症例ブログ|曙橋で歯科・歯医者をお探しの方は【デンタルオフィス新宿】まで

MAIL:kmtcq139@ybb.ne.jp

ENG・KOR OK 海外の方もお気軽にお越しください
〒162-0065
新宿区住吉町5-1 吉村ビル1階
  • 曙橋・デンタルオフィス新宿・電話
  • 曙橋・デンタルオフィス新宿・メニュー
  • アーカイブ

  • カテゴリー

2016年9月22日

右下奥歯の親知らずが生えてきて腫れる症状が出始めたので抜歯になった症例です

親知らずを抜いた方が良いのか?そのままで良いのかは?意見が分かれるところです

矯正治療での親知らずの抜歯は手前の歯と接触しているので歯が動かなかったり

矯正治療を終了した後の親知らずは手前の歯を後ろから押してしまうので歯の後戻りが少ないと思われます

親知らずを残す考えの一つに歯牙移植があります

歯牙移植を行い歯として使用するケースでは よほど患者さんが定期的に通われる事が可能でないと 折角歯牙移植した親知らずが虫歯になってしまい 結局抜歯になってしまう事が多々あります

後は 元々虫歯になりやすい方は親知らずは一番歯の中でも磨きずらい場所なので抜歯した方が無難です

歯周病の場合は 親知らずの周りに汚れや歯石が付くと歯肉が頻繁に腫れて 歯を支える周りの骨が破壊されるので抜歯した方が良いでしょう

こうしてみると 親知らずは抜歯した方が良いことが多いのが分かります

抜歯する際は当院では拡大鏡を使用しての抜歯になるので 親知らずの根が曲がっているケースでも 歯が微妙に動くのも見えるので無理なく抜歯できます

抜歯した穴には テルプラグと呼ばれる 牛の皮膚から作られているコラーゲンスポンジを入れて縫合する事により 術後の痛みと 腫れや出血を防ぎます

また抜歯した穴にコラーゲンスポンジを入れて治癒させる事により 骨が無くなるのを防ぎます

よく抜歯した後に手前の奥歯の歯肉が下がり 沁みる症状 つまり知覚過敏症状が出てしまう事がありますが こういった症状を防ぐことが出来ます

抜歯一つにしても様々な方法とテクニックがありますので 抜歯でお悩みの方は是非ご相談下さい

img_4526 img_4527 img_4528 img_4529 img_4530 img_4531 img_4532 img_4533 img_4534

 

