症例ブログ|曙橋で歯科・歯医者をお探しの方は【デンタルオフィス新宿】まで



MAIL:kmtcq139@ybb.ne.jp

〒162-0065
新宿区住吉町5-1 吉村ビル1階
  • 曙橋・デンタルオフィス新宿・電話
  • 曙橋・デンタルオフィス新宿・メニュー
  • アーカイブ

  • カテゴリー

2021年3月16日

今日は右下の親知らずの抜歯と歯肉移植術を同時に行うと言う とても難易度の高い手術を行いました。

 

患者さんは 右下親知らずに物が詰まり 冷たい物が染みる と言うことでご来院されました。

レントゲンをお撮りし 右下親知らずを診ると 歯と歯の間に虫歯が出来始めており 手前の歯の歯茎も下がって歯の根が見えている状態でした。

 

歯茎が下がり 歯肉が裂けたような状態になっており 歯肉移植で治療可能と診断し 患者さんに治療方法をご説明し同意を得て治療開始していきます。

 

歯肉に埋まっている親知らずの抜歯はまず顎の神経に触れて無いのかどうかを診断します。

どうしても神経に触れてしまうような場合は様子をみる場合もあります。

 

歯肉移植はよく矯正治療などで歯茎が下がった方に対して行う治療方法です。

上顎と下顎の骨の形は馬の樋爪(馬蹄形)の形をしており 左右対称ではない場合もあります。

その馬蹄形の中で歯を並ばせていくのですが 骨の枠組みから歯が飛び出てしまうこともあり それが歯茎が下がる原因になります。

 

矯正治療を行うと 歯の位置が元あった位置から新しい位置に動いてくるので この状態になりやすいのです。

これを解決するために歯肉を移植してカバーする術式があります。

 

当院では歯周病の手術も行うので こういう専門的な治療も可能です。

また親知らずの抜歯や外科手術などは 拡大鏡を使用して神経や血管を損傷しないように安全に手早く済ませることが出来ます。

 

これからの歯科治療には拡大鏡の使用が必須です。

 

まず親知らずの埋伏抜歯を行います。

埋伏抜歯の手順は

1、消毒、部分麻酔

2、歯肉の切開剥離

3、親知らずの分割抜歯

4、人工骨とコラーゲンスポンジの充填

5、縫合

なります。

 

歯肉移植の手順は

1、消毒、部分麻酔

2、受容床の形成

3、移植片の採取

4、根面被覆して縫合

になります。

 

それでは症例です。

 

診療時間は

月曜から土曜まで 10時から19時まで

日曜は 10時から13時まで

祝日は 10時から17時まで

ご予約の方優先となります。

 

電話番号は0333414621

mailでのお問い合わせはkmctq139@ybb.ne.jp

となります。

 

 

2021年3月15日

今日は右上奥歯にハイブリッドセラミックスインレーをセットしました。

 

患者さんは右上奥歯が食事をすると痛む との事でご来院されました。

 

レントゲンをお撮りしお口の中を診ると 右上奥歯の歯と歯の間に虫歯がありました。

 

歯と歯の間に虫歯が出来ている場合 レントゲン上で表面のみに留まっている虫歯か 中の方にまで進行しているかで削る治療か予防的な処置をするかを決めていきます。

今回はレントゲン上で中の方にまで虫歯が進行しているので削って詰め物を詰める治療を選択しました。

 

患者さんに虫歯の状態をご説明し同意を得て治療を開始していきます。

 

2か所に虫歯がありましたが 一方の虫歯は小さいので そちらは白いプラスチックを詰めていきます。

詰めるプラスチックも何種類かありますが 歯と歯の間 と言う磨きにくい場所なのでフッ素を少しずつ出して 虫歯の再発予防効果のある材料を選択します。

 

もう片方は範囲の大きい虫歯でしたので 技工士さんに詰め物を作っていただき詰める事にしました。

 

今回詰める材料はハイブリッドセラミックスと言って プラスチックとセラミックス(ガラスの粒子)の混合物になります。

特徴は比較的小さくて形が複雑な詰め物にも対応している点です。

 

通常のオールセラミックスのようなガラスのみで作られている物だと 範囲が大きくないとピタッと詰める事は出来ません。

詰める範囲と詰める面がどの位置にくるかで材料を選ばないと長持ちする治療は出来ません。

 

