症例ブログ|曙橋で歯科・歯医者をお探しの方は【曙橋ファミリー歯科】まで


〒162-0065
新宿区住吉町5-1 吉村ビル1階
  • 曙橋・曙橋ファミリー歯科・電話
  • 曙橋・曙橋ファミリー歯科・メニュー
insta_bnrデンタルオフィス新宿
  • アーカイブ

  • カテゴリー

2021年8月9日

今日は根の再治療を行いました。

 

患者さんは右上奥歯の噛むと痛い との事でご来院されました。

 

レントゲンをお撮りしお口の中を診ると 右上の被せ物の根の先に膿が溜まり歯茎がプチっと腫れている状態でした。

 

こういう状態だと被せ物を外して根の再治療を行う場合が多いです。

 

金属の被せ物と レントゲンから金属の土台が入っているのが確認出来ます。

金属は歯に付ける際にセメントを使用しますが 金属自体が精度があまり良くないのと セメントの強度が弱いので 長年使用するとセメントが溶けてしまいます。

そして金属と歯との間に隙間が空いて そこから虫歯が発生します。

 

患者さんに虫歯の状態と治療方法をご説明し同意を得て治療を開始していきます。

 

まず歯に部分麻酔を施します。

そして 金属を外す際は余計な力を入れると歯が割れてしまうので 慎重に外していきます。

こういう場合 肉眼ではなく 拡大鏡での治療が必要になります。

 

次に金属と虫歯を取り除いたら 歯の核となる金属の土台を外しているので歯が割れないように ジルコニアを混ぜている硬い特殊な白いプラスチックを詰めます。

この時に通常のプラスチックだと硬さが弱いので歯が割れやすいのです。

 

そして金属の被せ物の代わりに プラスチック製の仮歯を入れます。

これで外からの唾の侵入を防ぎます。

 

根の再治療を行う際は 唾が中に入ると 唾には多量の細菌があるので また根の先に膿が発生すると言われています。

なるべく唾が歯に付かない環境での治療が大事になります。

 

それでは症例です。

被せ物が痛い、歯肉におできがある、歯が沁みるなどのご相談なら

新宿区曙橋の歯医者さんデンタルオフィスまで

 

診療時間は

月曜から土曜まで 10時から19時まで

祝日は 10時から17時まで

木曜、日曜は休診となります。

お電話でのお問い合わせは0333414621

mailでのお問い合わせはkmtcq139@ybb.ne.jp

となります。

 

2021年8月6日

今日は歯の漂白(ホワイトニング)を行いました。

 

患者さんは歯の色を白くしたい との事でご来院されました。

 

ホワイトニングに使用する薬剤は刺激が強いので 虫歯と歯周病の確認の為 レントゲンをお撮りしお口の中の検査を行います。

 

ホワイトニングは歯の漂白になり 歯を削らずに 歯の色を白くすることが出来る治療です。

天然の歯を短時間で白くすることが出来、被せ物や詰め物は色が白くはなりにくいです。

どのくらいの白さになるかは個人個人の差はありますが 1回の施術でかなり白くはなります。

ただ1回のみの施術だと色の後戻りが起きやすいのです 2回の施術をお勧めさせていただいてます。

 

虫歯と歯周病の問題が前歯には無いとの診断がついたので ホワイトニングを行っていきます。

 

今回行うホワイトニング方法は オフィスホワイトニングと言って クリニック内で行うホワイトニング方法になります。

手順は

①歯のクリーニングを行い汚れを取ります。

②歯の表面にホワイトニング剤を塗ります。

③特殊な光を当てて薬剤の効果を高めます。

④反応が終わった薬剤を取り除きます。

⑤再度歯のクリーニングを行い表面を磨きます。

以上になります。

 

施術時間は約40分程度になりますので もしご希望の際は受付にお伝え下さい。

 

それでは症例です。

歯の色が気になる、歯が黒い、白くしたいなどのご相談なら

新宿区曙橋の歯医者さんデンタルオフィスまで

 

診療時間は

月曜から土曜まで 10時から19時まで

祝日は 10時から17時まで

木曜、日曜は休診となります。

 

お電話でのお問い合わせは0333414621

mailでのお問い合わせはkmtcq139@ybb.ne.jp

となります。

2021年8月6日

今日は右上小臼歯の抜歯を行いました。

 

患者さんは矯正治療希望で小臼歯の抜歯をご希望されご来院されました。

 

レントゲンをお撮りしお口の中を診ると右上の犬歯と小臼歯が重なっている状態でした。

 

小臼歯抜歯の手順と使用材料などをご説明し同意を得て治療を開始していきます。

 