2016年9月21日

最初この歯には金属の詰め物が入っており 歯と金属の間から虫歯になっていたので治療をおこないました

当院では拡大鏡を使用して 通常の肉眼では発見できない虫歯を発見する事が出来ます

なので歯の神経を取る虫歯にまで進行するのを防ぐことが出来ます

矯正治療でも同じです

矯正だと歯に器具を付けますが歯と歯の間がどうしても磨けないので虫歯になりやすいのです

拡大鏡を使用する事により 歯のクリーニングを行う際は細かい部分まで汚れを取り除けるので虫歯にならなくて済みます

歯をなるべく削らず大切にされたい方には拡大治療は必須です

今回、患者さんとカウンセリングを行い左下奥歯にはオールセラミックスインレーをセットしました

このceramicsはhybrid ceramicsと違い陶材のみで出来ているので劣化が起こりません

歯も5~6回治療をしたら削る部分が無くなってしまうので なるべくやり直しの無い材料は選択した方が良いと思います

拡大鏡を使用して 虫歯を削り ceramicsをセットしているのでつなぎ目が分からないくらいピタッとしています

長持ちしそうなのが写真でも分かります

それでは症例です

img_4494 img_4495 img_4496 img_4498 img_4499 img_4500

2016年9月16日

今回 保険の前歯の被せ物が取れてしまい

患者さんの なるべく綺麗で長持ちする被せ物を入れたい という要望でしたのでセラミックス治療を行うことになりました

上の歯が外れた際に両隣に虫歯があったので 詰め物で対応できる部分は 白いプラスチックの詰め物で対応し

被せ物にせざるを得ない部分は被せ物で対応していくようにしました

上の前歯の被せ物は全て保険の被せ物でしたが 全部が歯との隙間から虫歯が発生してセラミックス治療なりまhした

被せ物の歯は神経を取る治療をされていたのですが レントゲンで根の状態を確認すると

根の先端に黒い膿の影が出来ており 根の再治療が必要でした

なので被せ物を外し 次に根の再治療を行い 土台を立てて 被せ物の型取りを行い 被せ物のセットを行います

全ての治療ステップで拡大鏡を使用しているので 病気の再発を防ぎ ピタッと隙間が見えないくらい精度の高い被せ物ができます

保険の治療はどうしても 使用材料の制約が出たり 技工士さんの腕の問題が影響するので綺麗に仕上げれなかったりします

前歯はその人の印象を決める大事な部分ですので セラミックス治療で綺麗にしていきましょう

img_4303 img_4307 img_4308 img_4309 img_4311 img_4312 img_4313

 

2016年9月14日

初め この歯は神経を取る治療をされていました

ただ、歯の根の先端に膿が出来てしまい歯肉を突き破り外に漏れ出ている状態でした

まず金属の被せ物が装着されていたので根の再治療が必要です

金属の被せ物を外し 歯の根の再治療を行います

根の治療を行い膿が消えたら 根の治療を終了し被せ物を作っていきます

今回はオールセラミックスクラウンと呼ばれる陶材のみで作られている被せ物を製作します

オールセラミックスの良さは陶材のみなので色が変わる事がありません

また水分を含んで劣化する事も無いので長持ちします

セラミックス(陶材)治療に使うセラミックスは

陶材とプラスチックを混ぜているハイブリッドセラミックスという素材と

陶材のみで作られているオールセラミックスの2種類あります

当然オールセラミックスの方が透明感や強度に優れています

もし、セラミックス治療にご興味ある方は是非ご相談下さい

当院ではすべての治療に拡大鏡を使用して 歯を極力削らず 精密な詰め物、被せ物を作ることにより歯を長持ちさせます

img_1264 img_1269 img_1268 img_1267 img_1266 img_1265

 

img_1264 img_1265 img_1266 img_1267 img_1268 img_1269

2016年9月6日

右上の前歯が 事故により抜歯になってしまいインプラント治療を行うことになりました

まず、破折した右上の前歯を慎重に抜歯し

抜歯窩には人口の骨とコラーゲン膜で 頬側の骨の無くなりを極力防ぎます

人間の頬側の骨は 非常に薄いので 抜歯窩に何かを詰めておかないと 傷口が治るにつれ段々と凹んできます

頬側の骨が凹んでしまうと インプラント体を埋め込む際に 頬側にインプラントが露出してしまいます

なので抜歯をする際は なるべく骨にダメージを与えないように抜歯します

抜歯して2~3ヶ月したらインプラント手術を行います

これは 傷口の治りをこれ以上待つと頬側の骨が凹んできてしまうので 抜歯して2~3ヶ月待ってインプラント治療をする流れがベストです

インプラント手術の際に インプラント体を埋め込んで もし頬側の骨が少なければ人口の骨を足しますし

歯肉が薄ければ 歯肉移植の手術を行ったりします

そして 6ヶ月傷口の治りを待って インプラントの頭出しの手術を行います

インプラントと外界との交通部分を作る手術になります

インプラントの頭出しの手術を行い 2~3週間経ったら インプラントの被せ物を作ります

インプラントの型取りを行い セラミックスクラウンが出来たら いよいよインプラントに装着します

インプラントはネジの緩みが起きやすいので すぐ対応できるように被せ物の見えない位置にネジ穴を作ります

このネジ穴は 後でプラスチックで埋めるので目立ちません

これが前歯のインプラント治療の流れになります

全ての手術と型取りのステップなどはIMG_1002 IMG_1003 IMG_1004 IMG_1005 IMG_1006 IMG_1007 IMG_1008 IMG_1009 拡大鏡を使用して精密にしているため 傷口の治りが早く 傷の大きさも最小限に防げます