また当院では拡大鏡を使用して治療を行うので精密にピタッとはまる詰め物や被せ物が出来ます。

 

これからの歯科治療には拡大鏡は必須です。

 

それでは症例です。

 

噛むと痛い、歯が染みる、食事の際に物が詰まる などのご相談なら

新宿区曙橋の歯医者さんデンタルオフィスまで

 

診療時間は

月曜から土曜まで 10時から17時まで

日曜は 10時から13時まで

祝日は 10時から17時まで

ご予約の方優先となります。

 

電話番号は0333414621

mailでのお問い合わせはkmtcq139@ybb.ne.jp

となります。

2021年3月12日

今日は左下奥歯にハイブリッドセラミックスをセットしました。

 

患者さんには左下奥歯の詰め物が取れた との事でご来院されました。

 

レントゲンをお撮りしお口の中を診ると 詰め物が外れて中が黒く虫歯になっていました。

 

保険の金属の詰め物だと 使用するセメントの歯にくっつく力がどうしても弱いので外れやすいです。

保険の詰め物は大体耐用年数が3年くらいと言われるのは 金属自体は壊れることは無いのですが 詰め物の中が虫歯になったり 外れてしまったりします。

 

患者さんに虫歯の状態と治療方法をご説明し同意を得て治療を開始していきます。

 

まず虫歯と古いセメントを拡大鏡を使用して取り除き 殺菌作用のあるセメントを詰めます。

次のご予約で歯に痛みが無いことを確認し 詰め物の形を削って型取りをしていきます。

 

今回使用する詰め物は ハイブリッドセラミックスと言う物で プラスチックとセラミックス(ガラスの粒子)の混合物です。

ハイブリッドセラミックスの良い点は 硬さが歯と同じくらいなので 噛み合う歯を傷つけません。

またセラミックス専用のセメントを使用するので外れる心配もありません。

 

ただし噛み合う力が強い方や 夜間に歯ぎしりや食いしばりをされる方は もっと硬いセラミックスであるオールセラミックスを詰めた方が良いでしょう。

 

歯も何回もやり直しの治療を行うとどんどん削る面が大きくなるので そのうち抜歯になってしまいます。

なるべくやり直しの無いような材料を選択することをお勧めします。

 

それでは症例です。

 

詰め物が外れた、虫歯、白い詰め物 などのご相談なら

新宿区曙橋の歯医者さんデンタルオフィスまで

 

診療時間は

月曜から土曜まで 10時から19時まで

日曜は 10時から13時まで

祝日は 10時から17時まで

ご予約の方優先となります。

 

電話番号は0333414621

mailでのお問い合わせはkmtcq139@ybb.ne.jp

となります。

2021年3月11日

今日は右下奥歯にセラミックスの詰め物をセットしました。

 

患者さんは右下奥歯の詰め物が取れた との事でご来院されました。

 

レントゲンをお撮りし右下奥歯を診ると 金属の詰め物が外れて中が黒く虫歯になっていました。

患者さんに状態と治療手順をご説明し同意を得て治療を開始していきます。

 

金属の詰め物は保険の治療で一般的に使われます。

 

金属は凄く硬いので耐久性に優れているのですが 精度が悪いので歯にピタっとはまりらず隙間が出来てしまいます。

その隙間は金属をセットする際に使うセメントで埋めてくれますが 徐々にセメントが溶けてしまい その歯と金属の隙間から汚れが入り虫歯になってしまいます。

 

セラミックスの詰め物は精度が良いので歯にピタッと隙間なくくっつきます。

また水分で劣化しにくいセメントを使用するので取れる心配もありません。

 

ただセラミックスは陶器のお皿のようなもので 歯を削った面の角が尖っていたり 表面がザラザラしいるとピタッとはまりません。

セラミックスの削りと型取りは特殊な技術と特殊な材料が必要なのです。

 

当院では拡大鏡を使用して治療を行っていますので 肉眼では確認しずらい部分がハッキリと見えます。

精密な詰め物、被せ物を作るには拡大鏡の使用が必須です。

 

それでは症例です。

白い詰め物、虫歯、詰め物が取れた などのご相談なら

新宿区曙橋の歯医者さんデンタルオフィスまで

 

診療時間は

月曜から土曜まで 10時から19時まで

祝日は 10時から17時まで

日曜は 10時から13時まで

ご予約の方優先となります。

 