まずお口の中の清掃と部分麻酔を施します。

抜歯の際は少し歯肉も触るので表側と裏側に麻酔液を入れます。

 

歯肉と歯をくっつけている歯周靭帯を切離し 手前の犬歯に触らないように慎重に抜歯を行います。

 

日本人の頬側の骨は凄く薄く出来ており抜歯の際に力任せに歯を抜こうとすると 骨が裂けてしまい その部分の骨と歯肉が無くなってしまいます。

もし骨がペコっと凹んでしまうと歯の根の部分は骨が無いので矯正治療で歯を動かす際に歯が動かなくなってしまいます。

 

骨の無くなりを防ぐ方法として 抜歯窩(抜歯した後に出来た穴)に人工骨とコラーゲンスポンジを詰めて緊密に縫合し傷口を閉鎖して血を溜めるようにします。

この方法は歯槽提温存術と呼ばれる方法で この術式を行うことにより骨の幅が保たれて矯正治療で歯を動かす際に歯がスムーズに動くようになります。

抜歯時には必ず温存術を使用されることをお勧めします。

 

この温存術を行う際は抜歯窩に 歯の根と骨をくっつけている靭帯を綺麗に取り除く必要があります。

抜歯窩のような暗い穴の中を確認するには拡大鏡での治療が必須になります。

 

これからの歯科治療には拡大鏡での治療が必須になります。

 

それでは症例です。

抜歯、歯が揺れる、親知らずのご相談なら

新宿区曙橋の歯医者さんデンタルオフィスまで

診療時間は

月曜から土曜まで 10時から19時まで

祝日は 10時から17時まで

木曜、日曜は休診となります。

お電話でのお問い合わせは0333414621

mailでのお問い合わせはkmtcq139@ybb.ne.jp

となります。

2021年8月2日

今日は右下奥歯にハイブリッドセラミックスの詰め物をセットしました。

 

患者さんは右下奥歯の詰め物が外れた との事でご来院されました。

 

レントゲンをお撮りしお口の中を診ると 右下奥歯の金属の詰め物が外れて 中で虫歯が広がっていました。

 

金属の詰め物は精度があまり良くなく歯との間に隙間が空きやすいです。

その隙間はセメントで埋めてくれますが セメント自体が強度が弱いので年数が経つと段々溶けて無くなってしまいます。

そして空いた隙間から虫歯が広がり そのうち金属も外れてしまいます。

 

患者さんに虫歯の状態と治療方法をご説明し同意を得て治療を開始していきます。

 

まず部分麻酔を施し 虫歯と古いセメントを拡大鏡を使用して丁寧に取り除いていきます。

虫歯が深い部分はフッ素を少しずつ放出する特殊なセメントで埋めていきます。

そして精密にセラミックスの削りと型取りを行います。

 

セラミックスは陶器のお皿のようなものなので 少しでも面が凸凹していると歯にピタッとはまりません。

こういう精密な治療には拡大鏡が必須になります。

 

今回詰めているハイブリッドセラミックスはセラミックス(ガラス粒子)とプラスチックの混合物になります。

歯と同じくらいの硬さを持ち 噛み合う歯を傷つけません。

耐用年数は7~8年です。

 

それでは症例です。

金属が取れた、歯に穴が開いた、黒くなっている などのご相談なら

新宿区曙橋の歯医者さんデンタルオフィスまで

 

診療時間は

月曜から土曜まで 10時から19時まで

祝日は 10時から17時まで

木曜、日曜は休診となります。

 

お電話でのお問い合わせは0333414621

mailでのお問い合わせはkmtcq139@ybb.ne.jp

となります。

 

2021年7月27日

今日は左上奥歯の虫歯治療を行いました。

 

患者さんは左上奥歯に物が詰まる との事でご来院されました。

 

レントゲンをお撮りしお口の中を診ると 左上奥歯の被せ物の中が黒く虫歯になっているのが確認されました。

 

また根の先端にも黒い影が出来きており、根の再治療も必要な状態です。

 

患者さんに虫歯の状態と治療方法をご説明し同意を得て治療を開始していきます。

 

まず被せ物と古い土台を外さないといけないので 部分麻酔を施し 被せ物と古い金属の土台を取り除きます。

被せ物と土台は無理に外そうとすると 歯が割れてしまうので 拡大鏡を使用して慎重に外していきます。

こういう細かい作業は肉眼での治療では難しいです。

 

次に虫歯を取り除きますが 健康な歯との鑑別をする為に 虫歯のみを染める特殊な染色液を使用して虫歯のみを丁寧に取り除きます。

 

