症例ブログ|曙橋で歯科・歯医者をお探しの方は【曙橋ファミリー歯科】まで


〒162-0065
新宿区住吉町5-1 吉村ビル1階
  • 曙橋・曙橋ファミリー歯科・電話
  • 曙橋・曙橋ファミリー歯科・メニュー
insta_bnrデンタルオフィス新宿
  • アーカイブ

  • カテゴリー

2021年7月7日

今日は左上の親知らずの抜歯を行いました。

 

患者さんは歯並びを診てほしい との事でご来院されました。

 

レントゲンをお撮りしお口の中を診ると 上の親知らずが手前の歯を押して前歯が出ている状態でした。

親知らずは顎の骨が小さい場合 生えてくると 手前の歯を押して歯並びを悪くすることがあります。

もし押してしまっている場合は抜歯をした方が良いでしょう。

 

患者さんに親知らずの状態と治療方法をご説明し同意を得て治療を開始していきます。

 

歯並びが乱れていると 歯に余計な力がかかるので 虫歯や歯周病になりやすくなり 詰め物や被せ物も取れやすくなります。

 

綺麗な歯並びにされる事は見た目 だけではなく歯を問題無く長持ちさせることにも繋がります。

 

親知らずの抜歯は 通常の抜歯と 歯肉の中に埋まっている抜歯があり それぞれ抜き方が違いますがどちらもコラーゲンスポンジを詰めて縫合します。

 

抜歯窩に傷口の治りを早めるコラーゲンスポンジを詰めると 出血や腫れ、痛みを抑えられます。

 

それでは症例です。

 

親知らずが気になる、歯が押される、歯肉が腫れたなどのご相談なら

新宿区曙橋の歯医者さんデンタルオフィスまで

 

診療時間は

月曜から土曜まで 10時から19時まで

祝日は 10時から17時まで

木曜、日曜は休診となります。

 

お電話でのお問い合わせは0333414621

mailでのお問い合わせはkmtcq139@ybb.ne.jp

となります。

2021年7月6日

今日は上顎の歯列を広げる装置をセットしました。

 

患者さんは上と下の歯の重なりを治したい との事でご来院されました。

 

レントゲンをお撮りしお口の中を診ると前歯の2番目の上と下の歯が逆に噛み合っていました。

前歯が逆の噛み合わせになっていると 顎の痛み、頭痛、お口が空きにくくなったりと様々な症状が出てきます。

 

寝ているときにいびきをされる方も 顎が後ろに下がっている噛み合わせだと気道が狭くなっていびきをかきます。

 

歯並びは子供の歯が大人に生え変わる時にスムーズに生え変わらないと悪くなりやすいです。

子供の時はなるべくグラグラ揺れてきた歯は歯医者さんで診てもらい 必要であれば抜歯して大人の歯が生えてくるのを助けた方が良いでしょう。

今回は本格的な治療を始める前の準備で 上の歯列を広げる装置を付ける事にしました。

 

患者さんに歯列の状態と治療方法をご説明し同意を得て治療を開始していきます。

 

まず上と下の歯型を取り出来上がってきた装置を付けます。

真ん中の金属の棒を曲げて調整すると 歯列が広がるような仕組みになってます。

 

歯の表面にセラミックスの薄い板のようなものを貼り付けて 歯並びを改善する治療方法もあります。

歯並びが気になる方はお気軽にご相談ください。

 

それでは症例です。

歯がガタガタ、うまく噛めない、顎が痛い などのご相談なら

新宿区曙橋の歯医者さんデンタルオフィスまで

 

診療時間は

月曜から土曜まで 10時から19時まで

祝日は 10時から17時まで

木曜、日曜は休診となります。

 

お電話でのお問い合わせは0333414621

mailでのお問い合わせはkmtcq139@ybb.ne.jp

となります。

2021年7月5日

今日は左上奥歯にハイブリッドセラミックスの詰め物をセットしました。

 

患者さんは左上小臼歯部の歯が揺れるとの事でご来院されました。

 

レントゲンをお撮りしお口の中を診ると 金属の詰め物が入っており根の先端に黒い影があり膿が出来ている状態でした。

金属の詰め物はセメントで歯に付けますが 精度が悪くセメントも溶けやすいので根の再治療をすることが多いです。

 

患者さんに虫歯の状態と治療方法をご説明し同意を得て根の再治療を行っていきます。

 

まず金属の詰め物と根に詰めてあるゴムの材料を取り除いていきます。

 

そして根の中を何回か消毒してゴムの詰め物を詰めて細菌が入らないようにします。

 