電話番号は0333414621

mailでのお問い合わせはkmtcq139@ybb.ne.jp

となります。

2021年3月10日

今日は右下奥歯に骨の再生手術を行いました。

 

患者さんは右下奥歯が腫れた とのことでご来院されました。

 

レントゲンをお撮りし右下奥歯を診ると 歯肉が腫れて歯が揺れていました。

歯周病の疑いがあり歯周病検査をすると重度歯周病になっていました。

 

患者さんに右下奥歯の歯の状態と治療方法についてご説明し同意を得て治療を開始していきます。

 

まず精密な歯周病検査を行い お口の中全体の歯石取りを行います。

 

今の状態は歯肉が腫れて正確な検査が出来ないので 歯石取りをして歯肉を元の状態に回復させます。

 

そして再度歯周ポケットの測定をします。

 

この時点で 歯周ポケットが5mm以上あれば 歯周外科手術と言って歯周病の手術が必要になります。

 

もし5mm以上の歯周ポケットが残ったままの状態にしておくと また中に汚れが溜まり 病気が進行してしまうからです。

 

今回行う歯周病手術は 骨を作る手術になります。

 

歯肉を切開剥離し 根の周りに溜まっている歯石を取って綺麗にして そこに骨を再生させる薬を塗って骨を再生させます。

 

骨を作る手術は繊細な手術になるので 肉眼では難しいのです。

 

当院では拡大鏡を使用して手術を行うので 精密な手術も可能です。

 

それでは症例です。

 

歯が揺れる、歯肉が腫れた、歯石を取りたいなどのご相談なら

新宿区曙橋の歯医者さんデンタルオフィスまで

 

診療時間は

月曜から土曜まで 10時から19時まで

日曜は 10時から13時まで

祝日は 10時から17時まで

ご予約の方優先となります。

 

電話番号は0333414621

mailでのお問い合わせはkmtcq139@ybb.ne.jp

となります。

2021年3月9日

今日は前歯が折れてしまった方に対してブリッジの治療を行いました。

 

患者さんは前歯が揺れる との事でご来院されました。

 

レントゲンをお撮りし お口の中を診ると 前歯が折れてしまい被せ物が揺れていました。

患者さんにブリッジを ブリッジをもう一度お作り直しする必要があることをご説明し 同意を得て治療を開始していきます。

 

ブリッジは真ん中の1本の歯を失ってしまった場合 両隣の歯を被せ物にして橋渡しにする治療です。

 

今回は両隣の歯の神経が生きている状態でしたので 特殊な接着剤を歯に塗り 周りにプラスチックを盛り固めて土台の形を作ります。

これが土台と言われる物で この上に被せ物を装着することになります。

 

昔はこういう状態の歯だと 歯の神経を取らざるを得なかったのですが 最近の接着剤は性能が良いので 神経を残して治療することが可能になりました。

 

歯の神経を取ると 歯は枯れ木と同じ状態になり 折れやすくなります。

歯は根の部分で折れてしまうと治療不可能なので抜歯になってしまいます。

 

歯の神経は残せる場合はなるべく残すようにされた方が良いです。

 

それでは症例です。

 

前歯の治療、歯が折れた、歯が揺れるなどのご相談なら

新宿区曙橋の歯医者さんデンタルオフィスまで

 

診療時間は

月曜から土曜まで 10時から19時まで

祝日は 10時から17時まで

日曜は 10時から13時まで

ご予約の方優先となります。

 

電話番号は0333414621

mailでのお問い合わせはkmtcq139@ybb.ne.jp

となります。

 

2021年3月8日

今日は右下奥歯に歯周病の手術のうちの一つである エムドゲイン(骨を作る手術)を行いました。

 

患者さんは右下奥歯が腫れた との事でご来院されました。

 

レントゲンをお撮りし 右下奥歯を診ると 奥歯が少し揺れており 歯と歯の間の骨が無くなって 歯肉も腫れている状態でした。

患者さんに状態と治療方法をご説明し 当日は応急処置を行いました。

 

次のご予約で歯周病の精密検査を行い 歯周病の手術の必要性があると診断し同意を得て 歯周病治療を開始していきます。

 

歯を支えている骨が無くなっていく病気として歯周病があります。

 

