-1 吉村ビル1階
  • 曙橋・デンタルオフィス新宿・電話
  • 曙橋・デンタルオフィス新宿・メニュー
insta_bnrデンタルオフィス新宿
  • アーカイブ

  • カテゴリー

2013年5月11日

右下のブリッジを支えてる奥歯が破折して抜歯になった症例です

奥歯の小臼歯部と大臼歯部に合計インプラント2本埋入してブリッジを製作していく予定です

1回目の手術ではインプラントを骨の中に入れて歯肉を縫合して完全に閉じて下顎の骨であれば3ヶ月インプラントと骨がくっつくのを待ちます

今回は小臼歯部の骨が歯の破折により溶けていたので骨を造成する手術も同時に行っているので通常より長く6ヶ月治癒期間を待ってもらいました

そして治癒期間が過ぎたら2回目の手術に入ります

2回目の手術は歯肉の中に埋没しているインプラントの上に金属のボタンを付けていく作業です

その際

インプラントの手術を行った影響で頬側の歯肉は大部分が無くなってしまいます

頬側に歯肉が無いと歯ブラシした時に切れやすく出血が起こったり インプラントもお口の中の細菌により感染しやすくなります

なので2回目の手術はインプラントの頬側に歯肉を移植する手術も同時に行います

インプラントの頬側部分の歯肉を移植で再生することにより 患者さんは快適に思い切り歯ブラシ出来て感染も起きにくいインプラントを手に入れる事が出来ます

IMG_7792

IMG_7793

IMG_7794

IMG_7795

 

IMG_7797

IMG_7799

IMG_7800

 

2013年5月10日

右下1番の根の先端に膿が溜まっているのが見えます

おそらくこの歯の神経が何らかの原因で死んでしまい 腐った神経が細菌感染を起こして

根の先端の黒い影を作っているのだと思われます

根の先端の病気をこのままにしておくと 感染が広がって骨が溶けていってしまいます

また夜に歯が痛くなったり 体調が悪くなったりすると痛みや腫れを引き起こします

そうならないように早めに治療をします

根の治療は 神経の管の清掃をしてやることで

管の中の腐敗物を取り除いて感染している部分を除去していきます

この操作はファイルと呼ばれる細い針のようなドリルで行います

まずは歯の裏側か神経の管に向かって穴を開けます

その小さい穴に細いファイルを挿入してレントゲンを撮り長さを確認します

IMG_4911

IMG_4913

IMG_4914IMG_4916

IMG_4917

 

IMG_4920

IMG_4921

 

 

 

 

2013年5月9日

左上の被せ物が外れたとの事で来院されました

左上の奥歯の口蓋根が深い虫歯になってしまっています

このまま抜歯をするか根分割で対応するか悩みます

根分割の判断は以下の通りになります

1動揺度 歯根の動揺が少ない

2残存骨量 残存骨量が多い

3中隔部の健全歯質の高さ 3mmある

4歯根の形態 根分割が可能である

5近遠心の骨と中隔部の骨の段差が少ない

頬側の根は何とか残せそうなので今回は口蓋根を分割抜根することにしました

ただこのままでは 抜根して傷口が治ってくるとおそらく歯肉が被ってしまうので

後で矯正的挺出を用いて歯を引っ張り出して対応しようと思います

IMG_4966

IMG_4955

 

IMG_4959

IMG_4960

IMG_4961

 

 

2013年5月9日

左下小臼歯2本に虫歯があります

レントゲンで大きさを確認して

部分麻酔を用いて虫歯を最小限で除去していきます

最小限で虫歯を除去する際は やはり拡大治療が必要です

虫歯の取り残しが無いように虫歯を赤く染める染色剤を用いて確認します

虫歯を除去して 削った大きさが大きくない場合には コンポジットレジンと呼ばれるプラスチックを詰める作業に入ります

虫歯を削った穴に特殊な接着剤を付けて プラスチックの塊を詰めていきます

はみ出しやバリが無いように丁寧に詰めて最後にプラスチックを綺麗に磨いたら終了です

虫歯治療はどうしても人工材料を使用するのでツギハギの治療になります

なるべく人工材料の使用範囲を抑える為には削る部分を最小限にする必要があります

ただし歯を削るのを最小限に抑えると虫歯の取り残しの確率が高くなります

拡大視野にて治療をすれば確率を低くすることが可能です

IMG_4882

IMG_4884

IMG_4887

IMG_4891

 