2016年9月2日

ホワイトニングはご自分の歯を白く脱色する方法です

歯を白くすることにより 歯を見せた時の笑顔の印象が大分違ってきます

また当院では歯に優しいホワイトニングを使用しているので 使用しても歯には問題ありません

ホワイトニングにはオフィスホワイトニングとホームホワイトニングの2種類あります

オフィスホワイトニングはクリニック内で行うホワイトニングで

歯に特殊な薬剤を塗り光を当てて 約40分くらいで歯を白くしてきます

ホームホワイトニングは 個人の歯型を採りマウスピースをお作りします

後はご自宅でマウスピースに特殊な薬剤を入れて 寝るときに歯に装着していただきます

使用期間は連続して10日から14日間になります

それぞれ長所短所がありますのでご自分に合った方法で歯を白くしていきましょう

写真はオフィスホワイトニングの使用前と後になります

かなり白くなったのが分かります

IMG_0894IMG_0893IMG_0895

2016年8月11日

左上前歯が欠けて来院された患者さんです

今日無事にラミネートをセットして綺麗になり治療終了しました

前歯に虫歯や欠けてしまい治療の選択肢として

保険でのプラスチックを詰める治療と

セラミックスの被せ物かラミネートベニヤという治療方法があります

治療する範囲が大きい場合

保険のプラスチックだと色が合わなかったり つなぎ目の部分の線が浮き出てしまい余計目立つようになってしまう場合が多いです

ラミネートベニヤは 歯の表面を薄く削り 特殊な接着剤でセラミックスの付け爪のようなものを歯に張り付けて治療する方法です

ほとんど削らないので歯にも優しく 歯の裏側は削らないので違和感も無いのです

セラミックスの良さは陶器と同じ素材なので色が変化する事が無いのと

プラスチックと違い水分を含む性質が無いので半永久的に長持ちします

前歯の色が気になる方は是非ご相談下さい

2016.05.18 (3)

2016年8月4日

右上奥歯にインプラントの被せ物をセットしました

最初 ここの奥歯が噛み合わせの力で割れてしまい ブリッジ治療かインプラント治療のどちらを選択しなくてはいけなくなりました

ブリッジにすると 両隣の歯を削り被せ物にするので 歯の寿命が短くなってしまいます

インプラントは手術をしなくてはいけませんが 両隣の歯を削る必要が無いので歯の寿命は短くなりません

なので今回はインプラント治療を選択されました

ただ 問題となっていたのが 右上にインプラントを入れようとすると上顎洞と呼ばれる鼻から吸った空気を溜める空洞がお顔にあるのですが

上顎洞の大きさが大きく 骨の厚みが少ないので適性な長さのインプラントを入れる事が出来ない状態でした

上の骨は下の骨に比べて柔らかいので できれば13㎜の長さのインプラントが良いとされています

このまま手術をすると10mm無いくらいの状態です

長さが短いインプラントは やはり取れる可能性があるので適性な長さが必要だと思います

今回は適正な長さのインプラント入れる為に インプラントを入れると同時に骨を増やす手術を行うアドバンスな手術を行いました

無事に長さの13㎜のインプラントを入れることができ 暫くインプラントが骨を結合するのを待ちます

インプラントが骨と結合したらインプラントの頭出しの手術を行いインプラントの上に金属のボタンのようなものを付けて歯肉が綺麗になるのを待ちます

歯肉が綺麗になったら インプラントの上に付ける被せ物の型取りを行います

インプラントの上に付いてる被せ物はセラミックスのみで作られている特殊な被せ物です

なので汚れも付きにくく透明感も抜群です

一つ一つの手術や治療の作業は拡大鏡で行いますので手術の範囲も極力小さく抑え 尚且つ傷口の治りも通常の手術より早く済みます

それでは症例です

IMG_2336 IMG_2337 IMG_2338 IMG_2340 IMG_2341 IMG_2342 IMG_2343 IMG_2344 IMG_2345 IMG_9406 IMG_9407 IMG_9408 IMG_9410 IMG_9411 IMG_9412 IMG_2916 IMG_2917 IMG_2918 IMG_2919 IMG_2920 IMG_2921 IMG_2922