歯周病は全体的に骨が無くなってくる場合と 部分的に骨がなくなってくる場合の2通りあります。

今回のように右下に限って骨が無くなっている場合は 歯石が歯の周りについているのは勿論ですが 噛み合わせの良くない力がかかっている場合が多いのです。

右側の噛み合わせをチェックしてみると やはり右上の歯との噛み合わせが強くなっていました。

噛み合わせが良く無い場合の治療方法は

1、矯正治療で歯並びを治す

2、夜にマウスピースを付けて経過をみる

の2通りあります。

どちらも長所短所はありますが 確実に病気が再発しない治療として矯正治療で歯並びを治す事をお勧めします。

 

お口の中全体の歯石取りが終わり 歯周病の手術に臨みます。

無くなってしまった骨は そのままでは復活はしません。

骨を再生させる特殊な薬(エムドゲイン)が必要になります。

また今回のように骨の無くなりが激しい場合は 人工の骨も混ぜて無くなってしまった骨の部分に詰めて使用します。

 

歯周病の手術は細かい作業になりますので拡大鏡での手術になります。

また専門的な歯肉の切開と剥離のテクニックが必要になります。

当院では歯周病治療を積極的に行っていますので 歯周病治療も可能です。

 

それでは症例です。

 

歯肉が腫れた、口臭がする、歯石を取りたい などのご相談なら

新宿区曙橋の歯医者さんデンタルオフィスまで

 

診療時間は

月曜から土曜まで 10時から19時まで

日曜は 10時から13時まで

祝日は 10時から17時まで

ご予約の方優先となります。

 

電話番号は0333414621

mailでのお問い合わせはkmtcq139@ybb.ne.jp

となります。

2021年3月7日

今日は左下奥歯にセラミックスの詰め物をセットしました。

 

患者さんは左下奥歯が染みる とのことでご来院されました。

 

レントゲンをお撮りし お口の中を診ると 左下の奥歯の頭の噛み合う部分のプラスチックが欠けて 中が虫歯になっていました。

古いプラスチックは お口の中の細菌を含むので 一度全部綺麗に取り除き 虫歯も完全に取り除く必要があります。

 

患者さんに 治療内容をご説明し同意を得て治療を行っていきます。

 

まず拡大鏡を使用しながら古いプラスチックと虫歯を取り除きます。

拡大鏡を使用すると 肉眼とは違い虫歯の取り残しの心配はありません。

またプラスチックは歯と同じ色を詰めるので どこまでが歯かプラスチックかが分かりにくいのです。

 

そして その日は殺菌作用のあるセメントを詰めて終了です。

こうすることにより目では見えない虫歯菌も殺菌消毒して綺麗になります。

 

次のご予約で 歯に痛みが無いかどうかを確認し 痛みや染みる感じが無ければ型取りを行っていきます。

今回はハイブリッドセラミックス と言って プラスチックとセラミックス(ガラスの粒子)を混ぜ合わせている詰め物を作りました。

 

ハイブリッドセラミックスの良さは 詰める部分が小さくて形が複雑でも 精度の良いピタッとはまる詰め物が作れます。

オールセラミックスは 陶器のお皿のようなもので 多少詰め物の大きさが必要だったり 削った角が少しでも尖っていたりすると 歯にはまらなったりします。

詰め物の大きさが小さい部分には適応症となります。

 

またプラスチックは硬さが弱く奥歯の噛み合う部分に詰めると割れてしまいます。

プラスチックは耐用年数が1年くらいと短いですが ハイブリッドセラミックスは8年と長いのです。

 

 

それでは症例です。

 

白い詰め物、虫歯、歯が染みる などのご相談なら

新宿区曙橋の歯医者さんデンタルオフィスまで

 

診療時間は

月曜から土曜まで 10時から19時まで

日曜は 10時から13時まで

祝日は 10時から17時まで

ご予約の方優先となります。

 

電話番号は0333414621

mailでのお問い合わせはkmtcq139@ybb.ne.jp

となります。

2021年3月6日

今日は右下奥歯の根の治療を終えた歯にファイバーコア(グラスファイバー製)のセットしました。

 

患者さんは右下奥歯の歯が痛む との事で来院されました。

 

レントゲンをお撮りし お口の中を診ると 右下奥歯にブリッジ(被せ物がいくつも繋がっている物)が装着されており被せ物がされている頬側の歯肉が腫れていました。

 

手前の小臼歯と呼ばれる歯には金属の土台が装着されていましたが レントゲンで確認すると根が折れていました。

 