そしてセラミックス製の土台をたてます。

 

セラミックス製の土台は歯と同じくらいにしなる性質を持つので 噛む力で歯が折れるのを防ぎます。

 

最後に詰め物をセットしますが 今回はプラスチックとセラミックスを混ぜてあるハイブリッドセラミックスを詰めました。

 

このセラミックスの特徴は歯と同じくらいの硬さなので噛み合う歯を傷つけないと言われています。

 

これを歯の細胞と細胞の間に入り込む特殊なセメントを使用して付けるので再感染を防ぎます。

 

それでは症例です。

歯が揺れる、詰め物が取れた などのご相談なら

新宿区曙橋の歯医者さんデンタルオフィスまで

診療時間は

月曜から土曜まで 10時から19時まで

祝日は 10時から17時まで

木曜、日曜は休診となります。

お電話でのお問い合わせは0333414621

mailでのお問い合わせはkmtcq139@ybb.ne.jp

となります。

2021年6月30日

今日は右下奥歯にインプラント埋入手術と骨を増やす手術を行いました。

 

患者さんは右下奥歯のブリッジが外れた との事でご来院されました。

 

レントゲンをお撮りしお口の中を診ると ブリッジの土台になっている歯にひび割れが生じていました。

 

患者さんに虫歯の状態と治療方法をご説明し同意を得て治療を開始していきます。

 

歯にひび割れが起きている場合 残す治療をされるか 抜歯して治療をされるかを選択することになります。

残す場合は 常に割れる可能性があるのでもし割れた場合はどうすかを 考えておく必要があります。

抜歯される場合は 歯が無い部分が増えるので インプラント治療か入れ歯かになります。

入れ歯を選択される場合は もし手前に歯がある場合は そちらに入れ歯を引っかけるような設計になります。

ただ入れ歯は支える歯がダメになる可能性が高いのです。

インプラント治療であれば 他の歯を削ることもなく治療出来るので 他の歯を温存する治療であると言えます。

 

今回は今後を考えて抜歯になりましたので 抜歯して2か月後に手術を行っていきます。

 

インプラントを埋め込んだ後に頬側の骨が少なくなっていたので 頬側の骨を増やす難易度の高い手術を行っています。

 

インプラントの端の部分から大体2mmくらいの骨が無いと埋め込んでから 段々頬側の骨が下がってしまい インプラントの金属部分が見えてしまいます。

 

もしこうなったら 歯肉を移植する手術でそこを歯肉でカバーしてリカバリーします。

 

骨を増やす手術も  歯肉移植も難易度の高い手術なので 拡大鏡を使用して安全に手術を行います。

 

それでは症例です。

 

歯肉移植、骨を増やす手術、歯が無いので入れたい などのご相談なら

新宿区曙橋の歯医者さんデンタルオフィスまで

 

診療時間は

月曜から土曜まで 10時から19時まで

祝日は 10時から17時まで

木曜、日曜は休診となります。

 

お電話でのお問い合わせは0333414621

mailでのお問い合わせはkmtcq139@ybb.ne.jp

となります。

2021年6月26日

今日は歯の漂白(ホワイトニング)を行いました。

 

患者さんは歯を白くしたい との事でご来院されました。

 

レントゲンをお撮りしお口の中を診ると 天然の歯で色は普通よりも少し黄色くなっている状態でした。

歯の状態によっては被せ物物だったり詰め物であったりするので その状態により治療方法は異なります。

天然の歯の色を白くする治療方法は ホワイトニングです。

 

患者さんに歯の色の状態と治療方法をご説明し同意を得て治療を開始していきます。

 

今回はクリニック内で行うホワイトニング方法を行っています。

 

まず歯の表面を綺麗に清掃し その後歯の表面にホワイトニング剤を塗り 特殊な光を当てていきます。

歯の表面のホワイトニング剤は大体5分くらいで交換し この作業を3回ほど繰り返します。

 

そして歯が白くなったらフッ素入りのペーストで歯の表面を綺麗に磨いて終了になります。

 

 

ホワイトニングは1回の施術で1段階明るくなる と言われています。

どのくらいまで白く漂白するかはご相談して決めていきます。

 

神経が生きている歯であればホワイトニングは6回まで連続して施術可能です。

 

1回の施術時間は40分ほどなので施術ご希望の際は受付にてお申し付け下さい。

 

それでは症例です。

歯を白くしたい、歯の色が気になる などのご相談なら

新宿区曙橋の歯医者さんデンタルオフィスまで

 

診療時間は

月曜から土曜まで 10時から19時まで

祝日は 10時から17時まで

木曜、日曜は休診となります。

 