虫歯を取り除いた後に 硬いプラスチックで周りを補強していきます。

こうすると根の再治療もしやすくなり 外からの細菌の侵入も防ぐことが出来ます。

 

それでは症例です。

食事の際に物が詰まる、噛むと痛い などのご相談なら

新宿区曙橋の歯医者さんデンタルオフィスまで

 

診療時間は

月曜から土曜まで 10時から19時まで

祝日は 10時から17時まで

木曜、日曜は休診となります。

 

お電話でのお問い合わせは0333414621

mailでのお問い合わせはkmtcq139@ybb.ne.jp

となります。

2021年7月21日

今日は右上奥歯に歯肉が下がっている部分の治療を行いました。

 

患者さんは 右上奥歯の冷たい物で沁みる 歯ブラシを当てると痛い との事でご来院されました。

 

レントゲンをお撮りしお口の中を診ると右上奥歯の歯肉が下がり 根の表面が虫歯になっていました。

歯は頭の部分はエナメル質と言って硬く虫歯になりにくいですが 根の部分は柔らかく虫歯になりやすいのです。

 

患者さんに虫歯の状態と治療方法をご説明し同意を得て治療を開始していきます。

 

歯肉が下がってしまっている時の治療方法は以下になります。

①歯肉移植をして歯肉でカバーする

②詰め物を詰めてカバーする

③保護作用のある薬を塗る

今回は②の詰め物を詰めてカバーする治療方法を選択しました。

 

まず部分麻酔を施し 拡大鏡を使用して 歯肉と歯との境目に細い糸を挿入して歯肉を傷つけないようにします。

もし歯肉が傷ついてしまうと血が出てしまい 接着剤のくっつく強さが弱まってしまいます。

次に虫歯と古い詰め物を慎重に取り除いていきます。

新鮮な根の表面が出てきたら 特殊な接着剤を塗り セラミックスを詰めていきます。

こういう細かい作業には拡大鏡が必須です。

 

そして詰めたセラミックスの表面を綺麗に磨いて治療終了です。

 

それでは症例です。

 

冷たい物で歯が沁みる、歯が痛む などのご相談なら

新宿区曙橋の歯医者さんデンタルオフィスまで

 

診療時間は

月曜から土曜まで 10時から19時まで

祝日は 10時から17時まで

木曜、日曜は休診となります。

 

お電話でのお問い合わせは0333414621

mailでのお問い合わせはkmtcq139@ybb.ne.jp

となります。

 

2021年7月20日

今日は左下奥歯の歯肉の中に出来た虫歯の治療を行いました。

 

患者さんは 歯ブラシを当てると沁みる との事でご来院されました。

 

レントゲンをお撮りしお口の中を診ると 右下奥歯の頬側に虫歯が出来ていました。

 

左下奥歯は歯周病の検査をしてみると 頬側の歯周ポケットが深く 中に汚れが溜まり そこから虫歯が出来たと思われます。

こういう場合 歯肉を切除して治療していくことにも多いですが 歯肉切除をすると歯肉が下がってしまい他の部分も虫歯になりやすくなります。

今回は歯肉切除をしないで なるべく歯肉を保護しながら虫歯の治療をしていくことにしました。

 

患者さんに虫歯の状態と治療方法をご説明し同意を得て治療を開始していきます。

 

まず歯に部分麻酔を施し 歯肉を保護しながら虫歯を丁寧に取り除きます。

 

歯肉の中の虫歯の状態を確認するには 肉眼では不可能なので 顕微鏡を使用します。

 

虫歯を完全に取り除いたら 白い詰め物を詰めます。

 

今回詰めたハイブリッドセラミックスは プラスチックとガラスの粒子の混合物になります。

 

ガラスの粒子を多く含むので硬さと耐久性に優れ 長持ちします。

 

それでは症例です。

歯が沁みる、冷たい物で痛い などのご相談なら

新宿区曙橋の歯医者さんデンタルオフィスまで

 

診療時間は

月曜から土曜まで 10時から19時まで

祝日は 10時から17時まで

木曜、日曜は休診となります。

 

お電話でのお問い合わせは0333414621

mailでのお問い合わせはkmtcq139@ybb.ne.jp

となります。

2021年7月16日

今日は右上の小臼歯と呼ばれる真ん中くらいにある歯に土台をセットしました。

 

患者さんは右上がかなり痛む と言うことでご来院されました。

 

レントゲンをお撮りしお口の中を診ると右上の小臼歯が神経に達するほどに虫歯になっていました。

 

神経を取る処置が必要になる場合は 激しい痛みがあるのと 夜に歯が痛む事です。

こういう症状が少しでもあると歯の根の方に細菌が感染してしまっている事が多いので 無理に神経を残す処置をしても 治療後に激しい痛みが出る事が多いです。

 