幸い奥歯の土台は無事な状態でしたが 根の先端に膿の影があるので 根の再治療をご説明し 同意を得て治療を開始していきます。

 

金属の土台は根の治療をした後に 歯に付けるのですが 歯にくっ付けるセメントが劣化しやすいのです。

特に保険の銀歯だと 出来上がりの精度が悪いので 歯との間に隙間が空きやすく その隙間はセメントが埋めてくれますが そのうちセメントが溶けてしまい 隙間が空いてしまいます。

その隙間から中に虫歯が広がり 根の先まで感染して膿の影を作ります。

 

また金属製の土台は硬すぎるので 歯に噛む力がかかると 根が折れてしまいます。

グラスファイバー製の土台を使用すると歯と同じくらいの弾力性を持ち硬さもあり ガラス製の土台になるので金属のように黒く変色してくることもありません。

 

まず歯に金属の土台がセットされているので専用の機械で慎重に取り除いていきます。

こういう細かい作業は肉眼で治療を行うと余計な部分を削ったり 歯に無理な力がかかり 根が折れたりしてしまいます。

 

当院では拡大鏡を使用して治療を行っているので 安全に歯を傷つけずに行えます。

金属の土台を取り除いて根の再治療を行ったら 次にグラスファイバー製の土台をセットする治療を行います。

 

歯に付ける際にもセラミックス用のセメントを使用して 歯の細胞の間に入り込むような特殊なセメントを使用しているのでピッタリ付きます。

 

歯は再治療をしていくたびに 削られて そのうち抜歯になってしまいます。

なるべく再治療の無い材料と治療方法を選択した方が良いでしょう。

 

それでは症例です。

歯が痛む、歯肉が腫れた などのご相談なら

新宿区曙橋の歯医者さんデンタルオフィスまで

 

診療時間は

月曜から土曜まで 10時から19時まで

日曜は 10時から13時まで

祝日は 10時から17時まで

ご予約の方優先となります。

 

電話番号は0333414621

mailでのお問い合わせはkmtcq139@ybb.ne.jp

となります。

2021年3月5日

今日は左下小臼歯部にオールセラミックスインレー(詰め物)のセットを行いました。

 

患者さんは左下奥歯の詰め物が取れた との事でご来院されました。

 

レントゲンをお撮りしお口の中を診ると 左下小臼歯部に黒く虫歯が広がっていました。

 

虫歯の状態をご説明し 新しく詰め物を作り直す事を話し 同意を得て治療を開始していきます。

 

取れたものをお持ちで 銀の金属の詰め物でした。

まず取れた物を再度付ける ことはあまりお勧めしません。

取れた物は必ず歯との隙間が空いて取れているので 一見歯にピタッとはまるようでも隙間が空いているのです。

早い方で当日に取れた なんてこともあるので必ず取れた詰め物や被せ物物は 新しく作り変えた方が良いでしょう。

 

銀の金属は保険で使用される材料ですが パラジウムを主成分にしており 硬さが歯よりもすごく硬いので使っていくと歯との間に段差が生じてきます。

そしてその段差にガチっと噛み合わせなどが当たり金属の詰め物が取れてしまいます。

 

また金属の詰め物を付ける際に使用するセメントは歯にくっつく力がそんなに無いので劣化しやすく セメントが溶けて無くなってしまい それも取れる原因にもなります。

 

 

セラミックスは歯よりも若干硬い程度なので それほど段差は生じません。

定期健診の際に少し調整する程度で済みます。

 

また今回使用するような ガラスの粒子のみで作られているオールセラミックスの詰め物なら水分を含まないので 色も変色したりはしません。

 

セラミックスに使用するセメントは歯の細胞の間に入り込むような特殊なセメントを使用しているので隙間から虫歯になる心配もありません。

 

歯は再治療を行っていくたびに 段々と削られてしまいます。

 

セラミックスを使用すれば再治療の回数もなくなるので 虫歯の治療の際にはセラミックス治療をされた方が良いでしょう。

 

それでは症例です。

詰め物が取れた、白い詰め物を入れたい とのご相談なら

新宿区曙橋の歯医者さんデンタルオフィスまで

診療時間は

月曜から土曜まで 10時から19時まで

日曜は 10時から13時まで

祝日は 10時から17時まで

ご予約の方優先となります。

電話番号は0333414621

mailでのお問い合わせはkmtcq139@ybb.ne.jp

となります。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 63