お電話でのお問い合わせは0333414621

mailでのお問い合わせはkmtcq139@ybb.ne.jp

となります。

2021年6月25日

今日は右下奥歯のインプラント手術を終えられた患者さんに仮歯をセットしました。

 

しばらくこの仮歯で噛み合わせや歯ブラシの当たりやすさをチェックします。

 

患者さんは右下奥歯のインプラント治療をご希望されご来院されました。

 

レントゲンをお撮りしお口の中を診ると 右下奥歯2本が虫歯により抜歯してある状態でした。

 

患者さんにインプラント治療の流れと治療期間をご説明し同意を得て治療を開始していきます。

 

手術をされてから3か月後にインプラントの上に仮歯をセットします。

 

仮歯が付くまでの期間は入れ歯を入れても良いのですが もし入れ歯が強くインプラントに当たっているとインプラントが取れてしまう事があるので慎重に行います。

 

大体歯の抜歯をされてからインプラント治療を受けられる場合は2~3か月後が良いと言われています。

 

歯を抜いた後に そこにはポッカリと穴が出来ますが 3か月以上そのまま放置をすると 頬側の骨が吸収されて無くなりその穴を埋めてしまいます。

 

インプラントは円柱状のネジのような形をしているので 顎の骨が吸収している状態で手術をすると インプラントが頬側に露出してしまいます。

 

その状態を防ぐ為に抜歯した穴には人工の骨を詰めて穴を埋めてしまいます。

 

そうすると頬側の骨が吸収されずに 抜歯する前の形で残ることが多いです。

 

この抜歯するときの手術方法を温存術と言います。

 

これからインプラント治療を検討されている方は 抜歯される際には温存術でなるべく骨の形を残すようにした方が良いでしょう。

 

それでは症例です。

歯が無い、入れ歯が噛めない などのご相談なら

新宿区曙橋の歯医者さんデンタルオフィスまで

 

診療時間は

月曜から土曜まで 10時から19時まで

祝日は 10時から17時まで

木曜、日曜休診となります。

 

お電話でのお問い合わせは0333414621

mailでのお問い合わせはkmtcq139@ybb.ne.jp

となります。

2021年6月23日

今日は右上奥歯にセラミックスの被せ物をセットしました。

 

患者さんは右上の金属の被せ物が沁みる とのことでご来院されました。

 

レントゲンをお撮りしお口の中を診ると右上の金属の被せ物の歯肉が下がり 隙間から虫歯が広がっていました。

金属の被せ物だとどうしても精度があまり良くないので歯との間に隙間が空きやすいです。

また古くなると銀の作用で歯も黒くなってきてしまいます。

 

患者さんに虫歯の状態と治療方法をご説明し同意を得て治療を開始していきます。

 

まず部分麻酔を施し金属の被せ物を外して中の虫歯を綺麗に取り除きます。

 

そして虫歯を取り除いた後にセメントを詰めて沁みる症状が改善するか様子をみます。

 

もし沁みる症状が改善しないようであれば神経を取る処置が必要になりますが、今回は無事に症状が改善したので新しい被せ物の型取りをします。

 

最近では被せ物はセラミックスと呼ばれるガラスの材料で出来ている被せ物をセットするのが主流です。

 

セラミックスの被せ物は歯と同じくらいの硬さを持ち ガラスの材料を使用しているので色も変化しません。

 

ただセラミックス治療は少しでも形が凸凹しているとピタッと歯にはまりません。

 

当院では治療には拡大鏡を使用して治療をしているので細かい部分の確認も可能です。

 

また変形の少ない特殊なゴムの材料を使用してセラミックス治療を行うので歯にピタッとはまる詰め物、被せ物が出来ます。

 

それでは症例です。

歯が沁みる、被せ物が痛い などのご相談なら

新宿区曙橋の歯医者さんデンタルオフィスまで

 

診療時間は

月曜から土曜まで 10時から19時まで

祝日は 10時から17時まで

木曜、日曜は休診となります。

 

お電話でのお問い合わせは0333414621

mailでのお問い合わせはkmtcq139@ybb.ne.jp

となります。

 

2021年6月21日

先日の日曜日は歯の神経を残す治療についての研修会に参加してきました。

 

虫歯が神経の近くにまで進行した場合 歯の神経を残すか?歯の神経を取るか?を選択されると思います。

 

残念ながら国際的にも神経を残せるかどうかの明確な基準は今のところは無いのです。

 

神経を取る場合で分かっている事は

1、打診痛がある

2、強い自発痛がある

3、生活に支障がある

4、患者さんの年齢

などです。

 