患者さんに虫歯の状態と治療方法をご説明し同意を得て治療を開始していきます。

 

まず歯の神経の処置を行い 根の中にセメントを詰めます。

 

次に虫歯が大きく歯の中が大部分失われてしまったので歯に替わりになる材料で補強する必要があります。

 

当院では土台に使用する材料としてセラミックス製の土台を使用しています。

 

セラミックス製の土台は歯と同じくらいしなる性質を持ち 歯に衝撃が加わった際折れにくくなります。

 

保険の診療だと金属の土台などを立てていきますが 金属の土台は歯よりも硬いので衝撃が加わった際に歯が折れてしまいます。

 

また金属は腐食もしてくるので歯を黒く変色してしまいます。

 

それでは症例です。

歯が痛む、虫歯、噛むと痛い などのご相談なら

新宿区曙橋の歯医者さんデンタルオフィスまで

 

診療時間は

月曜から土曜まで 10時から19時まで

祝日は 10時から17時まで

木曜、日曜は休診となります。

 

お電話でのお問い合わせは0333414621

mailでのお問い合わせはkmtcq139@ybb.ne.jp

となります。

2021年7月13日

今日は右下奥歯にセラミックスクラウンをセットしました。

 

患者さんは右下奥歯の銀の被せ物が外れてご来院されました。

 

レントゲンをお撮りしお口の中を診ると 銀の被せ物が外れて中が虫歯になっていました。

 

保険で取り扱う銀の被せ物は精度があまり良くないので 歯との間に隙間が空きます。

 

その隙間は歯に付ける際に使用するセメントが埋めてくれますが、長年使用していくとセメントが溶けてしまいます。

 

そして隙間に食べ物などが詰まり虫歯が発生します。

 

患者さんに虫歯の状態と治療方法をご説明し同意を得て治療を開始していきます。

 

まず虫歯を取り除き 今回は根の方まで感染が無かったので セラミックス製の土台を立てていきます。

 

歯は神経を取る治療をされていると折れやすくなります。

 

セラミックス製の土台は 歯と同じようにしなる弾力性を持つので噛む力が加わっても折れにくくなります。

 

今回はセラミックスのみで出来ている被せ物にしました。

 

セラミックス製の被せ物はガラスの材料で出来おり変色することもなく 歯と同じくらいので硬さを持つので割れる心配もありません。

 

それでは症例です。

被せ物が外れた、虫歯 などのご相談なら

新宿区曙橋の歯医者さんデンタルオフィスまで

 

診療時間は

月曜から土曜まで 10時から19時まで

祝日は 10時から17時まで

木曜、日曜は休診となります。

 

お電話でのお問い合わせは0333414621

mailでのお問い合わせはkmtcq139@ybb.ne.jp

となります。

 

2021年7月9日

今日は右上の親知らずの抜歯を行いました。

 

患者さんは右上の歯肉が腫れて痛む との事でご来院されました。

 

レントゲンをお撮りしお口の中を診ると 右上の親知らずの周りの歯肉が赤く腫れていました。

 

親知らずは顎と歯の大きさのバランスが悪いと歯列に生え切らずに 頬側に傾いたり 手前の歯を押して歯並びを悪くする原因になります。

また磨き残しがあると汚れが溜まり 虫歯になったり 歯周病になったりもします。

抜歯をするかどうかは 他の歯の状態やお口の衛生状態にもよるので まずは主治医の先生に診てもらう事をお勧めします。

 

今回は歯のサイズも大きく 手前の歯を押しているので抜歯を診断しました。

 

患者さんに虫歯の状態と治療方法をご説明し同意を得て治療を開始していきます。

 

親知らずは一番奥に生えているので非常に見にくく むやみに力任せに抜歯しようとすると周りの歯や骨を損傷してしまいます。

 

当院では拡大鏡を使用して 外科手術は行っていますので 親知らずを確認して安全に抜歯することが可能です。

 

また抜歯窩には 傷口の治りを早めて 痛みや腫れを抑える作用のある 人工骨とコラーゲンスポンジを詰めて緊密に縫合します。

 

それでは症例です。

親知らずが腫れて痛む、親知らずが生えてきた などのご相談なら

新宿区曙橋の歯医者さんデンタルオフィスまで

 

診療時間は

月曜から土曜まで 10時から19時まで

祝日は 10時から17時まで

木曜、日曜は休診となります。

 

お電話でのお問い合わせは0333414621

mailでのお問い合わせはkmtcq139@ybb.ne.jp

となります。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 69