2016年7月5日

左下にセラミックスのブリッジが入っており 破折したので治療を開始しました

左下犬歯は神経を取る治療をされており 根の先端の膿がひどく

根の先端をカットする手術もされていました

レントゲンで確認すると 根のカットされた先端には黒い影が出てしまい

病気が完治していない事が伺えます

またブリッジの支えとして この歯を使用するには 歯がグラグラと揺れるので長持ちしないと判断し

患者さんと話し 抜歯する事になりました

抜歯をすると 根の先端まで頬側に骨が全くない事が分かりました

大体10mmくらい無くなってしまっています

抜歯窩に人工物を入れないままにすると 頬側の歯肉がぺコンと凹み

後で大掛かりな骨を作る手術が必要になります

骨を作る手術をしないで ブリッジをすると 凹んだ部分に 物が詰まりやすくなってしまいます

こういう場合は 抜歯するのと同時に骨を温存する手術を行います

抜歯した後 骨の壁に無数の穴を開けて 牛の骨から出来ている人工骨を中に入れ

上には 牛のコラーゲンから出来ている スポンジで蓋をして緊密に縫合します

こうする事により 後で骨を作る手術が楽になり インプラント治療も可能になります

それでは症例です

IMG_1872 IMG_1873 IMG_1874 IMG_1875 IMG_1876 IMG_1877 IMG_1878 IMG_1879 IMG_1880 IMG_1881 IMG_1882 IMG_1883

2016年6月30日

最初 この歯には被せ物が入っていましたが 下の前歯のかみ合わせが深かったせいで折れてしまっていました

上の歯が下の歯を覆ってしまうほど深い噛み合わせで 神経を抜く治療をされている歯だとこのように折れてしまうことがあります

もし深い噛み合わせが気になる方は 一度歯医者さんに 今後どうなる可能性があるのかを相談されることをお勧めします

レントゲンで根の先端に黒い袋状の影があり根の再治療も必要でした

ただ、前歯が取れたままだと患者さんも困ってしまうので プラスチック製の仮歯を作ります

仮歯は仮止め用のセメントで付けて取り外し可能なので その間 根の再治療を行います

根の治療は神経の管の中にいる細菌を綺麗に取り除く治療です

細いハンドファイルと呼ばれる物で神経の壁の部分をそぎ落とし 取り切れない汚れは洗浄液を使用して

汚れを取ります

大体前歯で 2~3回の洗浄が必要です

最後 神経の管の中が綺麗になったら管の中に ゴムの詰め物をして密封し細菌が入らないようにします

根が綺麗になると レントゲン上の根の先端にある黒い影は半年くらいで小さくなってきます

次に歯の頭の部分が無くなってしまっているので このままでは被せ物が出来ません

なので次に土台を立てます

土台は 金属とプラスチック、グラスファイバー3種類あり

それぞれ利点、欠点があります

金属は硬い分 取れた時に歯が折れやすく

プラスチックは硬さが足りないので 歯が折れにくいが取れやすい

グラスファイバーは歯と同じくらいの硬さを持っているので折れにくい ただ自費の治療になるので高価です

以上の点から 今回はグラスファイバーの土台を選択しました

これで 歯に過剰な力が加わっても 歯が折れて抜歯になる という心配は無く取れにくいので 被せ物も長持ちします

IMG_1858 IMG_1859 IMG_1861 IMG_1862

 

 

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 32