 

 

2013年5月7日

左上3番に埋入したインプラントの2次手術(頭出し)の手術です

インプラントは1次手術で完全に皮膚の中に埋めてしまうので 6ヶ月待ってから頭出しの手術を行います

この時はインプラントを埋入すると同時に骨を増やす手術も行っているので 歯肉が完全に無くなってしまったので

歯肉移植の手術も行っています

IMG_4816IMG_4817

IMG_4818

 

IMG_4820

IMG_4819

IMG_4821

IMG_4822

IMG_4820

 

 

 

 

 

2013年5月5日

主訴は左下奥歯が痛むとの事で来院されました

レントゲンで親不知の虫歯が神経近くにまで進行しており横向きに生えているので抜歯を選択しました

この親不知は根が3本あり それぞれが円を描くように曲がっているので 根を引き抜けず

殆ど根を削って1根1根抜歯しました

今回は中には人工骨は入れずにスポンゼルを入れて縫合です

それでは症例です

IMG_4801

IMG_4802

IMG_4803

IMG_4811

 

IMG_4812

IMG_4813

IMG_4830

 

2013年5月4日

左下67番を最終形成して セラミックスクラウンを装着しました

7番に関しては虫歯が歯肉縁下に広がっていたので矯正的挺出を行い

歯を上に引っ張り上げた後に歯肉弁根尖側移動術を行い歯肉を元の位置に下げるテクニックを使用しています

6ヶ月歯肉の治りを待った後に形成印象を行い

ようやく67番にセラミックスを装着しました

IMG_4761

IMG_4607

 

 

 

2013年5月3日

右上6番の近心部分に垂直性骨欠損が出来ております

歯石も溜まっていて最初は被せ物の除去と根の再治療、虫歯の除去と麻酔を使用した歯肉縁下歯石の除去を行います

5mm以上の深い歯周ポケットがあると歯ブラシで歯周ポケットの中を掃除できるのは1mmと言われているので歯垢が溜まり それが歯石となります

歯石が歯周ポケット内に溜まると歯肉炎になり骨が破壊されていきさらに深い歯周ポケットになり 最終的には歯がグラグラになってきます

そうならないように5mm以上の深いポケットには歯周外科手術を行い元の健康な歯の状態に戻します

今回右上6番はエムドゲインを使用した再生療法を行う予定でしたので軽い歯石取りに留めて歯肉の下がりを極力抑えてます

術中には根面に付着した歯石を除去して綺麗な状態に戻しています

それでは症例です

IMG_4806

IMG_9669

IMG_9673

IMG_9675

IMG_9678

 

IMG_4804

 

2013年5月2日

左上奥歯にセラミックスのブリッジをセットしました

左上6番が歯牙破折により抜歯になっており左上5番と7番を支えとしたブリッジを選択しました

ブリッジにする場合 両方の歯を削る範囲をどこまでにするか悩みます

天然の全く削られて無い歯であればインレーブリッジと呼ばれる詰め物のブリッジタイプにします

今回は両方の歯の神経を取る治療もされていたので全周削った被せ物にするタイプを選択しました

IMG_4361

IMG_4363

IMG_4366 IMG_4368

2013年5月1日

右上2番歯冠破折により抜歯、右上1番も歯肉の下に虫歯が深く進行しているので抜歯予定です

前歯の抜歯をする場合

そのまま抜歯をしてしまうと鼻の下あたりの骨が凹んでしまい

ブリッジを装着してもブリッジのダミー部分に食事の際に物が詰まりやすかったり、発音の際に空気が抜ける感じがしてしまいます

抜歯時の骨の凹みを最小限に抑える為には 抜歯窩に人工骨を入れて骨のボリュームを保つのが良いと思います

右上2番に対しては人工骨などを使用しなかったのでどうしても骨が凹んでしまいました

また右上1番も抜歯予定なのですが今回は人工骨が使用許可が得られないのでなるべく骨を残す事を目的とした矯正的挺出を行っています

これでどんどん歯を歯肉と骨の中から引っ張り出して抜歯をすると 矯正の力により骨も増えるので骨の陥没を極力抑える事が可能です

それでは症例です

IMG_3407

IMG_3413

IMG_3418

IMG_3435

 

 

1 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 66