これらの症状が無ければ神経を残せる場合が多いです。

 

神経を保存する治療の場合 まず麻酔を施し虫歯を完全に取り切ります。

 

そして 神経が見えたらそこに MTAと呼ばれる特殊なセメントを塗ります。

 

ケイ酸カルシウムを主成分としたこのセメントを塗ると 神経とセメントの間に歯の組織が再生します。

 

神経を残した方が歯は長持ちしますので もし残せるようでしたら歯髄保存をされた方が良いでしょう。

 

 

歯の神経を残す、歯の神経を取る などのご相談なら

新宿区曙橋の歯医者さんデンタルオフィスまで

 

診療時間は

月曜から土曜まで 10時から19時まで

祝日は 10時から17時まで

木曜、日曜は休診となります。

 

お電話でのお問い合わせは0333414621

mailでのお問い合わせはkmtcq139@ybb.ne.jp

となります。

2021年6月7日

今日は左上奥歯の虫歯治療を行いました。

 

患者さんは左上の被せ物が取れた との事でご来院されました。

 

レントゲンをお撮りしお口の中を診ると左上奥歯の被せ物が土台ごと取れて虫歯が広がっていました。

レントゲンから虫歯が歯肉の中深くに進行して歯肉からも出血が起きているので 抜歯も選択肢のうちに入ります。

 

患者さんに虫歯の状態と治療方法をご説明し同意を得て治療を開始していきます。

 

今回は左上の奥歯にインプラント治療も行う予定になりましたが 今ある歯も何とか残したい との要望があり先に虫歯治療を行っています。

 

まず根の先端に膿の影があったので根の治療と虫歯を取り除いて セラミックス製の土台を立てていきます。

 

土台は金属製、プラスチック製、セラミックス製の土台があります。

 

土台の中ではセラミックス製の土台が歯と同じ弾性を持ち 歯にくっつく力もセラミックス専用の接着剤を使用するので強いのです。

 

長持ちさせるには材料の選択が非常に大事になります。

 

また歯肉の奥深くにまで虫歯が進行した場合は 歯肉切除と言う歯肉をカットする手術方法が必要になります。

 

ただ手術が必要かどうかは虫歯を取り切らないと診断出来ません。

 

まずは外科手術ではなく 電気メスと呼ばれる通常の部分麻酔で行える歯肉切除方法があるので 電気メスを使用して虫歯を取り除き仮歯をセットして手術が必要かどうか様子をみます。

 

もしこれで歯肉の腫れが治るのであれば手術は必要ありません。

 

それでは症例です。

被せ物が取れた、歯がグラグラする などでお困りの方は

新宿区曙橋の歯医者さんデンタルオフィスまで

診療時間は

月曜から土曜まで 10時から19時まで

祝日は 10時から17時まで

お電話でのお問い合わせは0333414621

mailでのお問い合わせはkmtcq139@ybb.ne.jp

となります。

2021年6月4日

右下奥歯にセラミックスの詰め物をセットしました。

 

患者さんは右下奥歯が噛むと痛む との事でご来院されました。

 

レントゲンをお撮りしお口の中を診ると右下奥歯2ヶ所に古いプラスチックが詰まっており 茶色く変色しており中が虫歯になっていました。

 

プラスチックの詰め物の治療は プラスチック自体が硬さが弱いので 範囲の小さい虫歯や噛む力があまり強く当たらない部分に適応症です。

またプラスチックの接着剤は段々と劣化してくるので大体1年から3年くらいでやり直す事が多いです。

 

患者さんに虫歯の状態と治療方法をご説明し同意を得て治療を開始していきます。

 

同じ直接詰めるタイプの詰め物なら ハイブリッドセラミックス と呼ばれるプラスチックにガラスの粒子を多く混ぜてある詰め物が長持ちします。

 

奥歯の噛む合う部分にはセラミックスなど硬さが強い詰め物をされた方が安全です。

 

今回は奥歯2か所にオールセラミックスと呼ばれる ガラスの粒子のみで出来ている詰め物をセットしました。

 

オールセラミックスはガラスの粒子のみで出来ているので劣化や変色することがありません。

 

それでは症例です。

噛むと痛む、食事をすると沁みる などでお困りの方は

新宿区曙橋の歯医者さんデンタルオフィスまで

 

診療時間は

月曜から土曜まで 10時から19時まで

祝日は 10じから17時まで

木曜、日曜は休診となります。

 

お電話でのお問い合わせは0333414621

mailでのお問い合わせはkmtcq139@ybb.ne.jp

となります。

 

1 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 69